天地無用

天地無用感想


天地無用感想
天地無用
★★★☆☆
OVA版「魎皇鬼」をTV向けに語り直した構成となっている。
天地のもとに宇宙から女の子が押しかける地球編が10話、
パラレルワールドをさまよう特別興行が3話、
樹雷星に発生したクーデターをめぐる宇宙編13話の3部構成。
前半宇宙人とのラブコメ、後半スター・ウォーズ!?
俗に言う天地無用ねぎし版と呼ばれる天地無用TV版。
サザエさんの裏番組だったので見ていた人もいるかも知れません。
前半部分は突如として現れた宇宙人とのドタバタラブコメを基本とし、
話数をおうごとに主人公である天地のまわりには女性の宇宙人が増えていく。
前半部分のノリで最後までいってしまえば、普通のドタバタラブコメだったのですが、
中盤から伏線も何も無い状態でいきなり宇宙へと行く。
今まで一緒にいた全員が指名手配をうけお尋ね者扱いされる、
その状況を打開するためにある星へと向かいながらドタバタしつつ展開してくが・・・・
20話当たりから、話の流れがシリアスになりスター・ウォーズっぽくなります。
前半部分で少しでも伏線があれば、主人公&主人公の祖父の正体みたいなのに
面白味を感じたかもしれませんが、展開が唐突すぎてかなり驚きました。
指名手配になったのもダークフォースに落ちた人間が仕組んだものでしたし、
結局主人公のご都合主義パワーで解決してしまうことも納得いかない。
やっぱり、前半部分のラブコメから伏線があればよかったのですが・・・
死んだと思っていたはずのキャラクターが生きていたのもご都合主義ですし。
色々と腑に落ちない点が多すぎました。
ただ、テンポの良さも会ったので最後まで見ることが出来たのですが
物語の深みがあまり出てないように感じました。
いろいろと裏設定があるようで、OVA版や別のTV版やスピンオフ作品もあり
全て見るともっと楽しく見れる作品なのかなと感じました。
天地無用ファンの方からすると、OVAのほうが高評価のようなので
そちらも見てみたいと思います。