お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 5(数量限定生産版) [Blu-ray]

評価/★★★☆☆(57点)


お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!感想

制作/ZEXCS
監督/元永慶太郎
声優/ 喜多村英梨,豊永利行,井上麻里奈,荒浪和沙ほか
全12話


あらすじ

高校1年の少女・高梨奈緒は1つ上の兄の修輔が大好きなブラコン。
一方の兄・修輔は、女の子(妹を含む)が少し気になり過ぎる、ちょっとエッチな少年。
奈緒によるエッチなアプローチに悶々とする日々を過ごす修輔だったが特に何も起こらず、
2人は兄妹の関係のままだった。ところがある日、修輔の幼馴染だった
ツインテ少女・彩葉が10年ぶりに戻って来てから修輔がエッチなものに
反応しなくなってしまい、奈緒は気が気ではなくなる。




アニメ界初乳首フェチなヒロインはいかが?

原作は双葉社がWebで無料公開している「WEBコミックハイ」で連載中の漫画作品。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が放映後に放映されたことで
同じようなタイトルで1話は結構比較されたりした。

まず見だして一番気になるのはキャラデザだろう、
原作からしてこうらしいが全キャラ、恐ろしいまでに細く手足が長い(苦笑)
脂肪なんてものがない如く、特に手や脚は骨の上に皮が付いてるレベル、
全体的にエロいシーンも結構あるが、いまいちエロさを感じないのは
このキャラデザのせいかもしれない。

ストーリーの方は序盤からかなりおかしなことになっている。
兄は妹をエロイ目線で見る、まあこれくらいなら普通だが、
妹はその兄を許容、誘惑しまくっている状態(笑)
しかし、なかなか襲ってこない兄にヤキモキしつつ普通の妹を演じているという感じだ。

兄のほうのエロパワーはすさまじく、エロ画像はPCに20GB、エロ本は部屋に百冊くらい
もうこいつのエロパワーはすごすぎる(笑)
その兄を許容する妹も凄い、兄の性癖やエロ本を知り尽くしパンチラをわざとみせ
寝ているふりしてキスを誘おうをしたり、水着で背中流すわと・・・w
この兄にして妹ありという状態だ。

更には第一話の時点で「血の繋がり」がない事もあり、背徳感もなく恋愛要素も出てくる。
第2話では二人目のヒロインである幼なじみが出てくる、
小さいころに引っ越して言ったが戻ってきた幼なじみなのだが、これまた曲者だ。

再会したら主人公にいきなり抱きつき、熱烈なキスをかわし、
過去にお医者さんごっこをする条件として「恋人にしてもらうという約束」を
たてまえに主人公を誘惑しまくる。
更に主人公の自家発電を望遠鏡で覗いていたり、ストーカーしていたり、
主人公にコンドームを手渡したりと凄いキャラクターだw
まあ、原因は女の子の裸が見たいために「お医者さんごっこ」をした主人公が悪いのだがw

序盤はこの二人のヒロインと主人公を中心にラブコメを展開する、
基本的にバカっぽいストーリー展開になっており、
エロさよりもバカさのほうが際立っている(笑)

中盤からはもう一人のヒロインが登場する、いやぁ・・・彼女も曲者だ(苦笑)
普段は真面目で可愛い委員長なのだが、実は深夜にBL本を買いに行くくらい腐女子、
そのBL本と主人公のエロ本が事故で交換されてしまい、
しかも主人公はBL本を破ってしまうw
それをネタにされ、主人公は委員長のペットにされてしまう。
なんという展開w

ただ、この委員長、ものすごい可愛い(笑)
主人公に平気で深夜に呼び出しBL本を買いに行かせたりするのだが、
お弁当で餌付けしたり、チューペットを半分くれたり、ナデナデしてくれたりと
ペット扱いなのだがものすごい可愛い。
更には徐々に主人公をBLの世界に必死に巻き込もうとする姿も非常にいい。

ちなみに主人公の妄想でBL的なシーンもあるのだが、無駄に力が入っている
声優さんもそっち系のアニメで活躍している方を採用し
作画のほうもソッチ系で活躍している方が担当しているのでもうガッチガチだ(笑)
ギャグで描かれてはいるが、そういった要素が少しでもあるのが苦手な方には
おすすめできない

更に終盤の新キャラは微妙だ。
もう3人もヒロインが揃っており、ある程度脇役もおり、
人物描写もそれなりにあり、キャラクターにも愛着が出てきた状態で
あと2話しか無い段階で新キャラが出てくるのは強違和感を覚えてしまった。
話の内容も面白くなく、せっかく評価を上げまくりだったのに
ガクッと後ろからひざカックンされたような気分になってしまった。

あの10話と11話さえなければ、★4つをつけてもおかしくなかったのに
★3つになってしまった。
あの二人の新キャラが出てしまう事で、そこまで築いてきたキャラの印象が薄れてしまい
アニメオリジナル回という脚本の弱さが浮き彫りになったのが原因だろう。
原作ストックが余り無い状態でアニメ化してしまったのが最たる原因かもしれない。

全体的にバカエロを貫き通している作品だ。
アニメオリジナル回など一部脚本の弱さが際立っている回もあるが、
キャラデザにさえ慣れれば基本的にキャラクターは可愛らしく、
独特な特徴を持っており、所見なら楽しめる。
だが、一部のBL要素や変態要素は人によっては評価を下げてしまうポイントかも知れない。

個人的には委員長の近藤さんが可愛く、乳首フェチ&黒パンストもエロかった(笑)
2期があれば是非見てみたい作品だが、この作品の終着点がどこにあるのかが謎だ、
ラブコメといっても恋愛要素も薄いので、エロ&変態ギャグでずっと連載するのか
それとも義理の妹、幼なじみ、委員長による三つ巴の恋愛状態に決着がつくのか・・・
方向性がまだ見えないのは将来性を感じるのと同時に不安も感じてしまう。。

だが、2期があれば是非期待したい作品の1つだ。
いろいろな条件から評価は少し低めにしたが、★4つでもよかったかも?と
未だに悩んでいる・・・w