うーさーのその日暮らし

評価/★★★★☆(61点)

うーさーのその日暮らし [Blu-ray]

制作/サンジゲン
監督/山田豊徳
声優/宮野真守,小澤みのり,長宗春佳ほか

あらすじ
黄色い謎の生物うーさーとりんたちとの、ほのぼのとした自由気ままな日常。

スポンサーリンク

私達の業界ではジト目はご褒美です!ハーッハッハハハ!!

原作は1コマ漫画という珍しい形式のもので単行本化もされている。
アニメ自体はニコニコ動画などで放送された1話4分ほどの短編アニメ

基本的なストーリーはコメディ。
ンターネットに生息する謎の黄色い動物「うーさー」
彼はうさぎのような可愛らしい外見をしているが、
実は欲望に溢れた生物でありいい声をしている。
彼の自由気まま日常を描くという感じだ

見だして感じるのは「あれ?これサンリオキャラ?」と感じるほどのデザイン。
ハローキティの隣にいてもおかしくないキャラデザの数々は、かわいしくカラフルだ。
そんな外見をしたキャラが「シュールな日常」を送っていることが
ギャップという笑い繋がっている。

女子高生のパンツを覗くために階段に踏まれるのを覚悟で横たわる、
タイツとストッキングとニーソと生足の夢を見たりと
そんなキャラを「宮野真守」さんが演じていることで余計にシュールさが増している(笑)

1話や2話の段階ではそこまで面白さを感じない。
だが、話が進めば進むほど妙にはまって行く面白さも在り、
見れば見るほど「うーさー」の魅力に取り付かれていく。
何か作業をしながら見ていると、いつのまにか画面の方に集中してしまう
そんな魅力のある作品だ。

作画に関しては短編アニメなどで殆ど動かない。
だが、サンリオ的なキャラクターがちょこちょこと動くさまは可愛らしく
たまに女性キャラがリアルな作画になるなど決して手抜きではない感じだ。
リアルな作画は若干エロさすら感じる(笑)

ネタに関しても序盤はうーさーのキャラの掘り下げでクスクスットした笑いだが
4話あたりからネタがどんどん加速していく。
1話の中で話が複数描かれていることもあり、飽きさせない。
前半の話が普通でも後半に入った瞬間にいきなり笑わされるなど
不意打ちされるような笑いが多かった印象だ。

宮野真守さんが演じたキャラのパロディもあり、
銀河美動物、加速装置、鳳凰院凶真などなど(笑)
宮野真守さんの出演作品を知っているなら思わず笑ってしまう。

全体的に見て謎の中毒性のある作品だ。
可愛らしキャラの制服至高話や若干毒のある女性キャラが送る
シュールな日常は見れば見るほどハマってしまい
あっというまに全話見終わってしまう。
1クールしかやっていないのが非常にもったいない、
もっとガッツリ見てみたいとすら感じる作品だ。

短い尺であることを生かし余韻のあまり残らないストーリーを展開し、
いい声の不思議な動物のシュールな日常という点に絞っており、
余計な要素を入れずにすっきりと面白い作品だ。
2期があればぜひ見たい。見終わった後に全12話では物足りなさすら感じる。
原作の1コマ漫画はストックがまだるようなので
定期的にアニメ化されることを期待したい。