「ネコぱら OVA」レビュー

スポンサーリンク
萌え
スポンサーリンク

評価 ★★☆☆☆(35点) 全2話

あらすじ 水無月嘉祥(みなづき かしょう)は伝統ある老舗和菓子屋である実家を出て、パティシエとして自身のケーキ屋『ラ・ソレイユ』を一人で開店する。引用- Wikipedia

スポンサーリンク

こんな猫なら100匹飼いたい

原作はSteamで販売された美少女アドベンチャーゲーム。
製作は林宏樹、ixtl×Felix Film。
クラウドファンディングによる資金調達と行い制作されたOVAであり、
後にTVアニメ化もされている。

捨て猫


画像引用元:ネコぱら OVA PVより
© 2017 NEKO WORKs All Rights Reserved.

この作品の世界観はやや独特だ。
いわゆる「動物の擬人化」作品であり、タイトルから分かる通り
ネコの擬人化作品だ。それだけなら昨今のオタク界隈では
くさるほど存在するジャンルではあるものの、
この作品は擬人化ではあるものの同時に人間も存在する。

ある日、主人公は雨の日に「捨て猫」を拾う。
猫耳が生えていて、尻尾も生えているが普通の女の子の見える
この世界の「猫」が2匹もまとめてダンボールに入れられて捨てられている。
動物の姿をしたネコを捨てる輩も信じられないが、この世界の「人の姿」を
しているネコをすてるやつはどんなやつなんだと思うほどに
やや衝撃的なビジュアルだ。

人の言葉も話し、知能も人間と同じだ。そんなネコを捨てる。
とんでもないやつだ(笑)
拾った2匹の猫はご主人さまのもとで長い間生活し、成長し、
パティシエとして自身のケーキ屋を開いた主人公の元についてくる
というところから物語が始まる。

やっぱり猫が好き


画像引用元:ネコぱら OVA PVより
© 2017 NEKO WORKs All Rights Reserved.

この作品はいわゆる「萌えアニメ」だ。
可愛らしい猫なヒロインたちと主人公の日常だ。
それ以上でもそれ以下でもない。

しかしながら「優秀なキャラクターデザイン」と、
クラウドファンディングで集まった資金力によるしっかりとした作画は、
彼女たちの可愛らしさをきっちりと引き出しており、
一人ひとり…いや、一匹一匹が非常に可愛らしい。

買い物をしたり、駄駄をこねて追いかけっ子をしたり。
探しものをしたり、平和だ(笑)
そんな中で彼女たちはご主人様の役に立とうと頑張る。
ご主人さまと一緒にいるために、ご主人さまのそばにいるために。

健気な彼女たちの可愛らしさ、
恩を返そうとする彼女たちの真っ直ぐさがキャラクターの魅力につながっている。

ドバドバ


画像引用元:ネコぱら OVA PVより
© 2017 NEKO WORKs All Rights Reserved.

中盤になると一気にキャラが増える。
もはや人間のキャラよりも猫のほうが多い状態だ(笑)
意外に世界観はしっかりと練られており、猫である彼女たちを働かせる場合は
「単独行動許可証」という資格が必要らしく、
それがないと飼い主がそばに居ない場合は補導される可能性すらある。

一応彼女たちも「マンチカン」や「メインクーン」など猫の種類による
体型や性格付けがされているようであり、
「猫あるある」的なネタやギャグ要素もある。
見た目がほぼ人間なため猫の種類によるネタはいまいちピンときにくいものの、
単純な擬人化ではなくきちんと猫の種類によるキャラ付けや
世界観の設定がしっかりと作られている。

彼女たちは「単独行動許可証」をとるために、
猫の習性を乗り越えて、人の社会に馴染むために特訓する。
美少女の姿で描写される猫の習性はインパクトが有り、
擬人化としての良さもしっかりとでている。

スポンサーリンク

総評:飼いたい


画像引用元:ねこパラ OVA PVより
© 2017 NEKO WORKs All Rights Reserved.

全体的にストーリー的には60分でシンプルに纏まっており、
あくまでもキャラの魅力を感じさせるだけの作品ではあるものの、
そのキャラクターのあざといまでの可愛さがしっかりと描写されており、
耳と尻尾がある以外は見た目は完全に人間な彼女たちが、
猫の習性を持ち、猫として扱われている世界観が独特であり、
そんな独特な世界観のなかで擬人化した猫な美少女たちの可愛さを味わえる作品だ。

ストーリー的には主人公が開くケーキ屋さんで猫たちが働くようになりました
という感じで、それ以上でもそれ以下でもない感じではあるものの、
物語の序章としては無難な出来栄えであり、

60分だからこそ、このあざといまでの可愛さを素直に楽しむことが出来たが、
1クールのアニメ、TVシリーズでどんなストーリーや
キャラの可愛さが描写されるか気になるところだ。
あくまでファン向けな感じは否めないもののキャラデザが気に入ったら
楽しめる作品だろう。

個人的な感想:ネコのコスプレはややこしい


画像引用元:ねこパラ OVA PVより
© 2017 NEKO WORKs All Rights Reserved.

終盤で人間である「妹」が猫耳や尻尾をつけてのるのは
絵面としてややこしい(笑)
完全人間に見える彼女たちが捨てられたり、
おじさんに飼われてたりする絵面はやや闇を感じる部分だ。

OVAは全2話60分ほどだからこそキャラの可愛さを楽しめたが、
これが1話30分の1クールのアニメになったらどうなるんだろうか。
やや胸焼けを起こしそうなあざとさもあるだけに、
気になる所だ。

コメント

  1. ななし より:

    評定理由文の章立てからは想像しにくい低点数だった…