「うまよん」レビュー

コメディ
スポンサーリンク

評価 ★☆☆☆☆(15点) 全12話

あらすじウマ娘たちがぴょいっと魅せる♪とっておきのひとときアニメ。サイコミで連載中の「うまよん」がポップでキュートなアニメになって動き出す!トレセン学園を舞台に、レースにライブにトレーニング……だけじゃない!?ウマ娘たちのゆるーい学園ライフをキュキュッっと詰めたショートアニメ!いざ、出走です! 引用- Wikipedia

スポンサーリンク

ガチ勢バロメーター

原作は「ウマ娘プリティーダービー」の4コママンガ作品。
本編にも出てきたキャラクターたちがSDになって
ワチャワチャする1話3分ほどの作品だ。
監督は宮嶋星矢、制作はDMM.futureworks/ダブトゥーンスタジオ。

最後尾のスペシャルウィーク


画像引用元:うまよん 1話より
© Cygames, Inc.

1話早々、彼女達の追試から描かれる。
本編では何の勉強をしていたかよく分からなかったが、
一応「国語」などの基本教科を学んでいたらしく、
ウマ娘な彼女達のテストな模様が描かれる。

1期では主人公でもあった「スペシャルウィーク」。
彼女はアホの子である(笑)
テストを解く順番は早くとも結果は最下位、
そんな彼女の意外な一面をクスクスと楽しめる。

1つ1つの話はかなり短く、
1期にも出てきたウマ娘たちが所狭しと画面を暴れまわりながら、
彼女達の日常が描かれる。

毎話の終わりには「ぱかチューブ」と題して
その回に出てきたウマ娘が3Dモデルで登場し、
ヌルヌルと動きながら次回予告をしてくれる。
むしろSDよりも、このぬるぬる3Dで短編アニメが見たかったと
思うほどクォリティの高い3Dモデルだ。

補足


画像引用元:うまよん 3話より
© Cygames, Inc.

1期では掘り下げ不足な部分や、出番が少なかったウマ達、
本編では説明不足だった設定の補足などもあり、
「ウマ娘プリティーダービー」という作品のファンならば
そういう設定だったのかと思う部分や、
1期では見れなかったキャラの一面が描かれることで楽しめる。

「1期」の補足をしている部分が多く、
本編で出番がなかったor少なかったウマ娘たちが
どんどんと出てくるものの「深く」掘り下げられるわけではなく、
大量のキャラのせいで印象に残るキャラクターも
少なくなってしまっている。

はっきりいえばパンチが弱い。
「可愛い」と感じることはあっても爆笑するようなことはなく、
ギャグではなく、あくまで日常アニメとして作られており、
そのせいでひとりひとりのキャラの「インパクト」が薄く、
印象がつかない。

主役


画像引用元:うまよん 5話より
© Cygames, Inc.

1話以降、1期での主人公だったスペシャルウィークの出番が減る。
本作では「主役」となるキャラクターがおらず、
そのせいでこの作品の芯となる部分がない。

なるべく多くのキャラクターを出すためなのは分かるものの、
1話あたり3キャラ以上、1クールで
40キャラ以上のキャラが出てくるのは流石に無理がある。

3分枠ではなく10分枠くらいで3話構成くらいにすれば
1クールでギリギリさばけるくらいのキャラを3分の1の尺に
無理やり収めているような感覚だ。

1期では感じなかった「ソシャゲアニメの欠点」が
ミニアニメになることで如実に現れてしまっているのは
かなり残念な部分だ。

史実


画像引用元:うまよん 9話より
© Cygames, Inc.

1期と同じように「史実」や「競馬ネタ」を絡めた話が多く、
調べると意外と元ネタがしっかりとあることに驚かされる。
ただ「元ネタ」を感じないほど自然に1話1話のストーリーを
作ってはいるものの、同時に話の当たり外れも生まれている。

ラーメンの早食いをしたかと思えば、牛丼を食べに行ったり、
オペラをやったり、カブトムシを取り行ったり。
色々なことをしているが、色々なことをしすぎていて主体性がない。

競馬ファンならば「史実」も知っていて楽しめる部分はあるかもしれないが
それ以外の人にとっては毒にも薬にもならない日常系であり、
それ以上でもそれ以下でもない感じで終わってしまっていた。

スポンサーリンク

総評:ファン向け


画像引用元:うまよん 11話より
© Cygames, Inc.

全体的にファン、しかも、かなりガチなファン向けに仕上がっている。
一期に出てきてはいるが出番のなかったキャラや
掘り下げ不足だったキャラ、はては1期には出ていないキャラまで
40人以上のキャラクターが出まくっており、そんなキャラクターたちが
1話あたり3人くらい出てきてワチャワチャする。

それ以上でもそれ以下でもない作品であり、
1期と同じように競走馬たちの史実に基づくネタなどはあるものの、
そもそも、ほとんとはじめましてなキャラクターたちばかりで、
名前もキャラの印象も付く前に二度と出てこなくなることが多く、
1期の主人公だったスペシャルウィークもサブキャラ扱いだ。

もう少しキャラ数を減らして、せめて各キャラ2,3回、
出番があるような感じであれば違ったかもしれないが、
ゲーム&2期放送前にとにかくキャラを見せたかったという
制作側の意図を感じるものの、面白さにはつながっていない。

話によって当たり外れも大きく、
「ウマ娘」のキャラクターたち、しいては元になった
競走馬たちに愛着があるならば楽しめる部分は大きいものの、
1期が面白かったからなんとなくこれも見てみるかという
「にわか」な視聴者には楽しみづらい作品に仕上がってしまっている。

ある意味で、この作品を楽しめるかどうかが
「ウマ娘」ガチ勢かどうかのバロメーターになっている作品だ。

個人的な感想:2期が見たい


画像引用元:うまよん 12話より
© Cygames, Inc.

2期のつなぎとして本作品を見てみたが、
やや期待ハズレで終わってしまった。
この作品を見ることで2期を早く見たいという気持ちが強まったものの、
作品自体はよくあるファン向けミニアニメだ。

「」おもしろい?つまらない?


この作品をどう思いましたか?あなたのご感想をお聞かせください