エイケン

2010年4月29日

エイケン感想


エイケン感想
エイケン
☆☆☆☆☆
総生徒数5万4000人の巨大(マンモス)学園、私立ザッショノ学園。
この学校の高等部に入学した三船伝助は、同じく高等部に入学した
美少女・東雲ちはるに一目惚れしてしまう。
そんな時、伝助は謎の先輩・御園霧香の謀略により、
半強制的に謎の部活・エイケン部に入部させられることになる。

悪夢再び
まず、このアニメに出て来る女性の大部分が巨乳?爆乳?
いやいやいいやいや、奇乳と行ってもいいくらいでかすぎる。
大きいのも小さいのも色々なアニメに出てきますが、
これはアニメ界1大きいといっても過言ではないくらい異様な
胸の大きさの女性が出てきます。
というか、書き間違えたとしか思えないほどバランスがおかしく
もし実際にいたらまっすぐ立つことすら難しそうなほどで、
恐らく現実で言えばJカップとかLカップのレベルなんですよ(苦笑)
これに「萌え」や「エロ」を感じることは厳しいと思います。
逆に「グロ」にカテゴライズされてもおかしくないかも・・・w
胸の大きさ以外はストーリーやキャラクター描写などは普通。
ラッキーエロスな主人公と女性だらけの謎の部活に入ることから始まり
学校の行事にでるというもの。
声優さんのほうはお金が無かったのか、メインヒロインが素人。
グラビアアイドルらしいのですが、聞くに耐えない棒読みです。
セクシーシーンの数々も、もうムカツクくらいあざとく
面白さの前に「苛立ち」しか感じないアニメでした。
こんな作品は二度と見たくない。
本サイトで史上最悪と言った「こいこい7」よりも
最悪、いや最低のアニメです・・・。

スポンサーリンク