GO!GO!575

評価/★★☆☆☆(30点)

スポンサーリンク

1クールで リメイク希望 これ売れる

本作品はが2013年より展開している「project575」メディアミックス形コンテンツの1つ。
キャラクターデザインは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」でお馴染みのかんざきひろ。
アニメ自体はⅠ話3分ほどの短編アニメ、全4話で5話が製作予定らしいのだが
何の音沙汰もないのでレビューする。

見だして感じるのはキャラクターデザインの可愛さだ。
メインとなる二人のキャラクターの可愛さが1話から全開に出ており、
短編アニメにしては作画のレベルも高く、軽くだがサービスシーンまである。
1話3分の枠では少しもったいなと感じるキャラクターデザインだ
ついでに言うと、OPのなんともいえない微妙なダンスが個人的に好きだったりする(笑)

ストーリー自体は日常ものだ。
何か弾けたいことをしたいと思っている小豆と、そんな彼女にため息をしつつも付き合う抹茶。
ある日、小豆が唐突に日々の感動や出来事を「575」のコトバで歌おうと提案してくる
というところからストーリーが始まる。

ストーリー自体はたいしたことはない。
よくある女子高生の部活日常ものに近く、例えば「俳句の大会」に出るというような展開はない
あくまでまったりと女子高生の日常を描きつつ、
「575」の言葉をたまに登場人物たちがつぶやくような感じだ。
ただ、雰囲気が非常にいい。

5分アニメの枠に抑えるのがもったいないくらい「まったりとした雰囲気」がよく
そのまったりとした雰囲気にあう「BGM」がより、この作品の雰囲気を作り上げており
その雰囲気の中でかわいいキャラクターの日常がふんわりと描写されることで
ふわふわっと不思議な癒やしを感じさせる作品だ。
別作品になるが「たまゆら」などに近い雰囲気もあるが、
あれよりも萌え寄りの作品といえば分かりやすいだろう。

しかしながら全4話では厳しい部分が多い。
確かにキャラクターも可愛く、雰囲気もいい、ストーリーは日常物なので刺激的な展開はない
だが4話の枠の中では1話で見た印象以上に作品の印象やキャラクターの印象が変化せず、
3話でキャラクターも追加されるが、これによる物語の変化は生まれず
どちらかというと「ネタ切れしたから新キャラ出した」感じも強く、
「5・7・5」の要素もおまけ程度にしか盛り込まれていない。

全体的に見て5分枠でなく、きちんとした1クール1話30分のアニメ枠なら
もっとキャラクターの可愛さや、魅力が伝わりそうな作品なだけにもったいないと感じる。
今のところ素材の良さは見ているだけで十分感じることが出来るのだが、
素材だけで何も料理されていない作品といえば分かりやすいだろう。
百合要素や全4話中の3話に「お風呂シーン」があるなど萌的な要素も多く
作り方によっては「売れる」作品だろう。

5・7・5の要素ももう少しきちんと盛り込めば、俳句アニメとしてもイケそうな雰囲気はある。
だが、5・7・5に関しては主人公がまともの俳句を作ったのは1話のみ。
全4話15分=普通のアニメなら1話前半部分だけということを考えれば
俳句の盛り込まれ方のちょうどいいと言えるのだが、
短編アニメなら短編アニメとしてもう少し「5・7・5」の要素を入れても良かったのではと感じる

中途半端に全4話しか作られないのはもったいない作品だ。
メディアミックスでソーシャルゲームなども発表されたが、不具合でサービス終了(苦笑)
アニメ放映にあわせてPSVITAでゲームも発売されたが、評判はあまりよろしくない。
project575という企画自体が頓挫した可能性が高そうだ。

アニメ自体の出来栄えはそこまで悪くないだけに
TVアニメとしてリメイクされることを願いたい。