住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー

2017年6月18日

住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー感想


住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー感想

住めば都のコスモス荘 すっとこ大戦ドッコイダー
★★★☆☆
静岡から上京し専門学校に通うごく普通の青年・桜咲鈴雄はある日、
株式会社オタンコナスの社員・タンポポと名乗る少女から自社の
パワードスーツ・ドッコイダーのモニターになってくれと依頼される。
初めは断った鈴雄だが、アルバイト探しに苦難していたため承諾する事に。

序盤はギャグで最終話熱血!
ネット上で結構高評判なこのアニメ。
ウルトラマンと仮面ライダーを合わせたようなヒーローの姿は
正直、「あれ?ギャグまっしぐら?」と思いましたが、
B級な雰囲気を醸し出しながらも、名作になりえた要素がありました。
敵も二人のヒーローも正体を隠しながら、
同じコスモス荘の住人であるという設定は、最初こそ
「お互いの正体がバレる」という緊張感が有ったものの、すぐになくなってしまい
「何で気づかないんだよw」と思わずつぶやいてしまうほどの天然ぶり。
基本的にはギャグをおりまぜつつ、ハートフルに展開していき
誰かが死ぬわけでも、話しに大きな変化があるわけじゃない。
しかし、最終話では雰囲気が一変。
主人公たちが熱血要素を取り入れ、熱い展開になり
最後は大円団で終わる。
かなりベタでまっすぐな展開ながらも、誰にでも楽しめる要素があり
深夜じゃなくて18時台とか子供向けに展開していれば、
もう少しいろいろな要素を取り込みつつ、最後の展開も涙出来たかもしれません。
あくまで全体的に、少し古くB級のような空気が漂っているため
人によってはギャグを面白く感じないかもしれません。
絵柄的に萌えにも燃えにも不向きな作品なので、
非常に好みが分かれると思います。
ただ、この感じは他の作品にはあまりない
空気なので貴重な作品と言えます。