なりヒロwww

2014年12月23日

☆☆☆☆☆(0点)

スポンサーリンク

脚本家の重要性を認識できる作品

本作品はgdgd妖精sの菅原そうた制作のアニメ作品。
なお「gdgd妖精」の劇場版で前日談的なエピソードが公開されており、
そのエピソードのあとのストーリーから始まる

見出して感じるのは「飽きた」という感想だろう。
gdgd妖精、gdgd妖精s、てさぐれ、てさぐれ2期、BIS、直球表題ロボットアニメ、
これまで散々見てきたCGアニメだが、基本的にやってることは変わらない。
それだけにもうさすがに「飽きた」という感じが1話から物凄い。

確かに上にあげた作品に比べると「ストーリー」があるといえばある。
いきなりヒロインになった三姉妹を主軸に、
「ヒロインとはなにか?」を追求していく。
ただ、その追求過程は結局、上に上げた作品でもやっていたようなことだ

更に単純に「つまらない」ボケばかりだ。
笑わせようとしているギャグ、笑わせようとしているボケ。
その全てが「ずるっ!」っと滑っており、
ボケられてもギャグを言っても「はい・・・」「うん・・・」「・・・」という感じに
尽く不発に終わってしまい笑いに一切つながらない。
笑いのセンスを何処かに置き忘れたかのごとく無表情で見てしまう。

そもそも根本的に「ヒロイン」という設定がダメだ。
gdgd妖精は妖精、直球表題ロボットアニメはロボット、てさぐれは部活と
それぞれの設定があるが、設定があってもネタを作る上で「自由」が効く。
てさぐれ以外の作品ははっきりいって「なんでもあり」な印象も大きい(笑)
だが、この作品はヒロインという設定上、ネタの広がりが弱い。
上記の作品のように何でもありなネタを作ることができず、
ある程度「縛り」があるネタは広がりが弱く自由な笑いになっていない

更にヒロインが敵を倒すパートもある。これが本当にgdgdだ。
怪人が現れると、滑りまくるセリフとともに変身し色々な怪人と戦う
怪人との対決は様々であり「テトリス」的な落ちゲーだったり
「悟らせる」ハンマーを使う敵だったりと色々と趣向を凝らしているものの、それだけだ。
だから何?と言いたくなるほど面白みのかけらもない怪人との戦いは退屈でしか無く、
怪人との戦いも一応「パロディ」や「ネタ」を入れているのだが
尽く滑っており一切笑えない。

更にいわゆる「アドリブパート」が前半はほとんど無い。
gdgd妖精などは15分の中にアドリブパートを入れていたが、
このなりヒロは何を考えたのかアドリブパートが「番外編」として
本編と同時公開でYoutubeとニコニコ動画で配信している。
1話の構成の中に「アドリブパート」がないせいでストーリーが物凄くダレてしまっており、
ダレるだけではなく、根本的に脚本がつまらないうえに
アドリブパートという癒やしもないためフラストレーションばかりが溜まっていく。

なぜ本編の中にアドリブパートをしっかり入れなかったのだろうか?
ニコニコ動画の配信を見ている人は気づくかもしれないが、
テレビ放送やドコモ・アニメストアなどでこの作品を見ていた人は
「アドリブパート」がYOUTUBEやニコニコ動画で配信されてることも知らないまま
見限ってしまった人も多くいるだろう。

中盤からは思い出したかのようにアドリブパートが入るだけにたちが悪い。
アドリブパートの面白さも「お題」が悪いせいなのか、
それともさすがに「アドリブ」に飽きたのかも知れないが、
笑いに繋がっていない場合があまりにも多く、かなり厳しい。

笑えないネタで構成されたAパート、退屈でしか無い怪人との戦いのBパート。
後半から出てくるが笑えないアドリブパートと
面白いと感じる部分が1つもなく1つの作品としての要素が洗練されてない

全体的に見てこの手のCGアニメが「飽きた」というよりは単純に脚本がつまらない。
他のアドリブCGアニメに比べてストーリー構成が出来ておらず、
Aパートのつまらないネタ、Bパートの退屈な戦闘シーン、Cパートの見飽きたアドリブパートと
どれもこれも「gdgd」になってしまっており、テンポが悪い。
もう少しテンポよく展開していれば笑えるようなシーンも
間延びしてしまってギャグが死んでしまっている。
根本的に1話1話の「脚本」の内容が薄いのが致命的だ

別にストーリーが面白いわけでも、先が見たい!というわけでもないのに
中途半端に「前後編」でストーリーを展開する展開も多く、
余計にフラストレーションがたまる。
そこまでのストーリー性をこの作品に誰も求めていないだろう

ここまで「脚本」の重要性を感じる作品も珍しい。
実際に脚本を見たわけじゃないが、明らかに脚本の酷さが
アニメしての面白さに直結してしまっている
こういってはなんだが別の脚本家ならもう少しマシな作品になったかもしれない。

ヒロインという設定、敵を出すという設定など
いつものgdgd妖精s的なノリで突き進めば面白くなりそうなのに
その「gdgd妖精s」らしい面白さがこの作品からは感じられなかった。
特に出てくる怪人のテイストはズレすぎていた
脚本家がこの作品が描くべき「テイスト」を理解していないように感じられる

こんな台詞の掛け合いやストーリー展開では
声優さんがいくら必死に演じても、監督や演出家がいくら必死に面白い絵にしようとしても
結局は「芯」の部分の脚本が死んでいるためつまらない。
つまらない感じや滑っている感じをを楽しむ作品もあるが、この作品はそういう次元ではない
一周回ってつまらない感じが面白くなるどころが、
一周回ってつまらない感じが更につまらなくなる。

特に終盤のストーリー展開は「うわぁ」とちょっと引いてしまう感じだ
それまでの伏線などというものは一切ないままに強引にストーリーを展開させ
王道的に見えるようなストーリーで無理矢理締める
脚本家の「自己満足」を強く感じてしまうストーリー展開だった

個人的な話になるが2クールまでの作品なら基本的に一気に見る私だが
この作品は1話15分1クールの作品なのに一度見るのをやめた
それくらい見るのが疲れる作品だ。
楽しくて疲れるならいいのだが、この作品の場合はフラストレーションが貯まって疲れるだけに
本当に厄介な作品だった・・・。