這いよれ!ニャル子さん

評価/★★★☆☆(42点)

這いよれ!ニャル子さん感想

制作/XEBEC
監督/長澤剛
声優/阿澄佳奈,喜多村英梨,松来未祐ほか

あらすじ
高校生の八坂真尋はある日、夜道で怪物に襲われるも突如現れた謎の少女に救われる。その少女は、自身がクトゥルー神話に登場するニャルラトホテプそのものであると語り、また自身が宇宙人であること、真尋が他の宇宙人に狙われており、自分が護衛として派遣されたことなどを告げるのだった。

スポンサーリンク

阿澄佳奈による阿澄佳奈の為の阿澄佳奈のアニメ

原作はライトノベルな本作品
コレまで何度かFLASHアニメによるアニメ化はされていたが、
本作品でようやくTVアニメ化。
基本的にFLASHアニメは見てないので、今回が本作品は初見

基本的なストーリーはラブコメ。
主人公はある日、夜道を怪物に追われ危機一髪のところを
謎の美少女に救われる。
その美少女はクトゥルー神話に出てくる「ニャルラトホテプ」であり、
宇宙人だったという所からストーリーは始まる。

この作品非常にテンションが高い。
ある意味、夜中のノリちっくなまでのハイテンションで、
ヒロインである「ニャル子さん」がバンバンと初期設定から
主人公と同居する理由までを1話の10分も満たないうちに説明してしまう(笑)
更には1話の段階からヒロインは主人公に一目惚れしているのでラブデレ全開
設定が飲み込みやすいのはいいが、一気に頭に詰め込まれたような感覚になるのは
賛否が別れるところだろう

だが、その賛否が別れる所に阿澄佳奈という声優の実力が光る。
彼女の元気いっぱいな演技は非常に可愛らしく、
キャラクターデザインと声質と演技のお陰でハイテンションなヒロインが
あまり「うざく」感じないのは素晴らしい配役と演技といえるだろう
一歩間違えばうるさいだけのヒロインになってしまうところを
可愛いギリギリのラインで抑えている。

しかしながら、本作品は完璧にオタク向けといえるだろう
最近の定番であるヒロイン(オタク)という要素も含まれており
どこかで見たようなシーンも多い。
だが、その「定番」をニャル子&阿澄佳奈のハイテンション演技で
定番をぶち破る勢いでシーンを展開する

もう1話から濃い。パロディネタもふんだんにおりこみ
ラブコメストーリーも展開し、強烈なヒロインがぐいぐいと迫ってくる感じは
萌えラブコメとしては悪くはない。

だが、その好印象は話が進めば進むほど慣れてしまう
慣れてしまうと、ぐいぐいなヒロインと普通のラブコメは面白くないわけではないが
淡々と見てしまう感じがある。

パロディネタは分かる人は楽しめるだろうが、わからない人には辛いだろう
アニメ、ゲーム、漫画、色々なジャンルのネタをどんどんと仕込んでくる
しかしながら、ハイテンション&ハイテンポなストーリー展開なので
「わからないネタ」もすぐに過ぎ去ってしまうため、
大きな問題ではないかもしれない

ストーリー的にはどんどんヒロインが増えて同居していきながらのラブコメだ
それ以上でもそれ以下でもない。

ただ、キャラ的にメインヒロインである「ニャル子」のキャラが強烈すぎて 後から出てくるキャラの印象がいまいちつきにくい。
ストーリーも無駄に引き伸ばす展開も多いのはかなり気になった
引き伸ばす割には「微妙」なオチになっているところもあり、無理が出ていた
物語が全体的に弱い
確かにキャラは立っているのだが、そのキャラを活かすためのストーリーが
パロディネタとキャラ性に頼りきっておりストーリー本筋自体の
面白みが薄く、各話のオチが弱い&無駄に次週に引き伸ばす展開が多く
物語ごとの区切りの付け方が甘い。
ハイテンションなヒロインなのにストーリーが淡々と地味になってしまっていた

原作がどうかは知らないが、ストーリーを無駄に翌週に引き伸ばすストーリー構成は
制作に原因があるとしか思えない。
私のように一気に見る場合はそこまで大きな問題ではないが、
1週間に1話という通常の放送の場合は、このストーリーの切り方は微妙だ

ストーリーの面白みが薄いのだから、無駄に引っ張らず
1話1話きちんと区切りをつけてメリハリを付けていくことが必要だったはずだ
はっきりといってしまえば、ハズレの回とアタリの回やネタがあるのだから
1話1話しっかりと区切って見てる側の気持ちを一度リセットしないといけないのに
惰性に続けてしまったせいで「ハズレ回の余韻」が残ってしまった

これがストーリーがもっと面白く、翌週が気になる展開!というのならいいが・・・
薄いストーリーをカルピスのごとく引き伸ばすのはダラダラとした印象を受けた
せっかくのキャラの可愛さもダラダラとした構成のお陰で
後半になればなるほど面白みを感じづらくなってしまった。

全体的に見て「阿澄佳奈による阿澄佳奈の為の阿澄佳奈」のアニメだった
本作品はこの一言に限るだろう
メインヒロインであるニャル子は阿澄佳奈以外では、
ここまで魅力的なヒロインにならなかっただろう
だが、逆にそれが欠点になってしまっていた

阿澄佳奈が演じる「ニャル子」というキャラの魅力と印象が強すぎて
他のキャラの魅力や印象はかなり薄い
ストーリーの面白さすら「ニャル子」というキャラが打ち消してしまっていた
ただ、この作品は「ニャル子」こそ本質であり、ある意味では間違っていない

しかしながら、ダラダラしてしまったストーリーや当たり外れの激しいパロネタ、
ついでに言えばオタク受けしかしないキャラクターたちは
好みが大きく別れる作品といえるだろう

色々欠点も書いたが、それはこの作品がもったいないと感じてしまう点が多いからだ
本当に阿澄佳奈演じる「ニャル子」さんは可愛く、
主人公以外の他キャラもそれなりに立っていた。
この作品のもっと大きな欠点は「主人公」だろう

彼のヒロインに対する態度は「あまりヒロインに好感を持たない」という
主義を貫いており、突っ込みとしても弱い。
せっかくのニャル子の可愛いシーンに対する主人公の反応が
普通かそれ以下なので、ニャル子の魅力を主人公が生かしきれていなかった

萌えラブコメにストーリーの面白みをそこまでは期待していないが
パロネタとキャラの魅力に頼りすぎてしまっていた。
頼りすぎていても「無難」ならばいいが、
無難以下のダラダラというパターンが目立っていたのは残念だった

個人的には1話の時点では「70点」を心のなかでつけていたのだが
話が進めば進むほど点数を下げてしまい「42点」まで落ちた
おそらく多くの視聴者が4話ないし、5話あたりで
見るのを止めてしまったかもしれない
1話の面白さ・期待感のインパクトに対し、その後、それが持続できなかった作品だ

阿澄佳奈さんの演技は本当に可愛かった。
「阿澄佳奈」さんを嫌いじゃないorむしろ大好きだ!という人は
このアニメはたまらない作品だろう。
(逆に阿澄佳奈が苦手という人は絶対に無理な作品とも言えるが・・・w)

2期はあるのだろうか?先ほど売上を調べた所
なかなかいい枚数を行っているのでかなり可能性は高いが
もし、2期があるならば、もっと色々突き抜けて欲しいという感じだ

今後どうなっていくか期待したい作品です。
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー