ONE PIECE エピソードオブナミ ?航海士の涙と仲間の絆?

評価/★★☆☆☆(29点)


ONE PIECE エピソード オブ ナミ 航海士の涙と仲間の絆 [DVD]

制作/東映アニメーション
監督/所勝美
声優/田中真弓,岡村明美,中井和哉ほか


あらすじ
本編とも大きく関わりを持つナミの故郷のエピソード!
土曜プレミアムで放送された、エピソード・オブ・シリーズ第3弾完全新作!
「ワンピース エピソード・オブ・ナミ~航海士の涙と仲間の絆~」が早くもBlu-ray&DVDで発売決定!
ルフィと仲間たちの絆、そして感動の涙を再び! !




スポンサーリンク

総集編は賛否両論


本作品はワンピースのTVスペシャル版。
TVスペシャルとしては5作品目。
エピソードアラバスタ、エピソードチョッパーに続く総集編の作品となっており、
本作はナミが仲間になるまでの「アーロンパーク編」を描いている
尺が2時間と映画よりも長いストーリー構成になっている

基本的なストーリーはアクション。
海賊王になるために海へ出たルフィ、彼は道中で数々の仲間を得た
そんな仲間の1人、ナミが唐突に裏切り「アーロンパーク」へ帰ってしまった
ルフィ達はナミを取り戻すために「アーロンパーク」へと赴くという所から
ストーリーは始まる。

序盤はやや早足だ。
ストーリー的な改変をほとんどしていないためテンポよくしなければ
2時間の尺では厳しいというのはわかるが、序盤のテンポの良さは
「ワンピース読んでない奴はついてくるな」と言わんばかりの速さだ
しかし、そのテンポの良さはストーリー全体に生きてくる。
物語全体がサクサクサクと進み、ナミの事情と過去が明らかになっていく
2時間という長さを感じさせないほど良いテンポだ。

だが、テンポが良すぎて「間」のとり方が微妙だ。
特に名台詞と呼ばれている数々が「アーロンパーク編」では多いが
その名台詞がサラッと流れてしまうため、台詞の重さが軽くなっており
本来なら印象深いシーンのはずが、あまり印象に残らないシーンになっている。
テンポが早すぎるの問題だ。

しかしながら、本筋のストーリーはいい。
ルフィの仲間と認めたら何が何でも信じる芯の通った信念と
そんなルフィに対して助けを求めるナミ。
絞りだすような声での「助けて」という台詞は重く心に来る台詞だ

全体的に見てテンポが速すぎるものの
ストーリー自体は2時間できっちりとまとめている。
だが、削ったシーンなど原作ファンならば気になる所も多いだろう
実際放映直後に色々と物議していたので詳しくは検索すると出てくる
(特にルフィが海に落とされかけるシーンは原作ファンからすれば微妙だろう)

ただ作画能力はTVアニメで放映された時よりも向上しており、
特に戦闘シーンや細かい作画など前に放映されたものよりは見やすく、
最近の作画になっている。
特に「アーロンパーク編」は当時作画崩れが目立っていたストーリーなだけに
今回のリメイクは作画的には正解といえるだろう。
しかしながら、同じリメイク作品の「エピーソードオブチョッパー」と比べると
物足りなさを感じてしまった作品だった。

この調子で他のメンバーのエピーソードもやるのだろうか???
長い作品なだけにこういう作品があると新規ファンにとっては嬉しいかもしれないが
納得の行く出来栄えにしなければ既存ファンが怖い(苦笑)

スポンサーリンク