じいちゃんの遺産、全部課金したったw「銀の墓守り」レビュー

2017年7月4日

評価★☆☆☆☆(11点)全12話

あらすじ 主人公・陸水銀(リクスイギン)は身寄りもなく天涯孤独の高校生。生活のためのバイトに明け暮れる毎日を送っていた……。引用 – Wikipedia


スポンサーリンク

じいちゃんの遺産、全部課金したったw

原作は中国で連載中のウェブコミック。
監督は大倉雅彦、制作は絵梦。
最近増えた中国アニメの1つだが、基本的にどれもぱっとしない。
1話あたり15分の1クール、なお2期が決まっている。

見出して感じるのはOPから感じる「日本アニメ臭」だろう。
中国アニメの場合、監督が日本人だと割りと見れる作品になることが多いが、
この作品も日本人が監督をやっているせいか日本アニメにかなり寄せてきている。

特にキャラクターの作画やキャラクターデザインは
日本のアニメと言われても違和感がないレベルになっており、
遠いアングルでは明らかに手抜きな作画になるが、
ギャグタッチなデザインと普通のタッチで作画を描き分けるなど、
今までの中国アニメにしてはまともだ(笑)

戦闘シーンは演出便りかつCG頼りではあるものの、
今までの中国アニメの糞みたいな戦闘シーンに比べれば、
いわゆる「迫力」と言うものが生まれており、
敵がほとんど動かない中で主人公が大量の敵を切りつける様など、
割りと見れるシーンになっている。

ただストーリーはわかりづらい。
1話の段階で主人公がよくわからない場所でよく分からない敵と戦って
思わせぶりなセリフを言い放ちまくる。
説明しようとするシーンに切り替わったかと思えばまた元のシーンに戻ってしまい、
結局、1話の段階ではどんな世界観でどんな設定なのかがさっぱりだ。

物語が気になる!設定が気になる!というような展開にしたいのは分かるが、
根本的にそれ以前の問題で何の取っ掛かりもなく、
惹きつけられる要素もなく、ただわからない(苦笑)

2話以降は時系列が遡る。
いわゆる「時系列シャッフル」で最終的に1話に話がつながるというような
ストーリー構成にしたいのは分かるが、ちょっとそこに至るまでが長い。
謎の敵と戦ってたかと思えば、ゲームの世界の話になる。
原作が2015年からの連載と考えると「SAO」当たりを意識しているのだろう。

ただ思わせぶりな要素が多すぎる割にはストーリー進行が遅い。
どうでもいいシーンやどうでもいい話にまでたっぷりと尺を掛けて描いており、
15分アニメなのにストーリーの密度が薄く、
1話1話ちょっとずつしか話が進まない。

別に話の続きが気になるわけでも
魅力的なキャラの魅力的なシーンが有るわけでもない。
それなのにだらーっとストーリーが描かれてしまっている感じが強く、
1話15分なのに話がダレてしまっている。

設定自体はそこまで悪くはない。
「墓に眠る換金可能な財宝を探すオンラインゲーム」が
開発されゲームの中の強さは課金こそが物を言うゲーム。
そんなゲームのサービス開始に貧乏だった主人公に
100億の遺産(ゲームに全て課金済み)が入り、
ヒロインはゲームの中へと連れされてしまい・・・と言う感じだ。

コレだけの内容に6話くらいかける。1クールの半分である(苦笑)
物語の導入部分にどれだけ時間を掛けてるんだよと思わずツッコミたくなる。
設定やキャラクターなどは日本のアニメでも見かけたことの有るものばかりで
オリジナリティは薄いが、それでも悪くはない。
だが、そのそこまで悪くはないものに時間を掛けすぎだ。

意味不明なのは、さんざん時間を掛けて描写しておきながら
6話の後半でダイジェストチックに今までのお話の解説が入る。
わざとらしい「説明」でがっつり補足説明する、15分アニメなのに。
1話からわざわざ6話まで見た人にとっては不要な説明であり、
逆に6話から見る人など居ないだろう。

わかりづらいor理解できないと言う意見もあったのかもしれないが、
6話も時間を掛けた内容が数分で解説できるレベルのものですというのを
制作側自ら吐露することはない(苦笑)
物語の導入に6話もかけるアニメは視聴者を意識してないにも程があるだろう。

設定や世界観は底まで悪くはないのにストーリーでの見せ方があまりにも下手だ。
時間を掛けまくり、無駄なシーンを入れまくり設定や世界観の説明が下手すぎる。
7話以降も主人公側とヒロイン側の状況を交互に頻繁に入れ替えながら描くため、
テンポが崩れまくりだ。

中盤からはゲームの世界での話が中心となるが、
ゲームのシステムをろくに説明もしないのでおいてけぼりだ。
登場人物も大量に追加され、把握できない状態で勝手にストーリーが進んでいき、
終わる。

全体的に見て酷いストーリー構成だ。
作品の根幹に有る設定や世界観は面白そうなのだが、
それをストーリーの中でうまく描写しきれておらず1話15分なのにテンポが悪く、
作品の世界観にいつまでも入り込めないまま、
ストーリーをきちんと把握できないまま1クールが終わってしまう。

2期が決まっており、2クールを想定したストーリー構成だったのかもしれないが、
それにしても酷い。
主人公のゲーム内における戦闘シーンは1話と中盤と最終話の3回のみだ。
見ていない人でもストーリーの密度の薄さが分かっていただけると思う(苦笑)

ちなみに黒幕の名前は「ダークタイガー」である(笑)
さすが中国というセンスには思わず爆笑してしまったが、
笑えたのはそこくらいで色々と中途半端な作品だった。

2期もあるようだがどうなることやら・・・