乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪感想

☆☆☆☆☆(5点)

乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪感想

制作/ディオメディア
監督/名和宗則
声優/羽多野渉,能登麻美子,後藤麻衣,佐藤利奈ほか
全12話


あらすじ

白城学園に通う綾瀬裕人のクラスメイトである乃木坂春香は容姿端麗・才色兼備な深窓の令嬢であり、「白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)」・「鍵盤上の姫君(ルミエール・ドゥ・クラヴィエ)」など、数多くの美称を持つ学園のアイドルである。だがある日、裕人が親友の朝倉信長の代わりに図書室に本を返却しに行った際に彼女の秘密(アキバ系であること)を知ってしまい、それがきっかけで裕人と春香の「秘密」の関係が始まる。

どこまでも引き伸ばすぜ!たとえどれだけ薄くなろうとも!

乃木坂春香の秘密のアニメ化作品の2期目。
今期では前期に比べてエロ描写が増えて、ラブコメ的要素が強くなっている。
さらに肝心の「乃木坂春香の秘密」はどこかに行ってしまった作品です。
基本的なストーリーは相変わらず。
一期を見ていないとストーリーやキャラクターの関係性はわからないので
一期を見ていることは前提だが、ノリ的には前期よりも軽くなり
作画の若干の向上も手伝ってセクシーシーンにも磨がかかっている
ただ、本作品は本当に何がしたいんだろうか?
根本にある乃木坂春香の秘密は一期のレビューでも書いたように、
上辺だけのオタク要素で、前期よりも秘密が公になるような自体はほとんどなく
秘密とかそういうのは関係なしに、ただのラブコメになってしまっている。
ただ、ストーリー的には典型的なラブコメ的ストーリーであり、
春香や一期から登場してるヒロインたちと主人公を中心とした話は
前期を楽しめたなら、楽しめるストーリー展開にはなっている。
特に春香や美夏や椎名は可愛さを感じられる内容になっているのは前期よりも評価できるだろう
美香の場合「みっかみっかにしてあげる」というセリフは素直に可愛かった
しかしながら、増やしすぎた無駄なキャラクターのせいで
せっかく前期より高く評価できそうな部分を台無しにする。
ただでさえ、一定以上のキャラクターが揃っており十分なはずなのに
本当に登場する必要があるのか?と思うキャラクターが勢揃い。
話を伸ばすためだけに無駄にキャラクターを増やし、
話を伸ばすためだけに無駄にサブキャラクターメインの話を展開する。
何のためにあんなにメイドを増やしたのか?何のためにあのワガママ令嬢を出したのか?
何のためにアイドルなんかだしたのか?
答えは1つしかない「話を引き伸ばすため」だけにだ。
これが一期の段階で勢ぞろいしているならハーレム系として、
受け入れられる要素ではあるが、2期の段階である程度話が進んでいる状態で
キャラクターをどんどん増やす手法は引き伸ばし以外の何ものでもない。
個人的に見ている最中、キャラが増えるたびにイライラが募りました
特にあのアイドルのスカウト・・・本当になんであんなストーリーになるか謎だ
面白くないだけならまだいいが、イライラさせるほどの破壊力がある。
あのアイドルのスカウトは余計すぎるキャラクターと言えるだろう。
無理矢理過ぎるというか、主人公と春香を騙し春香を強引にアイドルにしようとする
文章だけだとイライラが伝わらないのが非常に残念だ。
あのキャラクターの全てが見ているこっちをイライラさせる原因だ
本当に春香の父親に切られるぐらいされないと、こっちの気持ちもすっきりしない
二人の中を深めたいなら、よりどりみどり既存のキャラクターを使ってできたはずだ
これもアイドル話という本筋と全く関係ないストーリーをまるでメインのように展開し、
ストーリーを無駄に引き伸ばすためだけの要素にしか過ぎない。
まったりラブコメだけ展開していれば、キャラ物としてそれなりに評価もできるが
その評価すらさせない無駄なストーリー展開。
最終的に1話から最終話まで見ても、主人公と春香の関係性は少ししか変わらず。
これできちんと話にケリがつき、きっちりと終わらせれば評価は若干上がったかもしれない
あのイライラも素敵なラストで終わればすっきりしたかもしれない
しかし、この期に及んでまだ終わらない。
まだキャラクターを増やし、まだストーリーを引き伸ばすんでしょうか?
どんなに美味しいインスタントラーメンでもお湯を入れすぎたら美味しくない。
通常500mlのお湯なのに2Lくらいお湯を入れたような作品です。
ふやけて美味しくなくなった麺の上にさらにお湯を追加したような展開は
食えたものじゃないとしか言えないだろう
この作品が1クールないし、
2クールできっちりとまとまり結末が付いていれば評価は幾分か違っただろうが、
正直3期があっても見たくはない。
この作品で私が評価できるのは豪華な声優陣だけだろう。
しかし、何故か今期で追加されたうちの二人のキャラクターが
両方共釘宮理恵さんなのはなぜなんでしょうか?
キャラクター的にはあってると思いますが、
最初に二人目の釘宮理恵さんが出てきたときは「あれ?同一人物なの?」と混乱を招くだけでした
他にもサブキャラの中で何役もこなしている人もいたり、
ただでさえキャラクターが多い状況で同じ声優を使いまわす。
この点はこの作品を作品本来の魅力ではなく、
声優で惹きつけようとしているというのが眼に見えてしまい
声優に対する評価も付けづらい状況になってしまった
全体的に一期よりひどい。
前期から登場しているキャラはさすがに2クールもやっているので
感情移入もでき、可愛さも一気に比べればかなり増している。
しかし、その可愛いさも大量の新規キャラやムダでイライラするアイドル話のせいで台無しだ
ある意味、原作通りにやってこんな内容であればエロ要素やパロディなどの声優要素を強く押し出した
制作の気持ちも読み取れないくはない。
個人的にはまったくおすすめできない。
楽しんだり、笑ったり、ニヤニヤしたり、癒されたり、悲しんだり、時には涙を流したり。
そういう娯楽作品であるアニメという媒体において
イライラさせる、それも長時間のイライラはアニメという媒体において誰得?といえる作品だろう。
ただある意味、これだけイライラさせる作品も珍しいので
普通のアニメに飽きた方は逆にイライラがいい刺激になるかも・・・しれない?(苦笑)
言い出したらきりがなくなってしまう作品です。