あいまいみー ~妄想カタストロフ~

評価/★☆☆☆☆(12点)

スポンサーリンク

悪ノリしすぎちゃいました(・ω<)

原作は4コマ漫画な本作品。
2013年に一期が放映され、あまりのカオスさに話題になった
本作品は2期。

見出して早々やってくれる(笑)
あいまいみーといえば「やりたい放題」「シュールギャグ祭」「視聴者無視」なカオスな作品だ。
多くの視聴者が2期を望みつつも同時に別に2期がなくてもいいと思っていたはず、
それほど「アク」が強く「毒気」が強く、好みが分かれる作品だ。

そんなあいまいみーの2期の1話。もう意味がわからない(苦笑)
漫画家を目指す「あい」「まい」「みぃ」の3人の日常物語なのだが、
そんな本筋を無視していると思わせつつファンタジーな世界観で
メインの3人を映さずに使い捨てのサブキャラクターで話が展開していく。
話的には一応、漫画の話をしているのだが、頭に入ってこない。

カオスすぎる、やりたい放題すぎる内容は「安定」しているといえば聞こえがいいが
話をきちんと理解するためにもう1度見ないといけないほどカオスになっており、
見ている側に一切予想できない展開を繰り広げている。
だが予想できないというよりは「理解できない」展開になっている場合も多く、
一期よりもかなり「カオス」度合いは強い。

2期を見た後に一期を見返すと不思議と一期のカオス度合いがちょうどよかった事がわかるほど
2期ではやりたい放題しすぎている部分が多く、ゴチャゴチャしすぎた感じが強まっている。
たしかにシュール過ぎるネタの数々は面白い、面白いのだが
1期に比べるると慌ただしさが強すぎて笑いに繋がっていない部分が大きい。
例えは悪いかもしれないが、1期は散らかった部屋だったのが
2期はゴミ屋敷になったような感覚だ。

その中から「面白さ」を見つけるのがより困難になっており、
1期よりも人を選ぶのに1期よりは笑いが強くない。
色々なネタを詰めあわせて1話を構成している場合も多く、詰め込みすぎていてまとまりがない。
一期は最低限の「ストーリー」があったからこそカオスな部分が際立ち
人こそ選ぶものの面白さにつながっていたが、
2期では「ストーリー?なにそれ?」と最低限の礼儀を忘れたアニメになってしまっており、
ただ、ネタを詰め込んだだけの作品になってしまっている。

1期は視聴者が「えぇぇ!?!?そんな展開になるの!?」という驚きがあったのだが
2期の場合はただカオスなネタを見ているだけの気分になる。
この作品にある程度の理解がある方しか2期を見ていないと思うが、
そんな理解のある方でもあまりにも詰め込み過ぎたカオスネタの数々は消化しきれない。

全体的に見て視聴者を無視しすぎた作品だ
1期と同様にカオスなネタ自体は面白いのだが、
その見せ方が1期はきっちりとカオスなネタを勢いで誤魔化すのではなく見せていたのに対し
2期ではカオスなネタを勢いのまま見せてしまっているせいで
見ている側に「面白さ」が伝わらず、結局笑わないまま終わってしまう場合が多くなってしまった

特に前半はその傾向が強く、後半は一期のようにじっくりと見せる話もあったが
1期以上に好みの分かれる作品になってしまったといえるだろう
後半からは一期のようなストーリーとカオスなネタで見せる
「あいまいみー」らしい話が多かっただけに、序盤は制作側が悪ノリがしすぎた感じも強い
この作品らしい悪ノリともいえるのだが、その悪ノリな前半を消化しきれるかどうかで
この作品の面白さが変わるかもしれない。

個人的には1話から5話あたりまでのカオスさにちょっとついていけなかったのだが、
8話辺りから笑ってしまう内容も多かった。
序盤で見るのをやめてしまった方は中盤から見てみると面白いと感じるかもしれない
ただ、1期に比べると評価はオチてしまう作品だった

3期は・・・あるのだろうか。
もういっそのこと劇場アニメ化したほうが面白そうだが、
1時間以上のこの作品を継続して見るのは厳しいかもしれない(苦笑)