ONE PIECE ワンピース TVスペシャル 大海原にひらけ! でっかいでっカイ父の夢

評価/★★★☆☆(48点)


ONE PIECE ワンピース TVスペシャル 海のヘソの大冒険篇 [DVD]

制作/東映アニメーション
監督/宇田鋼之介
声優/田中真弓,岡村明美,中井和哉ほか


あらすじ
伝説の海賊王が残した大秘宝を求めて大海原を駆け巡るアドベンチャーロマン




スポンサーリンク

起承転結しっかりワンピース


本作品はワンピースのTVスペシャル版。
TVスペシャルとしては2作品目。

基本的なストーリーはアクション。
麦わらの一味はある日、無人島へとたどり着く
そこには海賊から逃げてきた二人組と宝の場所をしっている3人の子どもたちが居た。
彼らは親子といいバカンスをしているというが・・・・という所からストーリーは始まる

ストーリー的にアクションシーンは少ない。
敵が「音楽で敵を操る」という悪魔の実の能力ではない技術の持ち主で
ルフィが操られてしまい、麦わらの一味の仲間と戦う。
だが、そのシーン自体は確かに面白いのだが戦闘シーン自体の魅力はなく、
敵もあっさりやられてしまうので歯ごたえがない。
50分という尺ではこういった部分では厳しかったのかもしれない。

だが、ストーリーは面白い。
父親が残した宝の場所知っている3人の子供、そんな宝を探す海賊を逃げ出した二人、
このTVスペシャル版のキャラクターが非常に良いキャラクターになっており、
逃げ出した二人の海賊が3人の子供に愛着が湧いてしまい、
ボコボコになりながら助けに行く様は涙もろいかたならホロッっと来てしまうシーンだろう。

全体的に見て敵の歯ごたえという意味では物足りなさこそあったが、
ストーリーの本筋も1時間できっちりとまとまっており、
ルフィが仲間と戦うという展開の面白さやワンピースらしい感動要素もあり、
起承転結のしっかりとした作品に仕上がっていたのには驚いた。

本作品がもし劇場版になっていたら、もっと面白い戦闘シーンや
歯ごたえのある敵になり面白い作品に仕上がっていたかもしれない。
これまでのワンピースの映画と比べてもストーリーの完成度は高い。
個人的にはアイコンタクトの噛み合わさなっぷりに笑った(笑)

序盤のサンジのシーンの伏線も生かしており、
色々と細かい部分で笑わせてくる楽しめるTVスペシャル作品だ。
ワンピースのファンならば必見、ワンピースのファンでない方も
それなりに楽しめる作品だろう。

このクォリティで映画作られないかな・・・・(苦笑)