ソードアート・オンライン Extra Edition

評価/★★☆☆☆(35点)

ソードアート・オンライン Extra Edition 評価

100分
監督/伊藤智彦
声優/松岡禎丞,戸松遥,伊藤かな恵,竹達彩奈,平田広明ほか

あらすじ
水中クエスト」に挑むキリトたちだが、リーファことキリトの妹・直葉が水が苦手ということが分かり、現実世界のプールでアスナたちが直葉の水泳特訓をする……

あくまで2期への繋ぎ、作画が残念過ぎる・・・

本作品はソードアート・オンラインの特別編、大晦日に放映された
なお、本作品放映後に2期の発表がされた

基本的なストーリーは1期終了後の話。
ゲームの中の「水中クエスト」に挑むことになったキリトたちだが、
キリトの妹・直葉が水が苦手ということが分かり、
現実世界のプールでアスナたちが直葉の水泳特訓をする、
一方キリトは事件の概要を総務省の「菊岡」から尋ねられていた
というところからストーリーが始まる。

序盤から遠くからのアングルの作画が多い、手抜きとは言いたくないが
やたらアップの作画を避けるようなシーンが多い。
これが特に気合を入れなくてもいいシーンの作画ならまだ許せるが
いわゆる水着などのセクシーシーンの作画も微妙だ
本来なら萌えやエロを感じられるシーンのはずが作画の質が悪くいまいちだ

ストーリー的にはキリトが「菊岡」にSAOでの出来事を回想として話しつつ、
直葉の水泳の練習が閑話休題的に挟まれる。
各ヒロインたちがプールで泳ぐ中、キリトとの思い出を語ったりしながら
ストーリーを回想していく。
この総集編部分の出来栄えはストーリー構成的には悪くはなく、
テンポよく2クールの内容の総集編が描かれるため見やすい。

これを劇場版でやられたら退屈な映画になってしまうだろうが、
TVスペシャルとしての総集編ならば納得できる総集編だ。
単純にストーリーをカットしつつ追っていく総集編ではなく、
ヒロインとの出会いは出会いだけまとめ、ボス戦はボス戦でまとめる、
プレイヤー同士の戦いはプレイヤー同士の戦いだけを
というふうにきっちりと総集編としてのストーリーの「見せ方」をしており、
総集編としての出来栄えは悪くない。

だが、新規ストーリー部分が微妙だ。
総集編の間にはさまれる水着練習シーンは作画の問題はあるもののそこそこだが、
総集編が終わった後の新規ストーリーは微妙だ。

ゲーム内のくじらを見るために水中クエストを受けるというものなのだが、
戦闘シーンも淡々としており盛り上がりに欠け、
サービスシーンと同じように作画の質も悪くあまり動かないシーンばかりだ。
ストーリーの内容自体も「兄妹」の絆が描かれるようなストーリーではあるが、
クエスト自体はあっさりクリアしてしまい歯ごたえがない。

巨大ボス戦もあるのだが、キリト達が倒すのではなく
NPC同士の戦いで終わってしまうので余計に見応えがない。
目的である「くじら」のシーンも迫力にかけ、新規部分のストーリーや内容は
総集編の出来栄えに比べると微妙としか言い様がない。
これで作画が良ければ水着が多めなのでサービスシーンでキャラ萌えとして楽しめただろうが、
作画の質が悪いのが全体としての評価に響いてしまった印象だ。

全体的に総集編としては悪くない。
新規シーンを混ぜつつ1期の内容を総集編の見せ方としてきちんとストーリー構成しており
総集編ならでは面白さが生まれている、2期への繋ぎと考えれば妥当なできばえだ。
だが、新規部分のストーリーや作画の質が悪く、シーンとしては楽しめそうなのに
物足りない感触が残ってしまった。

去年の大晦日の放送が「猫物語」で、CMは多かったものの全て新規ストーリーで楽しめたのに対し
今作はCMの数こそ普通だが、
ほとんど総集編で新規部分のストーリーが少ないのは物足りなさを感じてしまった。
あくまでも2期への繋ぎ、あくまでもファン向けの作品といえるだろう。

本作のDVDも発売されるようだが、作画は修正が入るのだろうか???
発売後に確認してみたいと思います。