みなみけ ただいま

評価/★★★★★(80点)


みなみけ ただいま 2 [Blu-ray]

制作/feel.
監督/川口敬一郎
声優/佐藤利奈,井上麻里奈,茅原実里ほか


あらすじ
元気でトラブルメーカー的存在の馬鹿野郎日本代表、次女の夏奈。毒舌だが実は姉が大好きな三女の千秋。そんな妹たちを笑顔で見守るしっかりものの長女、春香を中心としたほのぼのストーリー。




スポンサーリンク

これぞみなみけ。これぞ日常アニメ。


原作は漫画な本作品。
みなみけとしては4期にあたる作品で前期から制作会社や監督が変更されている。
声優さんなどに変更はない。

4期・・・いや実質3期の本作品だが、前作からなんと4年も経っている。
そのせいか1話冒頭で「軽く」メインのみなみけ三姉妹の紹介が入った
コレに関しては新規の視聴者も居ることを考えると非常に好印象だ
また、その後に流れる「OP」で「M I N A M I KE」という1期のOPを彷彿とさせる
フレーズが流れたあと、4期のOPが流れる。
あぁ、みなみけが帰ってきたとわずか3分足らずで実感させてくれる。

ストーリー的には「みなみさん家の三姉妹」とその友人たちの日常。
コレ以上でもこれ以下でもない。
ドーナッツをとり合ったり、他愛もない会話をしたり
本当にこれぞ日常と言わんばかりのストーリーを展開する。
だが、その何気ない日常を魅力あるキャラクターが展開することによって
何気ない日常を楽しむことの出来る内容になっている。

この4期の特徴は「1期」の雰囲気を参考にし、
更に4期の特徴を入れて「1期」で気になった部分を排除し
飛躍的にアニメとして面白くなっているということだろう。

例えば1期を参考にしたと感じる「先生と二宮くん」ネタの復活や
1期で描いたストーリーを回想シーンで入れたり、
1期で1度やったネタを知っていれば楽しめる部分があったりと
「みなみけ」の中で1番評価の高かった1期をきっちりと参考にしているのが伺える。
そこにきちんと4期ならではの要素を入れている。

例えばストーリーとストーリーの間に挟まれる2等身キャラによるミニストーリー。
みなみけは複数のストーリーを1話の中でやるということが多いが、
その話と話の間で1分ほどのミニストーリーを展開し、
ストーリーにメリハリを付け、次の展開への切り替わりをリズミカルにしている。
いわゆる「ダレ」というのが話の中で一切ない。
日常ストーリーなだけに演出や声優さんの演技1つでダレや面白みが分散してしまうが
この作品は「ダレ」を一切感じさせず小気味よくストーリーが心地よく進む。

また既存のキャラを上手く使っているのが特徴だろう。
日常ものやギャグ物の場合、話を展開させるために「新キャラ」を
投入するのはよくあることだが、本作品で登場するのはミユキというキャラのみ
このキャラも「がっつり」と物語に入ってくるのではなく
あくまでサブキャラとしての新キャラで、
他は既存のキャラだけでストーリーを展開している

安易に新キャラを出すのではなくキャラ魅力をより深めるため、
純粋にキャラクターとキャラクターの掛け合いと関係性を掘り下げ
各キャラクターの特徴を最大限に生かしたストーリーを展開している。
既に4クールという長い話になっているが、マンネリのようなものを感じない。
話が進めば進むほどキャラクターたちに愛着が湧いていく。
これは素直に凄い事だと見終わった後にひしひしと感じてしまった

気になるのは4期になって「あざとい」エロ描写が増えたことだろう。
メイド服やシスター服などのコスプレ、下着姿や谷間、
何回も映る「おへそ」など直接的なエロ描写はないが
妙にフェチズムをそそられるエロ要素は多い。
ただ突き抜けた感じはなく、あくまで「日常の中の自然なエロ」でとどめている。
コスプレに関してはあざとい感じもあったが許容範囲だろう。

全体的に見て素晴らしい出来栄えだった。
これぞ日常アニメの正しい形といってしまうと大げさかもしれないが、
大きな事件や大きな変化はない、魅力的なキャラクターだけで
日常のストーリーを展開するというストレートなアニメだ。
それだけに面白く、そのストレートな部分をより面白くしようという工夫が見え、
女性キャラクター一人一人が魅力的に見える。

もちろん男性キャラクターも忘れてはならない。
歌いまくりの変態の保坂は相変わらず安定した笑いを提供してくれ、
藤岡は若干新たな一面を見せつつ在り、
女性キャラクターにはない魅力を醸し出している。

ストーリー的にもシリアスなストーリーや、1期から少し気になった
カナの度が過ぎる行動が減ったおかげで見やすくなっており、
正当に進化した「みなみけ」になっている。

1期や3期を楽しめたら確実に4期も楽しめる。
「みなみけ」という作品が好きな方は特に、新規の方でも世界観に入りやすく
1期や3期を見るキッカケにものなるだろう。
新規の方にあえて説明しておくが2期は見る必要はない(苦笑)

見終わった後に本当に「面白かったな~」と感じられる作品だ。
もちろん、この手の日常作品や萌えを感じる作品が嫌いな方はおすすめしにくいが
日常アニメとしての完成度は高い。

5期はあるのだろうか?原作ストックがたまり次第なのかもしれないが
ぜひ同じ制作スタッフでまた制作して貰いたい。
OADは制作が決定しているようなので期待しています。