「じょしおちっ!〜2階から女の子が…降ってきた!?〜」レビュー

セクシー

評価 ☆☆☆☆☆(2点) 全9話

あらすじ引用- Wikipedia

僧侶枠の中で最も最弱

原作は成人向け漫画な本作品。
監督はジンキトモシヨ、制作はark
いわゆる僧侶枠の1話5分のアニメだ。

この僧侶枠のアニメは通常版と完全版があり、
完全版はアニメZoneで配信されている。
簡単に言えばアダルト動画のサンプルを地上波で放映し、
完全版が見れる有料サイトに誘導している悪質な手法だ。

至高のキャラクターデザイン


引用元:画像引用元:じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 7話より
©鳩こんろ/Suiseisha Inc.

1話早々に目を奪われるのはキャラクターデザインだろう。
アニメでは「うるし原智志」さんがキャラデザを手がけており、
女性キャラクターのデザインが驚くほど可愛らしく、更に肉感的に描かれている。
特に「髪の毛」の描き方は「うるし原智志」らしさを強く感じる。

二人のヒロインが見た目だけはしっかりと可愛らしく、
やや懐かしさすら感じる色気のある女性キャラクターデザインは
この作品における唯一の利点だ。
なぜ1話5分のアニメに「うるし原智志」さんを起用したかわからないが、
宝の持ち腐れでしかない。

ばかみたいなストーリー


引用元:画像引用元:じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 1話より
©鳩こんろ/Suiseisha Inc.

主人公はボロアパートに住んでおり、少しドタバタしただけで階下に響くほどだ。
そんなボロアパートの2階に住むヒロインが
ドタバタしたことで2階の床に穴が空き落ちてくる。
それだけならまだしも男女の部分が「合体」してしまう。

もはやなにを言っているかわからないかもしれないが、
そうなのだから仕方ない。地上派で流していい内容でないことは
このあらすじでわかるだろう。
床が抜けてしまったことでHな展開になってしまった。
原作では「その先」が描かれているのかもしれないが、
地上波で流れた通常版はアニメでは「合体」したあとにすぐに離れてしまう。

こういった強制的なラッキースケベを楽しむ作品であることはわかるが、
なぜか美人な大家が主人公の部屋で同居する。
穴が空いてしまったがために大家が自分の部屋を提供し、
そんな大家は主人公の部屋で同居する。意味がわからない。

このアパートに他の空き部屋はないのか?
同居するならするうで大家ともうひとりのヒロインと一緒に暮らせばいい話だ。
なぜか男である主人公の家に同居する。
そもそも穴はあいたものの、穴さえ避ければ暮らすこともできるはずだ。

修理業者に修理してもらう間ホテル暮らしするのもいいだろう。
強引すぎる上にわけのわからないストーリー展開は意味不明でしかなく、
面白さなんてものはない。

規制も強くほとんど決定的なシーンも描かれないため、
この作品のどこをたのしめば良いんだ?と思うほどになにもない。

安易なキャラ描写


引用元:画像引用元:じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 2話より
©鳩こんろ/Suiseisha Inc.

ヒロインは無条件で特に魅力もない主人公に惚れており、
落ちてきたヒロインは忘れられないと襲ってくる、
大家さんは明らかに好意をよせてると、もう少しキャラ描写を
深めてラブコメが描かれるならわかるが、安易さの塊だ。

というより起承転結がまるで出来ていない。
全然話がつながらず、キャラの心理描写もあまりにも適当だ。
原作が成人向けである事を考えればこれくらいでもいいのだろう。

だが地上派で「アニメ」として全年齢に見せるストーリーとしては、
地上派アニメを舐めたストーリーでしかなく、
セクシーシーンが挟まれるとカットされるため、
「何があったのか」すらわからない。
安易だからこそ笑えるわけでもなく、安易でつまらない。

主人公の4畳半部屋には中盤には3人で暮らしている。
もはや意味不明だ。ヒロインはヒロインでHな事禁止ですからねといいながら
一緒にお風呂に誘ってくる始末だ。何がしたいのだろうか。

強引なセクシーシーン


引用元:画像引用元:じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 4話より
©鳩こんろ/Suiseisha Inc.

2階から落ちてきて合体もそうだが、
夜這いを仕掛けてくるヒロインや、寝相の悪すぎるヒロインや、
我慢できなさすぎる主人公などセクシーシーンを描くための展開が
強引すぎて突っ込みどころでしか無い。

僧侶枠アニメでは規制シーンが工夫されることもあったが、
この作品は工夫もクソもない。ただのカットだ。
地上派で見てる人を最低限「楽しませよう」という気すらなく、
こんな出来栄えで「修正されてない完全版が見たい!」という人は
どれだけいるのだろうか。作り方があまりにも雑だ。

終盤になると本当に規制がひどすぎて、
声だけしか聞こえない状態で何かが行われてるシーンを何度も見せられ、
無表情のままに最終話まで見終えてしまう作品だ。

私相川さんのこと好きだもん!


引用元:画像引用元:じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 6話より
©鳩こんろ/Suiseisha Inc.

終盤になるとヒロインたちも好意を一切隠さなくなってくる。
号泣しながら主人公に思いを伝えるヒロインではあるものの、
そもそもなんでこんな唐変木のことが好きなのか、
どういうきっかけで好きになったのかという「起」が描かれないため、
見てる側は一体全体どうしてそんな号泣してるのか理解できない。

しかも、そんな号泣するほど主人公が好きなのに
「どっちか選べなんて言わないから❤」と、めちゃくちゃだ。
女優志望のヒロインなだけにもしかしたら演技だったのかもしれない。
そう思うほどにヒロインの感情の変化についていけない。
そんなヒロインの舞台を見てる中、主人公は大家に手を出す。
驚くほどのクズである。

終盤になると幼馴染までやってきてイチャコラしだす。
3人目のヒロインが現れてなにをするのかと思いききや

「決めた!海に行きましょう!水着をきて1番魅力的なのは
誰が1番か決めてもらいましょう!」

と言い出す。意味がわからない。もう頭痛がしてくる。
あまりにもクズすぎる主人公は「10分だけ恋人」と
10分だけヒロインといたす。
結局特に何も解決せず、3人のヒロインと4畳半で暮らして
ヤレヤレみたいな感じでため息を付いて終わる。

ため息をつきたいのは見てるこっちだ。

総評:せめて笑える駄作であってくれ


引用元:画像引用元:じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 9話より
©鳩こんろ/Suiseisha Inc.

全体的に見て駄作でしか無い。
唯一評価できるのはうるし原智志と作画の良さくらいだが、
アニメーション部分における面白さやセクシーさは殆ど感じられず、
強引すぎる展開はツッコミどころでしかないが、それで笑えるわけではない。
1話5分もないのに、飛ばしたくなるほどのつまらなさを秘めている作品だ。

結局、いつもの僧侶枠アニメでしかない作品だった。
過去作に比べても特にネタになるほどのシーンや、
笑える突っ込みどころもなく、ストーリーもつまらない。
規制シーンに関しても工夫がまったくなく、
ちょっと過去の僧侶枠アニメを見習えと言いたいくらいだ(苦笑)

小学生でももう少しマシなストーリーを作れると思うほどに
展開もキャラ描写もメチャメチャなストーリー展開はある意味で、
ストーリーを作る上での反教師のような作品かもしれない。
なんでここまでメチャクチャなストーリー展開を作れるのか、謎だ。

作品としてあまりにも適当に作られすぎている作品だった。

個人的な感想:こんな僧侶枠アニメはコリゴリだ


引用元:画像引用元:じょしおちっ!~2階から女の子が…降ってきた!?~ 8話より
©鳩こんろ/Suiseisha Inc.

僧侶枠アニメはたまにネタになる作品や工夫が見られる作品もあり、
駄作ではあるものの最低限楽しめる部分はあった。
だが、この作品にはその最低限の部分すらなく、
ひたすらにつまらない作品でしかなかった。

僧侶枠はセクシーなシーンはありつつも、そのバカバカしさや
他の枠のアニメにはない突拍子すぎる展開が面白くもあるが、
この作品はそれを勘違いしたかのような作品だ。
普段の僧侶枠がギャグアニメならば、この作品はただ荒唐無稽なだけだ。

公式サイドもこの「僧侶枠」という言葉を認知して使いだしているが、
ちょっとそれを勘違いして作ってしまった感じの作品かもしれない。

コメント