怪盗グルーの月泥棒

評価/★★★☆☆(58点)

怪盗グルーの月泥棒 評価

全95分
監督/ピエール・コフィン、クリス・ルノー
声優/笑福亭鶴瓶,芦田愛菜,山寺宏一,京田尚子,内海賢二ほか

あらすじ
郊外の秘密基地で暮らす怪盗軍団ミニオンのリーダー・グルーは、あらゆる兵器を使って盗みや嫌がらせをする事が大好きな卑劣漢。世界一の悪党を目指す彼が狙うターゲットは、何と月だった。

スポンサーリンク

バナナから生まれた生物、それがミニオンw

本作品は2010年に公開されたユニバーサル・ピクチャーズ製作の3Dアニメ映画
2013年には続編が公開されている。

見だして感じるのは「ミニオン」の圧倒的な存在感だろう(笑)
主人公であるグルーの家の地下に大量に住んでいる彼らは黄色い謎の生物だ
1頭身な彼らの姿はひたすら可愛く、そんな黄色い生物が大量に存在しているシーンは不思議な愛嬌を生んでいる。
ちなみに彼らの頭には申し訳ない程度に髪の毛が生えているw

主人公であるグルーの言葉に一喜一憂したり、踊ったり、水を飲んだり、
彼らはきちんと喋るわけではなく短い英単語を喋るくらいだ
そんなミニオンは主人公に協力する。

この作品の世界観も面白い。
悪党にカネを貸す銀行が存在し、悪徳ローンなんてものも存在する
彼らは悪いことに対してお金を貸してくれる。
そんな世界観やキャラの中で主人公は「月を盗む」という計画を思いつく
というところからストーリーが始まる。

まずは月を盗むために物を縮ませる銃を盗む。
グルーと一緒に行動するミニオンはテンションマックスでクレイジーな行動を繰り返す
しかし、グルーの盗みは中々うまくいかない。
ユニークな動きやシーンでグルーの失敗を何度も描写するシーンは繰り返しのベタな笑いではあるものの
単純に笑ってしまう(笑)

銃を盗むためにグルーは「孤児院の3人の少女」を利用する。
そんな少女に不利回られる中、ミニオンも滅茶苦茶な行動を繰り返す(笑)
彼らの馬鹿馬鹿しい狡童の数々は大人でも思わず笑ってしまうほどくだらないw

そんな中で「3人の少女」とグルーの交流が描かれる。
彼は最初は少女たちを利用するためだけに孤児院から引き取ったにすぎない
最初は本の読み聞かせもしなかったグルーだったが、話が進めば進むほど彼女たちに情が移る
彼女たちの生活をする様子だったり、遊ぶ様子だったり、絵だったり。
そういうものを見て独り者だったグルーは親心が湧き上がる。

しかし、月を盗むためには彼女たちが邪魔になってしまう。
彼女たちを失った後、グルーは喪失感を感じつつも月へと旅立つ。
この終盤の月を盗むシーンは壮観だ、もともと3D用に作られた映像だけあって
2D見た私は想像でしかないがこのシーンの迫力は素晴らしかっただろう
そして彼は月を盗むことに成功する、その直後に彼の脳裏には「3人の少女」達がよぎる。

終盤のグルーが自らの事を絵本にして少女たちに読み聞かせるシーンは思わず涙腺をくすぐられる。
ストーリー自体は王道だ、だが王道だからこそ面白い。
子供元大人も王道なストーリー展開だからこそストレートに楽しむことができ、
グルーの心境の変化や少女たちの信条、そして「ミニオン達」のボケ(笑)
全てが上手く繋がり、明るく、楽しく、笑えて少し泣ける映画に仕上がっている。

全体的に見て子ども向けとしては素晴らしい完成度だ。
CGのクォリティも素晴らしく、キャラクターのコミカルな動きや迫力のあるシーンだけではなく
繊細な登場人物の表情の描写など素晴らしい。
更にこのクォリティがあるからこそ「ミニオン」の動きが余計に光る。
ストーリーは本当に王道なのだが、その王道の中に「ミニオン」という不思議な生物がいることで
この作品ならではのコミカルな面白さを生んでいる。

ただ王道なだけに深みはあまりない。
ミニオンも大量にいるのだが、彼らが作られた理由や経緯をモット知りたかったなと感じてしまったり
ストーリー展開もかなり単純で、笑いも繰り返しのネタが多かったりする。
ストーリーの根幹にある月を盗んだ後もどうするつもりだったんだろうかとちょっと掘り下げが甘い部分もある。
簡単に行ってしまえば1回見る分には面白いのだが、アラを探そうとしたり
2回見てしまうと細かい部分が気になってくる。

親子で楽しめる映画ではあるが、子供一緒だからこそ楽しめる作品で
大人だけで見てしまうとそういう細かい部分が気になってしまうかもしれない。
王道の展開の面白さはあり、そこにミニオンという要素があり作品特有の面白さはあるのだが
王道ならではのしっかりしたストーリーの面白さが感じられなかった。
かなりの部分で「ミニオン」というキャラクターに救われている感じが大きい。

ただ子どもと一緒に見るなら十分に面白い映画だ。
余談だが主人公の吹き替えが気になる方もいるようだ
笑福亭鶴瓶さんの声はそこまで悪くなく、関西弁のノリも
グルーの外見とあっていたと私個人は思うのだが・・・

いつかミニオンのスピンオフ映画を個人的には見てみたい(笑)
彼らがただ単純に買い物にいいく、遊園地に行く、家を掃除する
それだけでも面白そうだ(笑)

スポンサーリンク