よんでますよ、アザゼルさん。Z

評価/★★★★★(83点)

よんでますよ、アザゼルさん。Z 評価

全13話
監督/水島努
声優/小野坂昌也,神谷浩史,佐藤利奈,浪川大輔,白石涼子ほか

あらすじ
芥辺探偵事務所で働く女子大生・佐隈りん子。 彼女は雇い主である芥辺に素質を見出され、助手として依頼をこなしていくうちに、「悪魔探偵」という芥辺の裏の顔を知ることになる。

スポンサーリンク

悲しくなるほど笑えるギャグアニメ。くだらなさ、ココに極まり(笑)

本作品は「よんでますよ、アザゼルさん。」の2期。
前作と同じく1話15分枠で放映された
制作、声優などに変更はない

1話始まって早々、1期で死んだはずの「もっさん」がメインのテーマ曲が流れる
更に本編はいきなり「もっさん劇場」というアニメが流れるという
「なんやこれ」と思わずアニメ内のキャラと同じセリフを言ってしまうほどだw
更に1話からしつこいくらいに笑える(笑)

だが、序盤若干問題がある。
1話でいきなり「新キャラ」がおり、雑な説明しかされない
そのキャラもその後、特に出番がなく、あのキャラは何だったんだという疑問が生まれる
「新キャラ」が出る「イソギンチャク編」と言われるエピソードは
内容があまりにもやばする為、この形になってしまったらしいが
特にそのあと出番の無かったキャラだけに登場させる必要があったのかは疑問だ

しかしながら、その後のストーリーはもう、真剣に見るのが馬鹿らしくなるほど馬鹿馬鹿しい。
3話の「痔」の話など、15分に渡って痔の話で見ているだけでおしりが痛くなってくるw
更にその話が前後編の2話構成、30分痔の話だ(笑)
もちろん、悪魔が関わった話ではあるのだがあまりの下らなさと
オチの残酷さにもう笑いっぱなしだったw
このように全話全て、酷くくだらないが酷くてくだらないからこそ笑ってしまうw
マイナス方向にバロメーターが全開に振り切れているような、そんな内容だ

演出面も磨きがかかっている。
ただの「突っ込み」がビルを貫く過剰な演出や何度同じシーンを素早く繰り返したり
しつこいまでの演出だったり、相変わらずのモザイク多用でグロ要素による笑いも多く
下ネタも「バキュン!」という効果音で飛ばしてはいるものの
前期以上にイイ意味で「ひどく」なっており、爆笑してしまうシーンが多すぎるw

更に演出を生かしたネタの危うさ。
コナンや金田一、船越英一郎などのパロディネタなどはギリギリかもしれないが
番組のロゴで隠してはいるものの明らかに男性のモノが描写されており、
笑えるのだが描写としてかなり、かなりギリギリだ(笑)
あの部分がモザイクではなく、番組のロゴだからこそギリギリいやらしさが出ていない
本当にギリギリだが・・・w

ただ明らかにアウトな部分もある。
大人のグッズなどがはっきりと描写されているシーンなども多く、
ネタとしても危ないネタが明るく描写されているからこそギリギリ笑いになっているが
1期はまさに綱渡りだった描写だが、2期では糸渡りのごとく本当に危ないw
逆にここまで危ない内容を描写しているにもかかわらずカットされてしまったという
「イソギンチャク編」はどれだけ危ないんだと気になってしまうw

全体的に見て素晴らしいほどの酷さだ(笑)
ここまで「酷い」という言葉や「下品」という言葉がぴったりな作品はない
規制や世間の目が五月蝿い昨今、やりすぎなくらいのグロ要素によるギャグ、
怒られるのなんて全く気にしていないような下品過ぎるまでの下ねたギャグ、
1期以上に加速しているキャラクターの暴走と他の作品ではできないギリギリなネタの数々
一度見たら「よんでますよ、アザゼルさん。」という作品を絶対に忘れられなくなる内容だ

過剰なまでの動きやグロ要素などの演出でアニメーションとしても
ちょこまかと激しく動きまわる要素はより笑いに繋がっており、
更に声優さん達の凄まじいまでの「熱演」のお陰でより笑える(笑)

この危ないネタとストーリーの数々は
可愛らしい外見の悪魔たちと変態たちだからこそ許容出来る内容になっている。
本当に一歩間違えばアウトな内容、一歩間違えば下品過ぎるネタ、一歩間違えばエロになる
この一歩をぎりぎり踏み外さないのが本当に素晴らしい。
危ないネタを早い喋りで「さらっ」っと言っていたりするのも、その「一歩」の特徴だ
全話全セリフ全シーン、ふざけながら綱渡りをしているような作品だ。

だが、それだけではない。
終盤の「アザエル」関連のストーリーはもう悲しいくらいにアザゼルがダメ悪魔であり、
話が進めば進むほどタイトルにもなっているメインキャラのはずの
「アザゼル」を落としまくるw
ネタの酷さや危うさではなく生々しいまでのダメ悪魔の「キャラクター描写」による
ストーリー展開はもう・・・この世界観や設定、キャラクターだからこそ
悲しくなるほどを笑えるというもはや矛盾している展開になっている(笑)

下ねたや危ういネタも多く、グロ要素もあるため人を選ぶ内容にはなっているが
1期1話を見れば確実に2期の最終話まで楽しめる作品だ。
他の作品にはない魅力をこの作品は存分に秘めている。

まだ3期をやるかどうかはわからないが、こうなると3期が楽しみで仕方ない(笑)
どんどん加速していくネタ、どんどん加速していくキャラ描写、
3期になればどんな危ないネタをどんな演出で見せてくれるのか。
心の底から楽しみだ。

3期、作られることを期待したい。
イソギンチャク編が気になるので原作早速買いたいと思いますw