虎の威を借りた、恥ずべき作品「HUNGRY DAYS ハイジ 篇」レビュー

スポンサーリンク

評価 ☆☆☆☆☆(0点)30秒

あらすじ し、ハイジやクララ、ペーターが現代の日本で高校生活を送っていたら?
そんな「もしも」を描く、「アルプスの少女ハイジ」のパラレル・ワールド。引用 – Wikipedia

虎の威を借りた、恥ずべき作

本作品はカップヌードルのCMとして作られた30秒の作品。
第二弾となっており、第1弾は私は「唾棄すべき作品」と評している
レビューはこちらから
監督は第一弾と同じく柳沢翔

見出して感じるのは相変わらずの駄目なキャラデザだ。
この作品は「アルプスの少女ハイジ」がもし日本の高校生だったらという
ifがifすぎて意味不明な内容の作品だが、
冒頭でクララがハイジに向かって「せっかく可愛いんだから」と言い放つが、
全くもって可愛くない

設定も酷い、クララは読モでハイジは普通の女の子。
ペーターはただのイケメン幼馴染キャラ。
三角関係ですら無いぺっぺらな内容の青春風ストーリーは、第一弾よりも酷く、
第一弾では魔女の宅急便だからこそキキが箒で飛んだりするシーンで
それっぽくなっていた。

しかし、この作品にそれっぽさは一切ない。
アルプスの少女ハイジである必要性がまったくなく、
あえて言うならブランコがそれっぽいくらいだろうか?
かなり強引かつアルプスの少女ハイジである必要性をまるで感じない。

キャラクターを走らせて青春な雰囲気を出したり、
相変わらず、新海誠監督を意識ししただけの背景がきれいなだけの描写など、
第一弾で全てのアイデアや演出パターンなどの引き出しを全て使い切ってしまって、
もうアイデアがないのがまるわかりな作品だ。

本当に無意味な作品だ。
そもそもこの作品はカップヌードルの宣伝のはずなのに、
カップヌードルをすすってるシーンは0だ。
第一弾で一瞬ではあるがカップヌードルを食べるシーンが有っただけにまだましだ。

総評

全体的に見て酷い作品だ。
アルプスの少女ハイジという作品の知名度と人気を利用しただけで
原作を活かした要素やリスペクトしたような要素がまるでない。
青春要素も少女漫画を読んだことがある人ならば3秒で思いつくような、
中学生が授業中にする妄想以下の恋愛描写は陳腐すぎて乾いた笑いしか無い。

制作陣はプロとしてのプライドがないのだろうか?
世の中には30秒で面白いアニメを作る人もいる、
しかし、この作品はただ君の名はみたいな雰囲気で
有名な作品の知名度を利用してるだけだ。
監督の柳沢翔さんはこれで面白い作品になってると本気で思ってるのだろうか?

個人的な感想

個人的には第一弾よりひどい作品になるとは思っても見なかった。
この第二弾を見た跡に第一弾を見ると、まだCMとして見れるレベルになってるが、
この作品はCMとしてもアニメとしても最低だ。
日清さんはもし第三弾を作る気ならば監督を今すぐに変えるべきだろう。

スポンサーリンク