「マナリアフレンズ」レビュー

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

評価 ★★★☆☆(51点) 全10話

あらすじ マナリア魔法学院に通うふたりのプリンセス、アンとグレア。学院でグレアを見つけるやいなや駆け寄るアンとまだ少し打ち解けない様子のグレア。引用- Wikipedia

スポンサーリンク

ヒヒイロカネ?そんなのはいい、百合を楽しめ

本作品はソーシャルゲーム「神撃のバハムート」内の
イベント「マナリア魔法学院編」を舞台にした作品。
元々は2016年にアニメ化予定だったが何故か3年も延期された。
監督は岡本英樹、制作はCygamesPictures。

なお2019年4月現在、2019年冬アニメで最も売れたアニメになっている。
理由は後述する。

ファンタジー世界の日常


引用元:©「マナリアフレンズ」製作委員会

見出して感じるのはまったりとした雰囲気だろう。
この作品は1話10分ほどの短編アニメであり、1クールだ。
しかも全12話ではなく全10話と普通の短編アニメよりさらに短い。
この手の短編アニメの場合は早口でなおかつギャグアニメの場合が多いが、
この作品は「ファンタジーな日常」だ。

メインキャラクターの「目覚め」から始まり、学校に登校し、
クラスメイトと話しながらお茶をする。
びっくりするほど淡々としている。

原作のゲームのなおかつイベントを楽しんでいないと楽しめないという
内容ではなく、世界観の把握は完璧にはいかないものの、
「雰囲気」で察することはできる。
驚くほどにベタな演出やシーンはあるものの、
そのベタさゆえにすんなりとこの作品の世界観に入り込むことができる。

一応ファンタジーなシーンはある。
魔法生物が暴れだしてヒロインがそれを封印したりするシーンも有るのだが、
あくまでもメインは日常であり、バトルや魔法を使うようなシーンはおまけだ

尺余り


引用元:©「マナリアフレンズ」製作委員会

見ていて明らかに尺稼ぎをしてる場面が多い。
作画の質は異常に高く原作ゲームで稼いだお金をアニメ制作費に
ぶちこんでいることが目に見てわかるものの、
そのせいか「背景」の描写にかなり力が入っている感じだ。

そのきれいな背景を見せたい気持ちはわかるが、
背景を無駄にゆっくり映して1話10分という尺を必死に稼いでる話もあり、
3年も延期されたアニメの割には脚本の詰めが甘い部分が多く、
間延びしているシーンも目立つ。

無駄に走るシーンや無駄にカメラを下から上に舐めて
キャラクターをしっかりと映したりと、
きっちりと10分という尺を使いこなせていないのが見て取れる。

百合


引用元:©「マナリアフレンズ」製作委員会

この作品で描きたいことは百合だろう。
竜のような羽根と角が生えてる少女と、マナリア王国の王女。
おとなしい性格の少女と天真爛漫な少女の関係性は、
ゆったりとした日常の中でさり気なく描かれ、
友情以上の感情を匂わせる描写が非常に多い。

ストーリー自体はたいしたことがない。
体調不良になったり、買い物しに言ったり、学校のイベントがあったり。
大げさにファンタジーな展開があったりするもののオチ自体はあっさりだ。

だが、そんな中で二人の関係性が進歩していく感じは悪くなく、
「百合」な関係性をしっかりと構築しており、
そういう要素が好きな方ならば楽しめるシーンも多い。
ちょっと変態じみた要素のある「王女」の行動は
ニヤニヤとしてしまう部分も多い。

話が進むたびに徐々に二人の距離が近づいていき、
最終的には「同棲」で終わるという百合ENDもすっきりとしており、
二人のキャラクター描写と距離感が程よいからこそ、
薄いストーリーの中でも毎話毎話、1シーンは「ニヤニヤ」と
できるシーンが有るからこそ楽しめる作品だ。

総評:これは良い百合です。


引用元:©「マナリアフレンズ」製作委員会

全体的に見て雰囲気やキャラクターは悪くない作品だ。
しかしながら1話10分という尺を余らせてる感じのストーリーであり、
10分も尺があるのにあまり大したストーリーではない。
あからさまに尺稼ぎしているようなシーンも目立ち、
作品を構成している要素は悪くないのにそれが薄まってしまっている感じだ

「百合」という要素が好きならば楽しめる作品だ。
毎話毎話「ニヤ」っとできるシーンが有り、
そこに至るまでがやや冗長ではあるものの、それがあるからこそ見れる。
原作ゲームをやってればファンサービスに感じるようなシーンも有るのかもしれないが、
逆に見ていないくても楽しめる作品にはなっている。

ただ、この出来栄えで2019年冬アニメでは1番の売上だ。
ほとんどの人の購入目的が特典の「ヒヒイロカネ」が目的だろう。
同じ「サイゲームス」のゲームだから良いのかもしれないが、
せめて神撃のバハムートのアイテムではだめだったのだろうか?

メルカリなどのオークションサイトでは特典のないディスクのみの
本作品が出品されてるらしい。
「アニメの内容」ではなく「特典」で売れている。

決してこの作品がつまらないわけでもなく
百合好きならば楽しめる作品なだけに、
特典のせいで作品の正当な評価がぶれてしまうのが残念なところだ。

個人的な感想:百合はいい


引用元:©「マナリアフレンズ」製作委員会

見る前はあまり期待していなかったのだが、いい意味で楽しめた。
過激な描写があるわけではないが、その二歩手前くらいの描写や関係性、
たまにあるセクシーなシーンはいい刺激になっており、
全体的に間延びしているのは残念ではあるものの、
百合好きの同士諸君なら私と同じようにニヤニヤしてしまう作品だろう。

ただ、これを見たからといって「よし神撃のバハムートやろう」となる
可能性が低そうなのはどうなのだろうか(苦笑)
原作の宣伝目的なアニメよりはマシではあるものの、
ある程度、宣伝効果を見込んでアニメを作ってる部分もあると思うのだが、
果たしてこのアニメきっかけでどれくらい新規プレイヤーが増えたのだろうか。

それが非常に気になるところだ。

コメント