「ゾンビランドサガ」レビュー

スポンサーリンク
青春

評価 ★★★★★(82点) 全12話

あらすじ 2008年4月、アイドルを夢見る少女・源さくらは、東京のアイドルオーディションを受けようと決意し、郵送する申請書を片手に登校しようと自宅を出た途端、軽トラックに跳ねられてしまう。引用- Wikipedia

スポンサーリンク

ゾンビだってアイドルです!

本作品はTVアニメオリジナル作品。
監督は境宗久、制作はMAPPA。
監督名にピンと来ない方も多いと思うが、
「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」などを手がけた方だ。

終わりという名の登校


引用元:ゾンビランドサガ 1話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

アニメにおける登校シーンといえば1話の冒頭の定番だ。
パンをくわえて走り去り、曲がり角で誰かとぶつかったりと、
「登校」という要素そのものが始まりを期待させるからだろう。
しかし、この作品の場合、終わりである。
家からいってきますと飛び出た瞬間、主人公は死ぬ(笑)

玄関を出てすぐに車に引かれて死んでしまうというのは斬新な始まり方であり、
これで「異世界」に転生でもしたら、最近流行りであるなろう系でしかないが、
この作品の場合は「ゾンビ」になってしまう。

アニメにおける「ゾンビ」は大抵が倒すべき敵だ。
例外といえば「さんかれあ」だが、あの作品は外見上は人間にしか見えない。
しかし、この作品は「見た目」も完璧にゾンビだ。
肌は青白く、額には轢かれたときの傷がある。
完璧なゾンビの肉体として蘇える。

見た目が完璧なゾンビな主人公、これだけでこの作品の面白さを感じさせる。

アイドル


引用元:ゾンビランドサガ 2話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

この作品はなんとアイドル要素まである(笑)
おどろおどろしい、いかにもなゾンビ映画のような展開を見せておいて、
彼女たちを蘇らせた「巽 幸太郎」というキャラのアクの強さに
この作品がギャグアニメであることを実感させてくれる。

死んでしまった若い女性をゾンビとして蘇らせ、
存在自体が風前の灯な佐賀を救うためにアイドルとして活動させる。
もはや支離滅裂だ。
「巽 幸太郎」の説明セリフを聞いても納得など出来ない、
主人公も納得出来ないのだから当たり前だ。

アイドルをやるうえで当然、1人では出来ない。
維新の花魁、天才子役、昭和のアイドル、平成のアイドル、ヤンキーと
生きてる時代も違えば年齢も違う人間がゾンビとして蘇る。
下は12歳、上は29歳という年齢の幅が広すぎるアイドルグループだ。
もはや、このヒロインたちの設定だけで面白い。

そこに「ゾンビ」の要素がたされるとどうなるか。
この作品の肝はまさにそこだ。1話の期待感の上げ方は素晴らしく、
この作品の1話を見て続きが気にならないという人はいないだろう。
これほど先の展開がいい意味で読めない作品は久しぶりだ。

ゾンビ


引用元:ゾンビランドサガ 1話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

1話の時点で彼女たちは主人公を除いて自我に目覚めていない。
そんな状態で強制的にアイドルとして活動させられる、
最初の曲は「ヘヴィメタル」だ(笑)

音楽に合わせて関節や筋肉の制限などを一切無視したヘドバン、
ゾンビが上げる「うめき声」という名の奇声、
ヘヴィメタルという曲だからこそ許される行為がゾンビの動きや声そのものであり、
ゾンビとヘヴィメタルがここまで親和性があるのかと驚かされる。

しかし、彼女たちはゾンビだ。
少し引っ張れば腕はもげてしまい、目玉だって外れる、頭だって外れる。
ゾンビである事がバレてはいけないという制限がある中での、
日常やアイドル活動の数々が「ギャグ」になっている。

それぞれのキャラの癖が強く、ばらばらでまとまりがない。
更に「ゾンビ」である彼女たちは前途多難であり、
その前途多難の中でその話に合わせた曲が披露される。

1話は本能のヘビメタ、2話は魂の叫びのラップ、
3話でようやくアイドルっぽさを少し感じる曲になる。
ゾンビなアイドルな彼女たちには曲調の縛りなんて一切ない。
自由に歌う彼女たちの曲が素直に面白く、魅力のある曲ばかりだ。

残念CG


引用元:ゾンビランドサガ 3話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

ただなぜか3話以降のライブシーンは3DCGを使ったものになってしまう。
明らかにCGです!と分かってしまうクォリティの低いCGは残念でしか無く、
せっかく1話と2話の作画は3DCGを使っていないのに、
アイドルとして形になってきた所でのライブシーンでいきなり3DCGになるのは
本当に残念だ。

フル3DCGのモデリング自体のクォリティはそこまで悪くはない。
だが、序盤でキャラクターたちが歌い踊る舞台が、
他のアイドルアニメのように「ステージ」ではないというところも大きいのだろう。
アリーナやホールなどのライブ会場できらびやかな演出もあれば、
この作品のCGの質でも違和感は感じなかったかもしれない。

しかし、彼女たちはあくまでご当地アイドルであり、歌い踊るのは「佐賀」だ。
路上でのゲリラライブだったり、宴会会場だったり、
どこか「田舎っぽい」背景と3DCGのキャラたちが合わずに、
浮いてしまっている。

それゆえに中盤以降の大きな舞台でのCGはそこまで違和感を感じなくなる。
ただ動きの硬さは顕著であり、練習風景や序盤で3DCGではない作画の
ライブやダンスを見てしまってるからこそ、3DCGを使ってしまったのが
残念でならない。

アイドル


引用元:ゾンビランドサガ 4話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

この作品は意外にアイドルものとしてもきちんとしている。
毎話のように新曲が披露される中で、
最初はうめき声と奇っ怪な行動しかできなかった彼女たちが、
自我に目覚め疲労を感じない体だからこそ徹夜で練習し、
徐々に「アイドル」として形になっていく。

この部分だけ切り取るとベタなアイドルものだ。
しかし、彼女たちはゾンビだ(笑)
他のアイドルアニメでは絶対にありえない苦難が待ち受けており、
それがきちんとギャグになっている。

最初はゾンビで感情移入すらできないキャラクターたちが、
話が進むと自我を得て彼女たちが仲良くなっていく過程で、
見る側もひとりひとりのキャラクターの印象がきちんと深まり、
アイドル活動、ゾンビとしての苦難、キャラクターの日常、
この3つが積み重なるほど面白くなっていく。

そしてキャラクターの印象が深まり愛着が湧いたからこそ、
シリアスになる終盤のストーリーの面白さにもつながる。

ジェネレーションギャップ


引用元:ゾンビランドサガ 7話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

彼女たちの中には「平成のアイドル」と「昭和のアイドル」が居る。
年齢も違えば時代も違う彼女たちにはジェネレーションギャップが存在する。
普通のアイドルアニメならありえない要素だ。

時代が違うからこそアイドル事情も違う、
かつでは孤高でステージの上だった存在のアイドルだったが、
今やグループでファンとも触れ合う身近な存在のアイドルになった。
そういったジェネレーションギャップをシリアス要素にしている。

どちらの主張も正しい。
キャラクターのわがままや悩みでキャラ同士が喧嘩をするわけではなく、
「ジェネレーションギャップ」で喧嘩をする。
ゾンビな彼女たちだからこその新しい要素だ。

これでキャラクターが考えを変えるならば、よくある成長物語なのかもしれない。
しかし、この作品の場合は貫く。
平成のアイドルは平成のアイドルらしく、昭和のアイドルは昭和のアイドルらしく、
この作品はキャラクターの成長を描く角度が少し違う。
「個」を貫くアイドル像は今やこのアニメくらいでしか見られないかもしれない。

だからこそ感動できる。
7話の昭和アイドルと平成アイドル、互いの問題を乗り越えた先のライブは
ビリビリとしたものを感じさせてくれる、
アイドルも痺れ見てる側もしびれる、バチバチなアイドルライブなど
他のアニメでは絶対に見れないライブシーンを作り上げている。

死因


引用元:ゾンビランドサガ 8話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

彼女たちはゾンビである。当然死んでいる。
しかし「どうして死んだのか?」というのは主人公以外明かされていない。
話が進む中で彼女たちの「死因」が明らかになる。

ゾンビになっても残る「体の傷」は死因そのものを表しており、
最初はただのゾンビ風な傷のデザインかと思った傷が、
傷そのものに意味をもたせている。
それに気付き、キャラクターの死因と過去がわかると
より一層キャラクターに愛着が湧く。

最初は出落ち感すら感じていたゾンビアイドルという要素の掛け合わせに、
見れば見るほどはまって行く感覚だ。
ギャグな死因のキャラクターも居るのだが、その後に描かれるストーリーのせいで
それぞれのキャラにきっちり感動できてしまう。

巽 幸太郎


引用元:ゾンビランドサガ 11話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

この作品の狂言回したる存在の巽 幸太郎。
彼は彼女たちをゾンビとして復活させ、佐賀を復興させようとしている。
ふざけてるように見えて彼の熱意はすさまじく、時折彼女たちの背中を押す。
彼がどんな手段で彼女たちをゾンビにしたのかは作中では明かされない。
彼が「なぜ」彼女をゾンビにしたのかはふわっと語られる。

この作品で回収されない伏線は多い。
特に最終話で更に「思わせぶり」なシーンを追加しており、
明らかに2期を匂わせている。言い方を悪くすれば投げっぱなしだ。
だが、それを投げっぱなしと感じずに「2期が早く見たい!」と
感じさせる面白さがこの作品にはあり、
最終話はきちんと区切りをつけている。

ゾンビだからこそできるライブだ。
「生」がないからこそ不死身に近い体だからこそできるライブ、
これぞ「ゾンビアイドルだ」と言わんばかりの最終話のライブは、
ある種ギャグでもあるのだが、それを貫き通し見てる側に
熱いものを感じさせてくれる作品だった。

総評:新しいアイドルアニメ


引用元:ゾンビランドサガ 12話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

全体的に見て斬新な作品だった。
アイドルアニメという擦られまくったジャンルに、
「ゾンビ」というテイストをたすだけでここまで先が読めず、
ゾンビであることを活かしたギャグとゾンビであることを活かしたアイドルシーンを
1クールたっぷりと見せつけられたような作品だ。

一人ひとりのキャラクターをきっちり掘り下げ、
一人ひとりのキャラクターの印象がしっかり残り愛着が湧く。
個別エピソードのないキャラクターはいるものの、
それでもきっちりとした存在感がある。

最初は可愛さなんて感じなかったゾンビなキャラクターたちが、
1クールの中できっちりと「アイドル」としての魅力を徐々に出し、
最後にはこれぞゾンビアイドルだ!と言わんばかしの展開を見せてくれる。

癖の強い「巽 幸太郎」の過去や2期への伏線を貼るラストは、
2期があるならば決して投げっぱなしではない。
これで3年経っても5年経っても2期がないなら評価を下げるが、
2期に強い期待をこめてやや高い評価をつけたくなる作品だった。

個人的な感想:面白かった…けど?


引用元:ゾンビランドサガ 12話より
©ゾンビランドサガ製作委員会

1話から7話までの流れはほぼ完璧に近かったと思う。
ゾンビとアイドルの融合、ギャグとシリアスのバランス、個性豊かな曲。
ただあくまで個人的には9話~11話あたりのシリアスが
前半から中盤までの話と比べると少しだけ面白さに欠けた。

その分、最終話の貫き通した感じは気持ちよかったのだが、
このあたりは好みもあると思うが、ギャグが終盤になると
極端に減ってしまうのはやや残念だった。
ゾンビギャグがもっと見たかったという私のただの願望だ(笑)

2基があるならばぜひ見たい、いや、2期をやらないとダメだろう。
あの最後の思わせぶりなシーンは2期をやらなければ意味がない。
いっその事、映画でもいい。いや、むしろ映画がいい。
この作品を巨大なスクリーンでぜひ味わいたい。

ひしひしとそう感じさせる面白さのある作品だった

ゾンビランドサガ SAGA.1 [Blu-ray]
エイベックス・ピクチャーズ (2018-12-21)
売り上げランキング: 1

コメント