監督不行届

評価/★★★★☆(67点)

スポンサーリンク

オタクは伝染する、アホも伝染する、夫婦はどんどん似てくる(笑)

本作品はエヴァンゲリオンの監督で有名な庵野秀明の妻であり、
働きマンなどで有名な安野モヨコによるエッセイ漫画。
アニメーション制作は鷹の爪などで有名なDLE。
1話4分ほどの短編アニメとして制作された

基本的な日常コメディ。
オタクなカントクくんと、そんなオタクな夫に付き合いながらも
自らの潜在的なオタクに目覚めていく「ロンパース」の結婚生活を描いている

始まって早々「林原めぐみ」と「山寺宏一」による
夫婦漫才のようなストーリーがテンポよく描写される。
さすがはベテラン声優と言いたくなるほど「絶妙な間」を生んでいる演技と
感情があるのかないのかわからないような不思議な演技、
新人声優がやってしまえばただ淡々としゃべっているだけにしか聞こえないようなシーンも
この2人だからこそ「不思議な空気感」を産むシーンになっている。

そして1話の中で「*1」「*2」というようなマークが多く出てくる。
最初は何のことだ?と疑問に思うのだが、その疑問は1話終了時に解決される。
この作品はいわゆるオタクネタをバンバン盛り込んでいる作品なため
オタク用語をEDでいっきに解説する(笑)
小文字かつ短いEDなので、一時停止しなければすべての用語を読むことは不可能だが、
オタク用語を作中で解説しないという利点が生まれており、
その御蔭でテンポよくストーリーが描写される。

ただ逆に解説されないためネタが分かりづらい(苦笑)
しかも基本的に庵野秀明が好きな作品のオタク知識なため作品自体が古い(笑)
イデオン、黄金バット、スペクトルマン、ガンダム、仮面ライダーなど
最近の人は名前は知っているが見たことがない作品が基本のオタク知識がネタになっているため
ネタによっては微妙に分かりづらい。
このネタに全力でついていけるのは30代以降だろう、
20代後半でギリギリ、20代前半だとわからないネタのほうが多いかもしれない。

だが「パロディ」ではないためわからなくても
「カントクくん」と「ロンパース」のオタク夫婦漫才が素直に面白く、
見ていてネタ元がわからなくても「引っかかる」部分がなく、
オタクな夫とオタクな嫁に日常コメディを1話4分という尺の短さのお陰で
すっきりと楽しむことが出来る。
もちろん分かればより面白さが伝わるとは思うが・・・
話数的に長い作品が多いため、この作品の面白さのために見ることは厳しいだろう(苦笑)

DVDの数々、フィギュアの数々、レアなオタクグッズに囲まれる中で
「ロンパース」の夫に対する寛容さにより、
ゆるりとしたオタク夫婦ライフが妙にツボにはまる面白さになっている。
まるで泉のごとく湧き出るアニメソング、まるで泉のごとく湧き出るオタク知識を
「しれっと」描写することで元ネタがわからなくても楽しめるおもろさにつながっており、
2人の声優さんの掛け合いが素晴らしい笑いになっている。

更に「カントクくん」の強烈なオタクライフも笑いにつながっている。
強烈なオタク度合い、強烈な生活スタイル、テレビと会話する(笑)
普通に「よくこの人結婚できたな」という強烈な人物像に対して
生活スタイルにはスパルタだがオタク関連には寛容な「ロンパース」のツッコミが入ることで
2人のなんともいえない夫婦生活が想像できるくらい生々しい面白さだ(笑)

普段の生活がもはや夫婦漫才のごとくネタ振りからツッコミ、そしてオチと
素晴らしいストーリー構成になっており、それが「創作」のストーリーではなく、
ノンフィクションな夫婦生活が元ネタになっている事が本当におかしく、
「庵野秀明」監督だからこそ創作ではなく、
あり得ると感じてしまう話の数々だからこそ面白い(笑)

全体的に見て素晴らし完成度の短編アニメだ。
1話4分という尺の短さがちょうどよく、オタク夫婦の夫婦漫才をテンポよく楽しむことができ
演じている「山寺宏一」と「林原めぐみ」のベテラン声優だからこそ出来る
なんともいえない間と素晴らしいツッコミとオタク演技の数々が、より面白さを加速させており
元ネタになっている「庵野秀明」監督の強烈な人物像と生き様が
創作の話ではあるのに生々しい話になっており、それが強烈な面白さにもつながっている。

またED中に流れる作中のオタク知識に対する解説もよく読むと面白い。
一時停止しなければ見ることが不可能なのだが、
ただの説明ではなくガチな解説になっており思わずクスっとしてまう内容も多い
アニメではあるがEDだけでは一瞬一時停止て読んでみてほしい。
こんなことを書くのは1000本以上レビューした中ではじめてだ(笑)

話が進めば進むほど「ロンパース」がどんどんオタクになっていくのも手に取るようにわかり、
「カントクくん」との夫婦生活が微笑ましく、
同時にそんな夫婦が実際にいることに爆笑してしまう
というよりも「ロンパース」がカントクのどこに引かれて結婚したのか本当に聞きたくなるほど
結婚理由がわからないと最初は思うのだが
「ああ、この夫婦は結局似た者夫婦なんだな」と見終わった頃には妙に納得してしまい
こんな結婚生活に少し憧れすらも感じさせるほど見終わった後に結婚したくなる作品だ(笑)

これが15分や30分アニメだったらダレてしまうかもしれなないが
1話4分という短編アニメの尺がちょうどよく、
更に「DLE」製作のフラッシュアニメの空気感がより「この作品の空気感」を作り上げており
作品の内容、声優、尺、制作会社などの色々な要素がうまくハマっている作品だといえるだろう。

ある程度脚色されているのはもちろん分かるが、「検便の話」に限っては
脚色いらずの面白さだった(笑)
また地味に「ナレーション」や「資料映像」、「エンドカード」、「効果音」が豪華で
出てくる度に意外性のある方ばかりだった。

超個人的に「林原めぐみ」さんのこういう感じの演技が聞けてよかった・・・
さすがの演技力を久々に味わえて、彼女のファンとして
現在この作品を「5度目」のりピート閲覧中であります(笑)
2期を強く希望したい作品の1つだ。