「GLAMOROUS HEROES」レビュー

2018年2月5日

評価 ☆☆☆☆☆(1点) 全10話

あらすじ 話題のeスポーツを題材に、プロゲーマーの生き様を描く熱血アニメ!引用- Wikipedia

とりあえずルールを説明してくれ

本作品は中国のオンラインゲームをアニメした作品。
中国名は「300 big fight」というらしい、いわゆるLOLなどのMOBA系のようだ。
1話5分ほどの短編アニメで全10話。
監督は高本宣弘、制作はdrop

見出して感じるのは「声優の素人臭さ」だろう。
何の説明もなくゲームの世界での様子が描かれる、
どんなゲームなのかどんなキャラクターなのかすら知らされず、
演じている人は明らかに素人が多い。

一応主人公は仮面ライダーアマゾンズで主人公を務めた藤田富さんなのだが、
声の演技が初めてと言う感じはビンビンに出ている。
小林ゆうさんや中原麻衣さんなども出ているのだが、
調べた所、調べても「どこの誰だかわからない」人も出ており、
予算の少なさを感じる。

ストーリーもひどい。
主人公は元プロゲーマーらしいのだが、何か事件を起こしプロを止めたが、
熱心なファンに誘われてもう1度プロを目指すと言う感じだ。
いわゆる「俺つえー」系の主人公ではあるものの、
この部分はそこまで悪くはない。

だが、肝心のゲームが「どんなルールなのか」が全くわからない。
原作のゲームをやってる人ならば分かるのかもしれないが、
ただゲーム上のキャラ同士が戦っているだけで、
ゲームの世界観やルールがいつまでたってもよくわからない。

ゲームの世界で「七つの大罪」を探しているようなのだが、
それすらも説明はなく、話の流れで何となく探してるんだなくらいにしか分からない。
1話5分という尺だからこそのしかたなさはあるのかもしれないが、
もう少し説明してほしいと常に感じてしまう。

ストーリー展開も遅すぎる。
1話5分で10話しかないのにグダグダと戦闘シーンを描きすぎて、
全くストーリーが進まない。

アニメーションとしての面白さも薄い。
予算の少なさは声優の素人感からも伝わってくるが、
戦闘シーンが多いのに戦闘シーンが動かない上にダサい。
キャラクター、特に主人公は鼻につく。
俺TUEEE的な俺様キャラなのはわかるが、声と相まって好感度0だ。

総評

全体的に見てなんのために作ったのかわからない作品だ。
日本ではサービス提供されていないゲームが原作のアニメを
わざわざ日本で放映しても宣伝にもならない。
アニメのあとには出演者が実写でトークする番組もあったようだが、、
どちらかといえばそっちが本編だったのだろうか?

アニメ自体は作画の悪さ、ストーリー構成の悪さ、テンポの悪さと
褒めるべき部分はなく、見れたものではない。
なお私は実写パートもちらっと見たが、同じく見れたものではなかった(苦笑)

個人的な感想

個人的に最近、中華アニメは日本で放映されることも多く、
10本に1本あるかないかの確率で当たりある場合もあるため
少しだけ期待していたが、この作品は紛れもない駄作だった。