けんぷファー fur die Liebe


けんぷファー fur die Liebe感想

評価/★☆☆☆☆(17点)


けんぷファー fur die Liebe感想

制作/NOMAD
監督/黒田やすひろ
声優/井上麻里奈,堀江由衣,名塚佳織,阿澄佳奈ほか
全2話


あらすじ

ごく普通の男子高生・瀬能ナツルはある朝、突然目が覚めると女になっていた。覚えのない性転換に愕然とするナツルだが、追い討ちを掛けるように臓物アニマルのハラキリトラから「ケンプファーとして戦え」と告げられる。一切事情が分からないまま、戦いに巻き込まれていくナツルの運命やいかに。
幼馴染・生徒会長・メガネっ娘の相棒など、美少女満載のバトル入り学園ラブコメディー。

スポンサーリンク

バカエロ

けんぷファーの特別編。
テレビで放映されて入るものの一応はOVAという感じだろうか
一応はストーリー的にはTVからの続きにはなっているが
そんな事はどうでもいい(笑)
初めて5分以内でお風呂、更には乳首責めと
この特別編が動行った内容と方向性なのかをすぐに実感させてくれる。
ストーリー的にはもはや本筋をすすめるのを投げた。
特別編を2話だけ作るというのが決まっている段階としては正解だが、
一応は原作は終わっているのだから、ストーリーを完結する方向でもよかったかもしれない
ただ2話という尺と原作最終巻の不人気っぷりを考えれば・・・妥当かもしれない。
しかしながら、あまりにもエロ的内容が前に出過ぎている。
特別編だからとかなり割り切っているのはわかるが、
押し倒したり押し倒されたり、色々なところをペロペロしたり、
レズレズな濃厚キスシーンがあったり、千年殺しがあったり(苦笑)
なんというか、バカエロ過ぎてむしろ清々しい。
13話こそ少しだけ本筋のストーリーも見れたが、
TVでは未放映だった14話はエロのみ・・・(苦笑)
清々しいを通りこして、もうエロアニメじゃないのか?と思う内容になっている。
特に会長による足責め・・・いや・・・これは・・・もう・・・w
井上麻里奈さんのファンにはぜひ見ていただきたいというか聞いていただきたい内容だ
全体的に見てけんぷファーを楽しめた&声優さんのファンなら楽しめる内容になっているが
露骨すぎるエロ要素はドン引きする可能性もある(苦笑)
ただ、ファン向け要素の強いOVAの内容としては十分と言えるが
逆に2期はどうなるのだろう?という不安感もある。
原作は完結しており、DVDの売上もそれなりにあるのだから2期の可能性は高いと思うが
この方向性で行くのか、それともきちんとストーリーを見せる方向で行くのか・・・
監督次第ではあるのだろうが・・・けんぷファーの今後が
いろんな意味で期待したいが、いろんな意味で不安だ
私個人としては、割りきって見ていたので楽しめたが
14話終盤の会長が
パンストを脱ぐ一瞬のシーン
にはかなりぐっとっきた(苦笑)
恐らくアニメ界で現在もっとも作画に力の入っていたパンストだった。