「スパイダーマン: スパイダーバース」レビュー

4.5
スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク

評価 (83点) 全117分

あらすじ ブルックリンに住む高校生のマイルス・モラレスは、叔父のアーロンと高架下でグラフィティをしている時、突然変異したクモに噛まれ、特殊な能力を得る。引用- Wikipedia

スポンサーリンク

大いなる力には大いなる責任が伴う

本作品はスパイダーマンのアニメ映画作品。
監督は ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、
ロドニー・ロスマン。

皆さんご存知スパイダーマン


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

冒頭からアメリカンジョークばりばりなスパイダーマンの
自己紹介が始まる。彼がこれまでどういった経緯でスパイダーマンになり
活躍してきたのか。たった一人のスパイダーマン、
ニューヨークを救うたった一人のヒーロー、それがスパイダーマンだ。
だが、この作品の主人公は彼ではない。

警察官を父に持つ、思春期の少年だ。エリートな
学校に通っているものの、彼は普通の学校に行きたいと思っている。
真面目なクラスメイトたちとは馴染めない。

そんな彼が特殊な蜘蛛に噛まれることで「力」を手に入れる。
スパイダーマンとしては王道の流れであり、王道の流れだからこそ
「もうひとりのスパイダーマン」とどんな絡みをするのか、
どんな展開が生まれるのかが気になる。

コミック


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

この作品の作画は面白い。フルCGで描かれているものの、
日本で言う「セルルックCG」のようなアニメ調、いや、
アメコミ調といえばわかりやすいかもしれない。
まるでコミックの「コマ」を切り取ったようなシーンの演出や、
台詞の文字演出があり、まるでアメコミを読んでるような感覚になる。

ページを1枚1枚めくり、めくるたびに先が気になる。
コミカルにビビットにセンセーショナルに、
面白い漫画を読んでるような感覚をアニメという媒体で
味あわせてくれる。

スパイダーマンらしくジョークを言いながら戦い、
文字でモノローグを表し、効果音をエフェクトで表す。
スパイダーマンでおなじみのキャラクターがどんどん出てきて、
先の見えない展開を見せてくれる。

理解者


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

主人公であるマイルズにとって突然目覚めた力は脅威でしかない。
ヒーローになりたいわけじゃない、特別になりたいわけじゃない、
普通でいたい。そんな彼だからこそ目覚めた力をいらないとすら
思っている。そんな中で本物のスパイダーマンに出会う。

彼にとっての唯一の理解者であり、師になる存在だったはずだった。
しかし、彼の前の前でスパイダーマンは殺されてしまう。
ヒーローから全てを託された少年、大いなる力には大いなる責任が伴う。
スパイダーマンが様々なシリーズを通して掲げてきたこの言葉は、
この作品でも変わらない。

欲しがって手に入れた力ではない、だが、ヒーローの意思を継ぐ。
自分が手に入れた力の責任を彼なりに果たそうとする。
そこに現れるのは「ピーター・パーカー」ではなく、
別次元の「ピーター・B・パーカー」だ(笑)

ピーター・B・パーカー


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

彼は落ちぶれたヒーローだ。愛する人とも別れ、愛する人を失い、
自堕落な生活を続けていた。青ひげにまみれ腹は出て、
マイルスの次元のピーター・パーカーとは違い、
彼にスパイダーマンとしての心や技を教えるわけでもない。
ヒーローとして終わってしまっているはずだった。

だが、彼は腐ってもスパイダーマンだ。
自分の次元に帰るためという目的はあるものの、
同じスパイダーマンであり、自分の味方だといってくれるマイルズに
彼は命がけの指導をしてくれる。
二人で協力して二人でスゥイングする、二人の師弟関係が微笑ましい。

マルチバース


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

ヒーローは孤独だ。大いなる力には大いなる責任が伴うが、
大いなる力には孤独が伴う。大切な人を守るために、
大切な人を作らず、多くの人を守るために
自分の大切なものを失うこともある。

孤独なスパイダーマン達がマイルズの次元に集う。
同じ「スパイダーマン」だからこそ話せることも
理解してもらえることもある。
ヒーローの悲哀と苦悩をマルチバースの中でキャラクター描写として描き
それがキャラクターの魅力と印象に繋がる。

ありとあらゆる世界のスパイダーマンが集う。
ニヒルなスパイダーマン、可愛いスパイダーマン、
中年なスパイダーマン、子豚のスパイダーマンまで居る(笑)
色々な次元のスパイダーマンは別次元には長く留まれず死んでしまう。

スパイダーマン


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

スパイダーマンの意思をつぎ、スパイダーマンたちを元の世界に戻す。
だが、彼はまだ新米だ。
しなければならないことをできるだけの心も体も出来上がっていない。
「敵の正体」も知ってしまったことで彼はより悩む。

彼もスパイダーマンであり、ヒーローだ。
ヒーローには喪失と悲しみがつきまとう。
彼も「ヒーローの悲哀」を背負う。
彼はひとりじゃない。
同じように悲しい宿命を背負ったスパイダーマン達が彼に寄り添う。

ヒーローは全員は助けられない。全部うまくはいかない。
スパイダーマンであり、ヒーローである前に彼らは人だ。
自分を犠牲にしてでも勇気を持って踏み出さなければならない時もある。
先輩であるスパイダーマンたちは彼に寄り添い、ヒーローとして
彼を守ろとする。

だが、マイルズ・モラレスもスパイダーマンだ。
勇気を持って一歩踏み出すことで彼もまたスパイダーマンになる。
一人のヒーローが、一人のスパイダーマンが生まれる瞬間だ。
ヒーローが生まれる瞬間はいつ見ても王道の面白さがある。

ひとりじゃない


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

終盤のスパイダーマン同士の協力プレイは見ごたえたっぷりだ。
一人では適わない的にスパイダーマン同士が協力して挑む、
孤独な戦いの多い彼らが協力して敵を倒すことで、
「ひとりじゃない」ことをそれぞれに感じさせる。

ヒーローは孤独だ。だが、一人ではない。
同じ次元には居ない。だが違う次元には同じ志を持った
スパイダーマンが居る。
だからこそマイルズは、スパイダーマンは一人で強敵に挑む事ができる。

普通の少年が親愛なる隣人、新しいスパイダーマンになるまでの物語だ。

スポンサーリンク

総評:これがスパイダーマンだ!


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

全体的に見て非常に良く出来ている作品だ。
アメコミ調なフルCGはまるで本当にアメコミを読んでいるかのような
文字演出があり、大胆なカメラアングルで激しいアクションと
スパイダーマンらしい浮遊感のあるアクションシーンの数々は心地よく
見ごたえのあるアニメーションに仕上がっている。

マルチバース、色々なスパイダーマンが出てくるというのが
この作品のウリではある。多種多様なスパイダーマンが
出てくるのは楽しく、本来は孤独であるスパイダーマンたちが
「同じスパイダーマン」同士だからこそ、その孤独を分かち合い、
孤独なヒーローではないと思うストーリーはスパイダーマンが
好きであればあるほど響くストーリー展開だ。

そして、今作の主人公であるマイルズ・モラレス。
自分は特別ではない、普通ではありたいと願っていた少年が
ちょっとしたきっかけで力を手に入れてしまう。
そんな彼が「スパイダーマン」になるための物語もきっちり描かれており
マルチバースではあるものの、きちんとスパイダーマンとしての
物語がこの作品にはある。

若干ではあるもののスパイダーマンの知識は必要な部分はあるが、
知らなくても楽しめるが、知っているとより楽しめるという
ファン向けでありながらスパイダーマンを知らな人でも楽しめる作品だ。

個人的な感想:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム


画像引用元:「スパイダーマン:スパイダーバース」予告編 3 より
(C) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved.
MARVEL and all related character names: (C) & ? 2019 MARVEL.

実写のスパイダーマン:ファー・フロム・ホームを見た流れで
スパイダーマンが見たくなり見た作品だったが、
予想以上に面白く、予想以上になてしまった作品だった(笑)

次回作も決まってるようなので期待したいところだ。

コメント

  1. 柊 壺 より:

    スパイダーバースのアメコミは読んだことをあるのでしょうか
    アメコミ調という表現を使ってるので他のアメコミを読んでいるとは思いますが