フリージング

☆☆☆☆☆(10点)

スポンサーリンク

上等だこら!面かせ!詫び入れろやこらぁ!え、これ未知の敵と戦うアニメだよね?w

原作は漫画な本作品、
一騎当千や聖痕のクェイサー的なセクシー描写が話題になった作品だ
2013年には2期も放映された

基本的なストーリーは学園モノ?ファンタジー?と、ちょっとジャンルが分かりにくいが、
聖痕と呼ばれるものを体に刻み武器を使うことのできる女性を養成する学園、
その女性たちは異次元体とよばれるノヴァと戦うためにその学校にかよっている。
そこには接触禁止と呼ばれる女性がいた・・・というところからストーリーが始まる。

開始して1分も立たないうちに主人公が全裸になる(笑)
もうこの一分で、このアニメがどん作品化は語らなくてもわかりそうな感じがするが
いわゆるセクシー描写の多いアニメだ、ただ本作の場合、
セクシー描写だけでなく「グロ描写」も顕著な作品だ。

序盤から女性同士の戦闘が続く、戦闘描写は作画の質もそこそこ高く見れるのだがグロ要素が非常に多い
武器を使った戦闘が描写されるのだが、女の子が切られて血を吹き出す描写が多くかなり痛そうな絵面も多い。
その分、パンチラや乳首などのシーンも多いため緩和になっているといえばなってるが、
グロ要素が上回ってるので人によっては閲覧注意かもしれない。

ただそのグロ要素は流血ぐらいならいいのだが、
一話では登場人物の腕がボロッっといってたり、足が無くなってたりと
一瞬の回想シーンでの描写ではあるが、そこまでやる必要があるのか微妙なところだ
2話では、ヒロインの腕を切ろうとする描写まである始末だ

そのグロ要素は設定である聖痕のせいでもある、
ノヴァと闘うために学園に通う女性は「聖痕」と呼ばれるものを体に刻んでいる
聖痕は体の一部が欠損しても修復できるという凄い治癒能力があり
そのせいでノヴァ相手ではなく、人間同士の戦いでも問答無用だ。
しかし、ただの模擬戦でそこまで演る必要があるのか意味不明だ
いくら聖痕のちからがあると言っても「治療が間に合わなければ治らない」という設定もあるのに
模擬戦でも全力だ。

ただこの人間同士の戦闘が模擬戦、戦争や怨恨ならまだ理解できなくもないのだが、
学園で順位を争うものだったり、ほとんどが上級生による下級生へのいじめだ(苦笑)
なお本来闘うべき相手である「ノヴァ」は全然出てこない。

基本的にストーリーはヤンキー漫画と同じだ。
「舐めやがって」「なんかむかつくな」「でかい態度とりやがって」
「生意気なんだヨォ」「面かせやぁ」「ちょっかい出しやがって」
ストーリーのレベル的もキャラクターが喋る台詞もこのくらいな感じで
頭の悪そうなヤンキー漫画を読んでいるような感覚で物語が進んでいく。

序盤から中盤までのストーリーはほぼ先輩からのいじめだらけだ。
もう、この先輩たちは「いじめ」意外することがない。
もはやヤンキー漫画と同等の無法地帯で、いじめをやりたい放題だ(苦笑)
先生たちから注意されるようなシーンもなく、とりあえずムカついたらいじめをする。

その極めつけが8話
先輩たちが相変わらず主人公とヒロインをいじめにきたら
「詫び入れろ」といいながら新しいヤンキーキャラ出現する(笑)
「詫び入れろ」なんて台詞はとっくに死語だと私は思っていたのだが、
この作品では2度も3度も使う。
同じようなヤンキー漫画ストーリーを繰り返しまくり、はっきり言って飽きる。

終盤、9話からようやくようやく本来の敵であるノヴァが出現する。
もうこのアニメはヤンキーアニメだと思って見てた私は
「なんだ路線変更か」とある意味、肩透かしをくらってしまった(苦笑)
根本的にノヴァが出てくるのが遅すぎる。
ノヴァという要素を入れたいなら、序盤からヤンキー漫画の間にもう少し挟むべきだ

更には出てきたノヴァは過去に例のない特殊なタイプと状況という呆れ果てる展開だ。
普通のノヴァと主人公達との戦いが一回もない状態なのに、
一番最初に主人公たちが闘うのは特殊なノヴァ(苦笑)
普通のノヴァは一体どんなのだろうか。気になる所だ。

せめてこの特殊なノヴァが出る前に、
普通のノヴァが一体だけでてきてやっつけるようなストーリーがあれば、
この特殊な状況やタイプの凄みがわかるのだが、いきなり特殊なのを出したら意味が無い。
原作からこうなのはわからないが、ストーリー構成に疑問が残る展開だ
基本的に段階を踏まずに唐突な展開になるのが本作の特徴ともいえるが・・・(苦笑)

更に戦闘描写も後半になるに連れてどんどん手抜きになる。
止め絵や演出でごまかしてはいたが、せっかくノヴァが出てきたのに残念でならない。
更にいえば人間同士の戦いしか無かったストーリーからようやくノヴァという敵との戦いになるかと思えば、
せっかくノヴァが出てきたのに結局操られた生徒との戦闘のみ(苦笑)
絵面的には序盤から中盤までのヤンキーストーリーの時と全く同じだ。

更には聖紋開放というわざと登場人物が使うが、
あれはナルトのパクリだろうか?(笑)
ついでにいえば、ノヴァの目的も使徒みたいだ(笑)
ノヴァはなぜだか学園に保存されているパンドラの元になったものの遺体を狙っている
パンドラの元については研究中だけど、ノヴァにそれ渡ったら人類敗北というのがかわかっている。
エヴァではなくても舞乙Himeの最後の方の展開にも似ている。
思えばパンドラとリミッターなんかも舞乙Himeの主従の契約を彷彿とさせる設定だ

全体的に見てこの作品はいろいろな作品を「ツギハギ」にした設定でストーリーを進めており、
舞乙Himeだったり、NARUTOだったり、エヴァだったりと
有名ドコロのいろいろな設定をツギハギにしてそこに「ヤンキー要素」をいれ
絵的に派手になるグロ描写やエロ描写を入れて作品を作り上げているだけにすぎない。

キャラクターの行動原理はヤンキーの考えることと同じで、
キャラクターが色っぽい、お色気要素、聖痕などのファンタジー要素を抜けばもうヤンキー漫画と同じだ
短絡化かつ感情的なキャラクターたちの行動とストーリーの流れは、評価できるレベルじゃない。

禁止されているはずの「パンドラモード」も使いまくりだ。
展開的に使いまくりたいなら最初から禁止という設定じゃなければいいのだが・・・
そもそも「私闘」は校則で禁じられているらしいのだが無視だ。

別にヤンキー漫画っぽいストーリーでも問題はないが、
根本的に「面白い」と感じられるほどストーリーの出来栄えもよろしくない
常に唐突な展開でストーリーを作り上げ、
治療が間に合わなければ治らない可能性もあるのに「重傷」を負う人間同士の戦いを繰り返す。
正直上級生から下級生のいじめが常に「殺人未遂」レベルだ(苦笑)

これがいじめではなくきちんと何か理由がある人間同士の戦いなら納得できるのだが、
本来闘うべき「ノヴァ」との戦いを殆ど描かず、
いじめや、むかつく、学園の秩序が~という理由だけの人間同士の戦いは納得出来ない。
「ヤンキー」部分と「ノヴァ」というファンタジー的な部分がバラバラで
ちぐはぐなストーリーを展開してしまっている。

セクシー描写に関しても乳首とパンチラのみでたいしたことがない、
キャラクターの魅力は能登麻美子さんによるところが多く、他のキャラは深みがない。
結果的にキャラクターが脱ぐだけのアニメだ。

個人的にはもうノヴァなんて忘れてしまいヤンキー漫画として
成立したほうが面白そうだ(笑)
中途半端にノヴァみたいな敵を出してもそれまでのストーリーと違和感を感じてしまう、
むしろヤンキー漫画として一本化したほうがストーリーがぶれなさそうだ。

主人公が通う以外にも養成学校があるようだし、他校との抗争なんか面白そうだ!w
教師たちも全然活躍していなかったし、教師との対立なんかもありかもしれない、
いや、まだやっていないカツアゲあたりから初めて見るのも悪くはないかもしれない
ヤンキーアニメとしてもファンタジーアニメとしてもセクシーアニメとしても中途半端なだけに
笑える要素のあるヤンキー部分に徹したほうが良くなりそうだ。

2期がここからどういう方向に行くのか、相変わらずヤンキーアニメを繰り返すのか。
この作品自体は面白くもなんともない作品だが、
どういう方向性になっているのか見るのが別の意味で楽しみだ。