「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 」アニメレビュー

2.0
スポンサーリンク
ファンタジー
スポンサーリンク

評価 ★★☆☆☆(24点) 全10話

あらすじ 『クロスレヴェリ』というMMORPGにて、魔王と恐れられていたプレイヤーディアヴロこと坂本拓真はある日、眠りから覚めると見慣れない場所におり、目の前にいた2人の少女に召喚獣として召喚される。引用- Wikipedia

スポンサーリンク

大人の事情

本作品は異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の2期。
1期から監督と制作会社が変更となっており、
監督は桑原智、制作は手塚プロダクション×オクルトノボル

ぱっくんちょ


画像引用元:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 10話より
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

1話冒頭から過激なシーンだ。
誰かが追われている「女神官」とその連れ、
追われる中で連れはモンスターに丸呑みされ、神官は神官で
モンスターに大変な目に合わされる、いわゆるセクシーなシーンだ。
そこへさっそうと登場するのは我らが魔王「ディアブロ」だ。

この作品は1期もそうだったが、いわゆる水戸黄門的な感じだ。
何らかの事情を抱えるヒロインたち、そんなヒロインたちの事情や
小物な敵の事情が描かれ、ヒロインがピンチになったところに
さっそうと主人公であらわれ圧倒的な力で敵をねじ伏せヒロインを救い
一件落着とわかりやすいストーリーになっている。

そんなある種の「テンプレート」な面白さがこの作品の醍醐味だ。
2期の1話冒頭もそんなテンプレート的なシーンを見せることで
「安定の2期」という期待感を感じさせる。

制作会社が変わっても相変わらず揺れまくるヒロインの胸、
ローアングルなカメラと序盤は制作会社の変更をあまり感じさせず、
若干のキャラデザの変更は感じるものの、
主人公の簡単な振り返りによって1期をなんとなくしか覚えていない人も
自然に2期を受け入れられるようになっている。

敵の小物っぷりも素晴らしく最初の敵など出会って10分でやられる(笑)

止め絵


画像引用元:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 3話より
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

流れ自体は大きく変わらない。
主人公である「ディアブロ」はゲームの姿と強さで異世界転移させられたが
彼は別に元の世界に戻ろうとしていない。
この「世界の魔王」も1期の段階で仲間になっており、
ストーリー的に残っている伏線や謎というものはほとんどない。

しいて言えば、なぜディアブロはディアブロの姿で異世界転移したのか
という部分はあるものの、1期同様にそこを追求するような
ストーリーはない。1期の段階でメインヒロイン達の問題も解決しており、
結果的に新キャラを出してストーリーを展開するしかない。

それでも2期では強敵が多い。
ディアブロ自身のレベルは150でこの世界では最強ではあるものの、
レベル130などの敵も出てくる。油断すれば負けてしまうレベルだ。
1期でも苦戦するときはあったが、2期では1期以上に苦戦している。

しかし、2期は「アニメーション」としての面白みが薄い。
止め絵、アップを多用しまくるシーンが多く、
せっかく戦闘自体は「苦戦」し見ごたえがあるのに、
その戦闘の描写がアニメーションとしての迫力がない。

監督と制作会社が変わってしまったことが大きく影響しているのを
ひしひしと感じてしまう。
1話こそきちんとアニメーションとして戦闘シーンを表現しているが、
3話あたりからは明らかに手を抜いている。

例えば5話など分かりやすい。色々な召喚獣や
モンスターが現れて戦闘シーンが描かれている。
そんな中で敵キャラがイフリートを召喚し叫ぶ

「そこよ!イフリートめちゃくちゃにしてやって!」

そんなセリフとは裏腹に画面は止め絵だ。
1枚絵としてのクォリティが高いがゆえに、
「動かない」事が本当に残念でならない。
1期にはあった戦闘シーンの面白さがほぼ無いと言ってもいい。

セクシーシーン


画像引用元:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 4話より
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

この作品はセクシーな要素も多い作品だ。
1期ではかなり大胆なセクシーシーンもあり、
それをうまく「ギャグ」としても見せつつ、きちんとセクシーさがあり、
それがヒロインたちの魅力にもつながっていた。胸の大きさという
安易なセクシーさだけではないセクシーさがこの作品にはあった

しかし、2期では安易なだけだ。
作画の質も悪く、安易な巨乳だけの
セクシーシーンばかりで何の面白みもない。
「下着を見せる」というようなシーンも1期ならばもっと
セクシーに描いていただが、この作品は「こだわり」がない。

セクシーシーンはだれにでも描けるものだ。
ヒロインを裸にすればセクシーシーンにはなる。
だが「魅力的なセクシーシーン」となれば話は別だ。
女体を描く上でどこにこだわり、どういう風に見せるか。
制作側の「フェチズム」を感じるような描写をする作品が多い。

1期にはそれがあった。決して胸のサイズだけでのセクシーさではない、
こだわりのある「セクシーシーン」だった。
しかし、2期にはそんなこだわりがない。
1期のように見ている側が「放送して大丈夫か?」と
心配するようなギリギリなシーンもなく、ただ脱がしてるだけだ。

出番


画像引用元:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 6話より
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

メインヒロインである「レム」と「シェラ」も、
ヒロインが増えたことで出番が極端に少なくなってしまっており、
1期に出てた「魔王」や「ギルド長」などのキャラも終盤までほぼ出ない。
この作品はキャラクターを使い捨てにせず、
サブキャラの使い方もうまい作品だった。

このあたりは原作の問題もあるのかもしれないが、
極端に1期までのキャラの出番を削っている印象だ。
そのせいで1期の「エミール」のようにサブキャラでも
印章に残るキャラクターというのが居ない。

ストーリー的には「ディアブロ」自身が作った
ダンジョンを後略するという面白い展開なのだが、
キャラクターの魅力や見せ方が悪いせいで素直に楽しみきれず、
アニメーションとしての面白さがなく、新キャラを出して
似たような展開を繰り返すのみでワンパターンさが目立ってしまっている。

この作品は水戸黄門的な分かりやすい作品だ。
そこを1期はうまく盛り上げていたが、2期はただワンパターンな
作品に仕上げてしまっており、面白みが減っている。
新キャラにも特に魅力がなく、既存のキャラの活躍を減らしているだけだ。

序盤から中盤までのストーリーよりも、
終盤の1期からのキャラの物語のほうが圧倒的に面白く、
新キャラが出る必要性を感じない。
9話になっても新キャラが出てくるが、全10話で残り1話しかないのに
新キャラが出てくるあたり、キャラの扱い方の雑さが伺える。

全10話


画像引用元:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 10話より
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

ありきたりな展開を繰り返し、特にセクシーシーンも記憶に残らない中、
最終話を迎える。1話から「大主神官」引っ張った話がようやく終わる。
1期はこういう風に1つの話を引っ張ることがなかったが、
2期では引っ張りまくっているのも微妙な部分だ。

1期はラストのバトルも「異世界の魔王」VS「この世界の魔王」という
図式が盛り上がり、結末もタイトルの伏線を回収するように
綺麗に物語が描かれていた。

しかし2期のラストはディアブロが苦戦こそすれどつまらない。
アップと止め絵、演出任せの戦闘シーンは見応えなんてものはなく、
相手は確かに強いのだが、中身は小物であるため盛り上がらず、
続きを匂わせるような余計なシーンも描かれており、
1期のような1つの作品としての満足感も感じられずに終わる。

恐らくは全10話で切のいいところまで描くために
細かい描写も省いているんだろうなと感じる部分も多く、
その細かい部分が描かれて初めてキャラの魅力が深まる作品であるがゆえに
本当に残念な2期でしか無かった。

スポンサーリンク

総評:大人の事情


画像引用元:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 10話より
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

全体的に見てなんでこうなってしまったと思うような2期だ。
普通のアニメは1クール全12話ないし13話だ。
11話の放送枠もあるが、この作品のように全10話というのは
大抵は低予算な作品であることが多い。

話の区切り的には全10話で問題ないものの、そういう作品でも、
オリジナルの話を追加して全12話にすることが多く、
全10話の場合は単純に2話分の予算を削るためだ。
ギリギリ三ヶ月(1クール)放送したと言うような感じになるのが
全10話であり、そういう作品はたいてい微妙なことが多い。

この作品は無理やり2期をアニメ化したような印章でしか無い。
戦闘シーンや日常シーンでの作画、アニメーションのレベルの低下は
監督と制作会社の変更だけでなく、予讃の問題もあるのだろう。

新キャラはどんどん出てくるものの、1期までのキャラに比べて
魅力がなく、セクシー要素もただ脱がせばいいくらいにしか思っておらず
1期のようなギャグとセクシーさのバランスの取れたシーンではない。
1期は丁寧に作られていたが、2期は雑だ。

1期が面白かっただけに本当に「残念」でしかない2期だった。

個人的な感想:はぁ…


画像引用元:異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω 9話より
©むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会

最近の2期はなんでこうなる作品が多いんだろうか。
色々と大人の事情を感じる要素が多く、
1期の配信やソシャゲの人気があってこその2期だったとおもうが、
なんだかなーという印象しか残らない。

3期というのがあるかどうかはわからないが、
もしあるならば、1期を超えるような過激でしっかりと作られた
1クール(全12話)で見てみたいものだ。

コメント