ゆるゆり

2012年9月18日

評価/★★★☆☆(55点)/全12話
ゆるゆりvol.1(OPテーマ生徒会ver+音声ドラマ入りCD&ピンコレ第1弾あかりPIN、ちなつPIN付き)【初回限定仕様】 [DVD]

あらすじ
笑われればいいと思うよ。旧・茶道部の部室を不法占拠して勝手に「ごらく部」の活動
(といっても特に明確な活動はなし)を続ける4人組。それに目をつけ、ちょっかい(?)を出し続ける「生徒会」。
愛が溢れまくりで明日から元気に生きていけること請け合いのまったりストーリー。

スポンサーリンク

アッカリ~ン

原作は4コマ漫画な本作品。
連載しているのは百合専門の「コミック百合姫」という雑誌。
私はもちろん原作未読
2012年には2期放映された

まず見出して気になるのは声優さんの演技。
主要の娯楽部面々は主に新人声優が配役されており、
正直序盤はきつい、慣れるまでは、かなり棒演技で3話あたりまでは慣れづらく
こういったキャラクターの可愛さに主軸をおいた作品に置いて
声優さんの演技力がかけてしまうのは残念だ。

特にフラクタルではメインヒロインだった津田美波さんは
フラクタルで経験を積んだはずなのだが、きつい。
更には大坪由佳さんも今回でデビューなだけにかなり演技力に欠け、
他の新人二人と比べても、この二人はきつい。

また、主要の4人以外を新人ではなく、きちんとした声優さんたちを起用しており
それだけに圧倒的な「差」が出てしまう
原作のあるアニメなら特に、原作との大きな違いである「声がつく」という点に置いて、
なぜここまで新人さんばかり主要人物に持ってきたのか謎で仕方ない。

作画の質やサブキャラの面々にきちんとした声優さんを起用してるなど、
予算が無いようには見えない。
業界の事情があるのかもしれないが、すっきりしない感じは残る
主要4人に関してはせっかくのカワイイキャラやセリフの魅力が
5割しか出していないようなモヤモヤしたフラストレーションが残ってしまった

基本的なストーリーは日常物。
女子校を舞台とし、娯楽部に入っている4人を中心とした日常を描く
またタイトル通り淡い「百合要素」もあり、女の子同士のイチャイチャや恋愛など
濃ゆい百合要素ではなく、ぎりぎりガチ百合ではない所で
踏みとどまっている感じなので同性愛系に苦手意識のある方でも問題はない
中学生で女子中という年齢と設定だからこその淡い同性愛要素という感じだ

日常+百合的要素を入れたストーリーを軸にしており、
可愛い女の子同士の会話とユリンユリンなイベントの数々は
ニヤニヤっとしてしまう話が多い。
テンポの良さもあってダレをかんじることなく百合女子校生たちの日常を楽しめるが、
この「ゆるゆり」の代名詞ともいえるのが主人公の陰の薄さだ。

話が進むごとに「でない」「不遇」など
本当に主人公なのか疑うキャラ性であり珍しいのだが、
肝心の主人公が「百合」ではないのがそもそもの原因だ。

その他の3人が多かれ好かなかれ百合要素を含んでいるが、主要人物の一人が蚊帳の外で
主人公?である「あかり」というキャラを持て余しているようにも感じた。
だが、後半からは逆にその持て余した要素を生かし
出ない主人公という位置づけにしているのは好感が持てた

また、その主人公が所属している「娯楽部」というのも非常に謎
そもそも「娯楽部」は廃部になった茶道部の部室を占拠して団欒しているだけで
特に意味はなく、普通の設定でよくある部活としての設定の意味をなしてなく、
なんのための「娯楽部」なのかがよくわからない。

普通に「茶道部」でよかったんじゃないだろうか?
特色のない部活設定は、無駄な設定にしかずぎず、
「娯楽部」が物語の中できちんと役だってないのが、残念でならない。

恐らく私は原作を読んだほうが高い評価が出来るかもしれない。
新人声優さん達による演技は4話あたりで慣れはするものの、
キャラ本来の魅力を100%以上引き出しているとは感じず、
日常ものだけに、話に当たり外れもある。
原作が4コマだけにハズレの話の場合でも「すらっ」と読めてしまう利点がある分、
アニメという自分のペースでストーリーを見れない媒体ではキツイ。

全体的に見て作画や演出はいいのだが、序盤の脚本や新人声優など
気になる点もかなり多い。
後半からは声優にもなれ、百合要素も増えニヤニヤ出来る展開も増えと
面白みが増してくるのだが、その分序盤の躓きが痛かったと言える。

しかしなはがら、ゆるい百合要素と女の子同士のいちゃいちゃは
がっつりな「萌え」やがっつりな「エロ」こそないものの
ニヤニヤしながら楽しめる作品に仕上がっている。
萌えアニメ、というよりは日常アニメに近い作品といえるだろう

一期はこのような評価になってしまいましたが、2期になればもしかしたら
もっと高い評価のできる作品になるかもしれません。
2期に期待したいと思います。

スポンサーリンク