怪盗グルーのミニオン危機一発

評価/★★★☆☆(52点)

怪盗グルーのミニオン危機一発 評価

全98分
監督/ピアー・コフィン
声優/笑福亭鶴瓶,中島美嘉,芦田愛菜,中井貴一,須藤祐実ほか

あらすじ
皮肉屋の怪盗グルーは心を入れ替え、バナナが大好きなミニオンたちに支えられながらマイホームパパになろうと努力していた。ある日、彼は世界トップクラスの超極秘組織「反悪党同盟」に引き抜かれ、相棒のルーシーと共に捜査にあたることになる。そんな折り、彼の家から無敵のチームであるミニオンたちが何者かにさらわれてしまう。

ミニオンの尻はとっても可愛かったw

本作品は怪盗グルーと月泥棒の続編、声優・監督・脚本家などに変更は無く
同じスタッフによる続編だ。
また来年にはスピンオフで「ミニオン」が主役の映画の制作が決まっている

基本的なストーリーは前作からの続き。
前作で見事、月を盗んだグルーは悪党を卒業し、博士とともに新しいゼリーの開発に勤しんでいた。
そんな中、反悪党同盟のルーシーがグルーをスパイとしてスカウトしに来た
というところからストーリーが始まる

見だして感じるのはCGの凄さだろう。
前作以上に洗練されたCGは服、背景、水の質感など素晴らしい描写で
特に海に車で入るシーンやキャラクターの動きは前作以上に繊細かつ大胆に動き
見ているだけで楽しい作画に仕上がっている。

そんな作画はこの作品の特徴とも言えるオーバーなアクションを後押ししている
過剰とも言える動きの数々やそれに伴うパンチの効いたギャグシーンは
若干暴力的な表現も前作以上に目立つため賛否両論かも知れないが
逆にストレートに笑いに繋がっている部分は大きかった。

特にミニオンの動きや表情はこの作品ならではだろう。
前作以上にクレイジーな彼らは、歌いまくり、踊りまくり、
更には怯えたり、恋したり、ゴルフをしたりと
前作以上に彼らの魅力が伝わり、前作以上に彼らで笑ってしまう(笑)
ラストシーンで彼らのPV風の歌が流れたり、ヤングマンを歌う様子など真骨頂とも言える。

しかし、逆にその作画を見せたいがために無意味なアクションも目立つ。
今作のヒロインである「ルーシー」は特にそれが顕著で、彼女自体もミニオン以上にクレイジーだ。
中島美嘉の妙に高い声がクレイジーさを後押ししている部分は大きいが、
スパイという職業らしい動きやアクションが多く、それが無駄にオーバーで違和感バリバリだ。

特に中盤で空中にばらまかれたカップケーキを、
なぜかカンフーアクションばりに叩き潰すさまは薬でもキメてるのかと思うほどだ。
テンションも異常に高く慣れるまでにかなり時間が掛かる。
だが慣れた頃の終盤には「グルーの幻覚」をみたり「飛行機から飛び降りたり」と
やっぱり薬でもキメてるのかと思うシーンがあり、最後までこのヒロインに慣れない。

そんなヒロインとグルーの恋愛要素が入るから大変だ(苦笑)
かなり等々に恋愛要素が入れられ、何きっかけで惹かれ合ったのかがいまいちピンとこない
本当にいつのまにか二人共相思相愛になっている。

そう、本作品のストーリー構成は滅茶苦茶だ。
「なぜ、そうなったか」という説明がかなり省かれているため
最初にグルーの元を離れた博士が急に改心したり、
グルーが引き取った三姉妹に母親が必要だという流れがあるのだがあまり活かされず、
終盤のグルーのピンチからの助かり方も非常に雑で微妙だ。

前作は細かい部分で気になるところはあったものの
月を盗むという壮大なストーリーと孤児院の三姉妹とグルーの関係という本筋がきちんとできていて、
そこにミニオンという面白さが良いスパイスになっていたが、
今作はストーリーにかなり荒が目立ち、色々な展開が唐突過ぎてキャラクターの感情についていけない。
前作以上に「ミニオン」に救われている部分があまりにも多く、
前作のにとってつけたような感じのストーリーという印象が最後まで拭えなかった。

全体的に見てミニオンが好きならば見に行って損はない。
彼らのユニークでクレイジーでファンシーな動きや言動の数々は見ているだけで思わず笑ってしまい
見ているだけで面白い。
しかし、そんなミニオンが終盤にはちょっと怖いキャラになってしまっているのは違和感もあり
色々な事が引っ張った割にはあっさりと解決してしまう展開などストーリー面でかなり欠点の多い作品だ
前作を見ている前提であることは否めず、作画などは相変わらず素晴らしいのだが
キャラクター描写やストーリーは前作に比べるとかなり劣っている。

ただ、これは大人目線で見るからであって本来の視聴者層である子供目線から見れば
わかりやすいストーリー展開と動きの面白さ、そしてミニオンの魅力と
前作と同じくらいに面白い映画のはずだ。
一緒に見に行った親は気になるところがあるかもしれないが、子供はきちんと笑える映画になっている。

個人的には前作以上にミニオンで笑ってしまったので
来年公開されるスピンオフ映画が楽しみでならない(笑)