「すのはら荘の管理人さん」レビュー

評価 ★★★☆☆(50点) 全12話

あらすじ 男らしくなりたい椎名亜樹は、中学入学を機に上京し学生寮である「すのはら荘」へ入寮するが、そこで待っていたのは、いろいろと大きくて柔らかい管理人の春原彩花と女子ばかりの先輩3人だった。引用- Wikipedia

姉キャラを胸焼けするほど味わえる

原作は『まんが4コマぱれっと』で連載中の漫画作品。
監督は大沼心、制作はSILVER LINK.

オネショタ


引用元:©ねこうめ・一迅社/すのはら荘の管理人さん製作委員会

主人公は中学生の男の子だ、だが、外見のせいで女の子に見えてしまう。
そんな彼は中学生で一人暮らしをすることになり、
「すのはら荘」へと訪れる。
そして、管理人は爆乳なお姉さんである(笑)

一般向けのアニメというよりはアダルトな香りがプンプンにする設定であり、
様々なシチュエーションの「薄い本」が大量生産されそうなほど、
わかりやすくエロい設定は清々しさすら感じさせ、
その設定通りの内容が描かれる。

ご都合主義全開かつ「男性の妄想全開」なシーン展開は
エロい、エロくない以前にギャグだ。
なにせ1話で一緒にお風呂に入り、背中を流してもらい、
耳をなめられ「管理してあげる」とまで言われてしまう。
管理人さんに恥じらいなどはなく、主人公はたじたじだ。

一体、このアニメは何なんだろうかという疑問が浮かぶなかで、
描写される「おねショタ」シーンの数々は、
常に見る側の顔をニヤニヤと人様にお見せできない表情にしてくれる。

この都合の良さを受け入れられるか。


引用元:©ねこうめ・一迅社/すのはら荘の管理人さん製作委員会

主人公と管理人さんが住む「すのはら荘」は管理人さんと中学生しか居ない。
その辺りもツッコミどころかつご都合主義に感じる部分もあるが、
主人公以外は当然のごとく男性は居ない。

主人公が学校でどんな友人がいるかなども描かれず、
「すのはら荘」以外の場所のシーンも描かれることが少ない。
すのはら荘の中で色々なシチュエーションを繰り返してはいるものの、
結局1話からやってることは同じだ(苦笑)
話の広がりや掘り下げという部分も浅い。

いい意味で1話の雰囲気や内容が全てであり、
1話30分1クールというのはやや食傷気味になってしまう部分もあり、
色々なコスプレやシチェーションの数々は出てくるものの、
やや「飽き」を感じる部分もある。

主人公にとってというより「おねショタ」を見たい視聴者層にとって
都合のいいシチュエーションと都合のいいキャラを、
都合よく描いている作品であり、
大きな心で、ご都合主義を受け入れる必要がある。

少し歳上なお姉さんたち


引用元:©ねこうめ・一迅社/すのはら荘の管理人さん製作委員会

管理人さん以外にも女性キャラクターが3人いる。
低身長ロリ、主人公を女装させたい、レズと癖の強いキャラが、
主人公を甘えさせてばかりの管理人さんとは違うシーンの
面白さを引き出しており、管理人さんだけだと胸焼けしてしまう作品を
いい意味ですっきりさせてくれる。

基本的に同じように主人公を男としてみておらず、
平気でスキンシップしたり、女装させようとしたり、
着替えを手伝だわせたりと、管理人さんほどではないが
彼女たちにも主人公はドギマギさせられる。

管理人さんとは別の角度からの「責め」であり、
それがマンネリを起こしやすそうな本作品にいい塩梅を与えており、
1話30分でダレそうな要素が多い作品なのに、
テンポよく色々な年上キャラと主人公のシチュエーションをえがいており、
不思議とダレない。

フェチズムを感じる描写


引用元:©ねこうめ・一迅社/すのはら荘の管理人さん製作委員会

管理人さんの胸の大きさに関してはかなり好みの分かれるサイズではあるが、
別の場所でしっかりとフェチズムを管理描写が多い。
「下着の透け」具合や下着自体の描写など、
下着に関する描写にはこだわりを感じる。

「わき」などの細かい点もちょっとしたシーンでもしっかりと描いており、
服の皺もきちんと描写することでキャラクターごとの体のラインを
何気ないシーンからでも感じることができ、
1つ1つのシーンで妥協を感じない描写の数々はさすがは
ベテランである「大沼心」監督が手がけてることはあると感じる事ができる。

「日焼けギャル」の日焼け跡などかなりマニアックな描写もあり、
キャラクターデザインが気に入れば楽しめる部分も大きく、
色々なセクシーシーンの数々は過激というよりはマニアックであり、
マニアックな方々にとってはある意味たまらないだろう(笑)

多種多様な姉キャラたち


引用元:©ねこうめ・一迅社/すのはら荘の管理人さん製作委員会

話が進むとキャラクターが追加される。
「ギャルなお姉ちゃん」だったり「ブラコンすぎるお姉ちゃん」だったり、
ただでさえ色々なタイプの姉キャラが出てくるのに、
そこにさらに違うタイプの姉キャラをこの作品は追加投入してくる(笑)

演じている声優さんも佐藤利奈さんや茅野愛衣さんなど
いわゆる「癒し系ボイス」な方が演じられており、
主人公を甘やかすセリフの数々は姉キャラ好きにはたまらない。
最初から最後までお姉ちゃんキャラたちを胸焼けするほどに味わい、
最後から最後までニヤニヤさせてくれる作品だ。

総評:この甘々な雰囲気は脳がとろける


引用元:©ねこうめ・一迅社/すのはら荘の管理人さん製作委員会

全体的に見て1話の段階で好き嫌いがはっきりと分かれる作品だ。
やや大きすぎる胸の大きさのキャラクターデザインは好みが分かれ、
「おねショタ」というテーマから一切ぶれないシチュエーションの数々を、
ややご都合主義全開の設定とキャラクターで描き、
フェチズムを感じるセクシーシーンの数々はニヤニヤできる。

ただ良くも悪くも1話から最終話までやってることは同じであり、
1話を気に入れば最終話まで楽しめるが、
逆に1話を見て楽しめなければその後も楽しめないだろう。

あまりにも主人公にとって都合の良すぎる設定と管理人さんのキャラ描写は
好みが分かれる部分はあるものの、逆にここまで行き過ぎると
「ギャグ」にも見えてしまう要素があり、
なんの抵抗もなく主人公に胸を触らせ甘えさせるヒロインの都合の良さを
見る側がどの程度受け入れられるかというのもポイントだろう。

一言で言えばちょっと馬鹿っぽさすらある作品なのだが、
このぬるま湯感とノーストレスで楽しめる癒やしセクシーアニメは、
脳がとろける感覚を覚えながらも最終話まで見てしまえる作品だ。

個人的な感想: 佐藤利奈さんの声は素晴らしいです。


引用元:©ねこうめ・一迅社/すのはら荘の管理人さん製作委員会

管理人さんを演じているのは「 佐藤利奈」さんだ。
あの声で、甘えさせてくれるお姉さんの色々なセリフや反応をささやかれると
正直たまらないものがある(笑)
この作品は是非、いいヘッドホンをつけてみてもらいたい。
むしろ声だけでも楽しめる部分もある。

好き嫌いの分かれる要素は多いものの、
この割り切った「おねしょた」作品をおねショタ好きならば1話だけでも
試してみてほしいところだ。

すのはら荘の管理人さん Blu-ray 第1巻 [Blu-ray]
DMM pictures (2018-09-28)
売り上げランキング: 5,199