学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD感想

評価/★★☆☆☆(39点)

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD感想

制作/マッドハウス
監督/荒木哲郎
声優/諏訪部順一,井上麻里奈,喜多村英梨,檜山修之ほか
全12話


あらすじ

太平洋に面した人口100万人級の地方都市[1]・床主市(とこのすし)に存在する、全寮制私立高校・藤美学園(ふじみがくえん)。いつものように校舎の外で授業をサボっていた主人公・小室孝は、校門の前で不審者とモメている教師達を目撃する。まもなく、不審者に噛まれた教師はさらに他の教師や生徒を襲うことで仲間〈奴ら〉を増やし始めた。
やがて、辛くも難を逃れた孝達生徒と教師による10数名はマイクロバスに乗って学園を脱出するが、この謎の疫病は想像以上の広がりを見せ、気付いた時には出くわす人間のほとんどが〈奴ら〉という凄惨な状況になっていた。秩序の崩壊した世界で、主人公一行のサバイバルが始まる。

スポンサーリンク

濡れるッ!

個人的には初めて見る「ゾンビアニメ」です。
他にもあるのでしょうか???
基本的なストーリーはゾンビ者の王道らしく、
突如現れたゾンビみたいな奴ら、噛まれたものは誰かれ構わずゾンビになり
学校はおろか街の中、世界中が「奴ら」だらけになっていく
そんな中、わずかに生き残った者たちは・・・という感じ。
ゾンビ者らしく、グロ要素は強い。
放送された局によっては画面が真っ黒だったり光ってたりして、
何が行われているかどうか分からないくらいの規制もあったようです(苦笑)
確かに規制するのも納得するぐらい残虐シーンは多い。
刀、バット、チェーンソーなど様々な武器で「奴ら」と戦うシーンは
ある種、危険な会館すら感じる戦闘シーンです。
作画が高レベルなこともあり、銃器や刀の書き込み方もしっかりとされており
その手のマニアな方にもおすすめできるかもしれない。
またキャラクターも面白い。
友達や彼氏、見知った知り合いがどんどんと侵され、破壊された秩序の中、
ただのオタクだったキャラクターが銃を持ったことで豹変し、カッコよさすら感じる。
壊された世界感だからこそ、壊れたキャラクターが生きる図式がよく出来ていた
しかし、ストーリー的には全12話で中途半端に終ってしまう。
原作が終わっていないから仕方ないのかもしれないが
「俺達の戦いはこれからだっ!」的な感じになっており、消化不良で終わってしまう。
ただ、最近のアニメらしくエロさもかなり含まれている。
戦闘中はぶるんぶるん!と女性キャラクターの胸が揺れ、下着も見せ放題(苦笑)
まあ、ある種、エログロという感じで世界感には混じっているが
1クールという尺と資料率を稼ぐために過剰に演出している箇所もあった。
そこは賛否両論が分かれる場所だろう。
しかし、この手のアニメは珍しい。
全話にわたって緊張感があり、最後まですんなり見ることが出来たが
中途半端なラストになっていることが非常に残念。
こういう形のアニメ化ではなく、原作ストックがたまったら2クール・・・
もしくは、オリジナルのラスト展開に持っていくことも出来ただろうに。
最近のアニメにありがちな、とりあえずアニメ化した。という風潮を感じなくもない
声優、作画のクォリティなど素晴らしかったのに様々な部分で損をしている作品です。
2期があるならば期待したい作品ではあります。
個人的には毒島先輩の「濡れるッ!」宣言が・・・w
いろんな意味で印象に残った作品です。

スポンサーリンク