かってに改蔵

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


かってに改蔵感想

評価/★★★☆☆(50点)


かってに改蔵感想

制作/シャフト
監督/新房昭之
声優/櫻井孝宏,喜多村英梨,斎藤千和ほか
全6話

あらすじ

虎馬(とらうま)高校2年生の主人公「勝 改蔵」は、元々天才で、
ご近所からは神童と呼ばれていたが、羽美が改蔵を公園の遊具から
突き落としてしまった事をきっかけに、現在は思い込みの激しい
超変人になってしまった。ある日、ふとした事故で気を失った彼は、
科学部部長「彩園 すず」の気まぐれ発言により、
自分が改造人間になったと思い込んでしまう。



スポンサーリンク

改造されたっ!

原作はさよなら絶望先生の作者が過去に連載していた
「かってに改蔵」という漫画作品。
ちなみに連載していたのはサンデー
ストーリー的にはとある事故をキッカケに改造されたと思い込んでいる主人公、
そんな主人公を中心としたコメディ、
絶望先生の作者らしく非常にシュールかつヤバいネタも数多くある。
まずいきなり、ほとんど説明もなくいきなり話が始まる。
原作を読んでいることが若干前提になっている感じの強い始まりは
OVAというファン向け作品ならではの始まりではあるが、
原作未読の方のためにも(TVでも一話放送されたので)、
一話の冒頭くらいは未読の読者のための始まりのストーリーがあったほうがいいかもしれない
しかしネタ的には強烈な下ネタが多い(苦笑)
おそらく現在のTVアニメ事情では「包茎」をネタにしたギャグなど
はっきりいってできないw
久しぶりにアニメで懐かしの子供の「おち○ちん」が見れたw
ただ、この下ネタに関しては確実に地上波ではできないネタが多すぎるw
2話に関しては「アァーッ!!」になっているシーンが多発したり、
大人のオチンチンが出て、自慰シーン(男)があったりと、本当に・・・下品だorz
だが逆にこれは原作通りらしいのでいくらOVAといえども
「よくやったシャフト!」と言うべきなのかもしれない(苦笑)
上巻・中巻・下巻と3つそれぞれ趣が違い、
上巻はエロが多め、中巻はシュール、下巻はダークと言う感じだ。
特に下巻は絶望先生の雰囲気が非常に強く、
ダークな内容は「かってに改蔵」らしさが出ていた
ただ絶望先生と雰囲気がかぶっている部分が多く、その点において
この作品の存在感がいまいち薄れてしまう。
作画的には作品の雰囲気を重視した感じが強い
全体的に見て非常に面白いのだが、ファン向け的な要素が強い。
例えば主人公が改造されたと思い込んだ経緯などの序盤が省かれているので
キャラに感情移入する前にストーリーが始まってしまう点は、
あくまでもOVAだからファンが知っていることを前提で話を進めている点は
ファン向けと言わざる負えない。
しかしながら、OVAでしかできない「ひどい」下ネタや
非常に危険なネタなど、よくぞ映像化してくれたっ!と言わざるおえない(笑)
逆に言えば地上波では不可能なネタが多すぎるのが本作の欠点だろう
かってに改蔵や絶望先生が好きな方ならぜひお勧めしたいが、
逆に言えば絶望先生を見たことない方、かってに改蔵を読んだことのない方は
どちらかを見たあとで見ることをお勧めしたい作品だ。
更にいえば、絶望先生が嫌いな方は本作品の閲覧はキツイだろう
ファン向け敵要素が強いので評価は若干低めにしたが、
もしTVアニメ化するのであれば期待したいところだが
色々なネタ的に厳しいかもしれない(苦笑)
個人的には強烈なネタや演出は非常に楽しめた。
原作も5巻くらいまでは読んだ記憶があるので、ネタ的にも新鮮で
超個人的にはキタエリのドッキドキ! LOVEメールツボだった・・・w

コメント