The内輪ノリ「洲崎西 THE ANIMATION」レビュー

2016年2月13日

☆☆☆☆☆(9点)全12話
洲崎西 THE ANIMATION [DVD]

あらすじ
とある都内の高校の、とあるクラス、同じ日に女子高生が二人同時に転校してきた。面識はなかった二人だが、たちまち意気投合。物語は彼女たちのスクールライフのユカイで楽しい一日を切り取ってお送りする。

スポンサーリンク

The内輪ノリ

本作品は同名のラジオ番組のアニメ化。
洲崎綾、西明日香が出演する番組であり、
その番組のノリをアニメで再現するというコンセプトのアニメだ。
内容的には学園ものになっている。

見だして感じるのは独島なキャラクターデザインだろう。
3頭身くらいのい頭が大きい、クレヨンしんちゃん的なデザインであり、
非常に癖が強い。

更に内容も一応、ギャグアニメ的な感じに仕上がっているのだが、
明らかにラジオ番組の「内輪ネタ」「内輪ノリ」的なギャグが多く、
ラジオを聞いている人ならば伝わるネタもあるかもしれないが、
明らかに「ラジオ番組でのネタなのね」と分かるネタが多く、
そのネタを使っているだけで、うまくギャグに仕上げていたり、
うまくアニメの内容として仕上げているわけではない。

簡単にいえば内輪ネタや二人の声優さんの情報を
そのまま描いているだけだ。
学園を舞台にしたシュチエーションやネタもあるのだが、
それをすぐに内輪ネタにつなげてしまうため面白くならない。

正直言って「TVアニメ」で演る必要性があったのか?と感じてしまう。
例えOVA作品として発売されるなら、この「内輪ネタ」感も
あくまでラジオ&二人のファン向けという作品として割り切れるが、
地上波で放送する内容なのかは疑問な所だ。

全体的に見て二人のファンか、ラジオ番組のファン意外には楽しみにくい作品だ。
洲崎綾、西明日香、両名の楽しそうな感じは伝わるものの、
面白さや笑いにつながっているとは言いがたく、
TVアニメ作品としてはあまりにも内輪ノリが強すぎる作品だった。

あくまでも二人のファン向け、
あくまでもラジオリスナー向けな作品に仕上がっており、
それ以外の人は楽しみにくい。
OVA作品ならばもう少し評価が違ったかもしれないが、
TVアニメ作品としては色々と厳しかった。

個人的には企画自体は面白かったと感じる作品だ。
ラジオ番組の内輪ネタな感じを声優本人をキャラにしアニメ化するというのは
面白い試みではあるが、流石に1クール全12話で作るのは厳しい。

例えば超!A&G+で放送されている人気声優による各番組を
1番組1話15分ほどでアニメ化し、
「超!A&G+ラジオアニメ」のような感じならば各番組の特徴を
1話ごとで楽しむことができ、
ラジオ番組の宣伝と割りきって楽しめたかもしれない。