毎度!浦安鉄筋家族

2016年6月29日

評価/★★★★☆(60点)

スポンサーリンク

16年越しの2期っ!

本作品は浦安鉄筋家族のアニメ化作品、
浦安鉄筋家族自体は16年前にアニメ化されており、今回は一応「2期」となる。
1期は5分ほどの癪だったが2期は更に短く2分。(OPED有り)

見出して感じるのは違和感の無さだろう
原作を読んでいる人ならば「漫画をそのままアニメ化」された感覚が強く
浦安特有の表情の描写やスピード感はそのままアニメになっており
安定した出来栄えになっている。

ただ、はっきりいって尺が短すぎる。
原作を読んでいない人が見ると何の脈絡もなく物語が始まり
登場人物たちが勢いに任せてボケ倒して何が何だかわからないままに終わるだろう
ある程度、この作品に関する「基礎知識」がないと厳しい部分が多い。
特にキャラクター紹介は0に等しいのでキャラに関する知識は最低限欲しいところだ

確かにこの作品はギャグの瞬発力と
キャラクターたちの大げさすぎるリアクションに寄るギャグアニメだ。
だが、あまりにも瞬発力がありすぎて笑う前に終わってしまう場合が多い。
例えとしては悪いが「F1」レースのごとくあっという間だ
参加している車の数=1シーンの中に出るキャラクター数が多ければ多いほど
ゴチャゴチャ感じが強く散らかってしまっている感じが強い。

しかしながら逆にこのスピード感に慣れてくると妙にハマってくる
激しいツッコミと激しいボケを一切の「間」をなく叩き込まれると
ジャブのように見れば見るほど面白さが積み重なっていき、
6話を超える辺りからはこのスピード感に妙にハマってしまう
逆に中盤以降は「間」が大切な話ではテンポは早いもののきっちりと間もとっており、
序盤で感じた欠点は気にならなくなってくる。

更に尺が短いからこそ作画が無駄に良い(笑)
原作を読んだことのある人ならわかると思うが
「顔芸」と流血必須のリアクションシーンの数々を一切手抜きのない作画で描かれており、
ありえない話だがこの作品が劇場スクリーンで流れても全く見劣りしないだろう

この作画力があるからこそハイテンポな展開の中でも
きっちりとギャグが見ている側に伝わり成立している
迫力満載で描かれるギャグアニメだからこそのリアクション数々は強烈な笑いを生んでいる、
背景に実写を取り込む強引さもある意味、この作品らしい(笑)
1期のような10分尺ではここまでの作画の質の高さを保てなかったかもしれない

1つ1つのネタの完成度も素晴らしく、清々しいまでの「ギャグアニメ」だ
トースターで空を飛んだり、墓場で遭難したり、カラスで飛んだり、
文章じゃ全く伝わらないとは思うが、懐かしさすら感じるストレートなギャグアニメは
本当に素直に面白く素直に笑えるはずだ。
荒唐無稽な展開の数々はシュールな笑いすら生んでいる

16年前の1期では「下品」なネタが多く人を選ぶ感じだったが、
2期では下品なネタはほとんどなく、キャラクター同士の純粋な絡みで笑いにつなげている。
安易に「うんこ」や「ゲロ」や「暴力行為」に走らなくなっているのは
時代の変化もあるだろうが、いい意味で見やすさにもつながっている。
逆に言えば16年前のような「エグいまでの下品な笑い」はない。
キャラクターで言えば「国会議員」が出ないのがその象徴でもあるだろう。

全体的に見て1期のような強烈な笑いはなくなったものの
1話2分という尺の短さから生まれる激しいボケと突っ込みの応酬が
この作品らしい「激しい笑い」に繋がっており、
見れば見るほどテンポの早さが癖になってくる。
妥協のない作画で描かれたやり過ぎなくらいのリアクションと表情の描写も
強い笑いに繋がっており、全話見終わった後に素直に面白かったといえる作品だ

ただキャラクター紹介が殆ど無いため、ある程度の前知識が必要だ。
小鉄の夏休みネタ、仁の境遇、あかねちゃんの不幸体質など
知っていないと伝わりにくい話もあり
1話2分なだけに「一見さんお断り」になってしまっているのは残念だ。
話数的にも全25話であっという間に終ってしまい、
もっとガッツリ見たかったな・・・と感じてしまった。

3期をやるならば15分枠くらいで4クールぐらいガッツリ見たい。
本来のギャグアニメの視聴者層である子供向けに
夕方アニメとして30分で4クールほどガッツリと見てみたい気持ちもある。
いろいろな部分で親御さんからのクレームは来るかもしれないが
この「下品な笑い」とストレートなギャグアニメは今の子供にも楽しんで欲しい作品だ

個人的に原作ファンの立場から言わせてもらうなら
大鉄のタバコネタがないのが本当に残念だ。
色々うるさいのは分かるが、タバコネタあってこその大鉄なはずだ
あのタバコ芸の数々を是非アニメで見てみたい。
もう1つ言うならば「24」のジャックさんネタはやはりダメだったのだろうか(笑)

色々と問題点はあるものの原作が好きならば間違いなく楽しめる作品だ。
また16年後に3期があることを信じてBD買いたいと思います(笑)