「二ノ国」レビュー

スポンサーリンク
映画
スポンサーリンク

評価 ☆☆☆☆☆(5点) 全105分

あらすじ 冷静沈着で車椅子のユウ、バスケ部の人気者のハル、ハルの恋人コトナの3人は幼なじみの親友引用- Wikipedia

スポンサーリンク

全員馬鹿

本作品は劇場アニメ作品。
原作は2010年に発売されたゲーム作品。
監督は百瀬義行、製作はオー・エル・エム。

車椅子


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

この作品の主人公は障害者だ。
彼の両足はまるで動かず、車椅子に乗って生活を送っている学生だ。
友人の彼女に密かに思いを寄せるものの、そんな思いは叶わず。

主人公が「障害者」というのは設定としては言い方は少し悪いが新鮮であり、
あえて物語の主人公を「障害者」にした理由があるのか。
そういった期待感を感じさせる。
親友の彼女である「コトナ」は明らかに怪しい人物に狙われており、
主人公の目の前で彼女が「刺される」ところから物語が始まる。

なんだこいつ…


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

しかし、序盤から問題なのが「ハル」だ。
主人公の親友であり、コトナの彼氏で、バスケが得意な人気者。
そんな活発的な少年である彼は彼女からの携帯の着信に気づかず、
彼女は変わりに主人公に連絡し通り魔から助けてもらおうとする。

だが、彼女は主人公の前に刺されてしまう。
電話に気づいた「ハル」も現場に駆けつけて刺された彼女を抱きかかえて、
救急車を呼ぼうとしている主人公にこんなセリフを吐きつける

「うるせぇ!黙れ!お前何やってたんだ!コトナは俺が病院に連れて行く!」

明らかにナイフがぶっ刺さってヤバイ状態の彼女を
救急車も呼ばずに、わざわざ抱きかかえて道路の脇にでてタクシーを拾おうとする。
明らかに救急車を呼んだほうがベストな状態だ。
親友であるはずの主人公にも暴言を吐き、救急車すら待たない。
こいつはバカなんだろうか?という疑問が序盤から印象づくキャラクターだ。

道路に飛び出した彼は車にひかれそうになり、
主人公がそんな彼を助けようと飛び込むと、異世界に転送される(笑)
「なろう系」作品を彷彿とさせるようなあまりにも強引な展開に
ドン引きしてしまう。

つまり「ハル」がバカなのは物語の都合上だ。
彼がわざわざ刺された彼女を抱きかかえて、わざわざ道路に飛び出さなければ
「異世界に転送」されるキッカケにならないのだろう。
異世界に登場人物を転送させるためにキャラクターをバカにしている。

自然なストーリーの流れで異世界に行くのではなく、
明らかに強引な展開で異世界に行く。
開始10分でこの作品の印象はかなり悪いところまで落ちてしまう。

異世界転送特典


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

異世界にいきなり着てしまった主人公と「ハル」。
状況に少し戸惑いつつも、彼らは歩き出す。
そう、なぜか両足が動かなかったはずの主人公の足が
異世界に着た途端に動き出している。

刺されて重体になって行方不明の彼女や、
スマホがいつのまにかコンパスに変わってる事実や、
いつのまにか自分たちの洋服が変わっている事実などよりも、
主人公の足が治ったことのほうが彼らにとっては驚きだ。

しかも、異世界でヒロインを探すとヒロインは
異世界の「姫」の姿とそっくりであることがわかる、
姫こそがヒロインだと思い込んだ主人公たちではあるが、
「姫」は姫で呪いを受けており病床に臥せっている

そんな異世界の「姫」にかかった呪いを主人公が解くことができる。
もはや意味不明だ。足は治ってるわ、呪いは解くことができるようになってるわで、
異世界に転送されるときに神様が彼に特典でも与えたのだろうか?
と思うほど主人公の能力が増強されている。

なぜ足は治ったのか、なぜ呪いを解くことができるのか。
説明してほしいところをなかなか説明してくれない。
そもそも、ツッコミだしたら異世界で「なぜ日本語が通じるのか」という部分も
気になる部分だ。なぜか「戦闘能力」まで身に着けており、
ますます、なろうじみている。

しかも色々と異世界でやってるのにも関わらず、
ハルは「きっと夢だ、こんな夢早く冷めちまえばいいんだ」と宣う。
夢だと割り切って馬鹿騒ぎする彼は能天気の極みであり、
物語の都合上、バカになってしまっている彼が憐れでしか無い。

主人公は主人公で「コトナ」よりも「コトナ」そっくりの姫が気になってる始末だ。
元の世界では手の届かなかったヒロインと瓜二つの姫がきになって仕方ない、
足も治り、好きだった女と瓜二つの姫とイチャイチャしだす。

下手くそすぎるキャラ描写


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

主人公はあっさりと「俺達の世界」と姫の前で自分たちが
異世界人であることを明かす。
そんな彼のある意味衝撃的なセリフに対して姫は

「やっぱり貴方は別の世界の人なのね」

と、まるで知っていたかのように話す。
どのシーンで、どのセリフをきっかけに「やっぱり」と思うほど
主人公たちが居世界の住人に見えたのが教えてほしいほどだ。
そんな素振りは見せていなかったはずであり、
姫と主人公はそんなに長い間会話をしたわけでもない。

しかも主人公は「俺達の世界に王様は居ないんだ」とのたまう。
これが「国」ならまだしも、世界中には君主制の国はまだ存在し、
当然、王様も姫も居る。

シーンやセリフの違和感が本当に半端ない。
まるでダイジェストのようにどこかしらのシーンがカットされてるのか?
と思うほどに展開が唐突であり、唐突すぎる上にカットされてるかのような
ストーリー構成のせいでキャラクターの心理描写についていけない。

異世界の国王も馬鹿の極みであり、ちょっと宰相に
「あいつら敵国にスパイじゃね?怪しくね?」と言われると
あっさりと信じ込む。本当にバカしか居ない。

は?


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

話が進めば進むほど見ている側を置いてけぼりにするのがこの作品だ。
主人公たちが敵国のスパイと疑われ拘束されそうになる。
そこで主人公はこんな事を言う

「一旦、一ノ国に戻ろう。」

なぜかここで「元の世界」という言葉を使うのではなく、
いきなり唐突に「一ノ国」という言葉が出てくる。
更に続くセリフに驚愕だ。

「ジャンプのトリガーは命の危険だ、あの炎に飛び込もう!一か八かだ」

主人公まで馬鹿になった瞬間だ。
異世界と自分たちの世界を行き来することを「ジャンプ」と言い出し、
そのジャンプは「命の危険」がきっかけだと。
しかも「一か八か」だ。

もし、主人公の予測が外れてれば二人して火だるまだ。
たった1度のジャンプで「命の危険」がきっかけだと確信している
主人公の感情にまるでついていけない。

ストーリーの流れと設定を説明するためにキャラをバカにする。
序盤で「ハル」にやった手法と全く同じ方法で主人公をバカにしている。
自然なストーリーの流れで異世界を渡る方法を主人公にも
見ている側にも伝えるのではなく、主人公をバカにすることで
強引にストーリーを進めている。

よくぞここまで馬鹿げた脚本が書けるなと思ってしまうほどに
頭を抱えるストーリー展開だ。
元の世界に戻ったら戻ったで「ハル」は夢から覚めたと喜び、
なぜか「コトナ」は刺されてすら居ない。

「一ノ国」と「二ノ国」で命がつながっている人間が居るのは分かる。
刺されはしたが二ノ国で姫の剣を主人公が抜いたからこそ
一ノ国で命がつながってる「コトナ」が助かったのはまだ分かるが、
刺された事実すらなくなるのはどういうことなのだろうか?
まるで理解できない。

しかも、いきなり「コトナ」に「悪性腫瘍」が見つかり、余命三ヶ月になる。
展開がぶっ飛びすぎていてまるでついていけない。
しかもバカな「ハル」は異世界で姫様を助けたから「コトナ」が
死ぬ運命になったんじゃないのか!?と主人公に詰め寄る。

彼は目の前で姫の腹から呪いの剣を抜く主人公を見てるにもかかわらずだ。
しかももう1度異世界に行ってコトナのために「姫」を殺すと言い放つ。
主人公に「お前の妄想はもうたくさんだ!」と言い放つが、
彼の思想も何の確証もない妄想の域だ。
そもそ彼は異世界のことを夢と思っていたはずだ。

主人公と主人公の親友が敵対するという構図を作るために、
キャラクターをバカの極地へと至らせている。
「ハル」は異世界で敵にあっさり騙されて主人公と敵対する。
親友の言葉は信じられず、どこの誰だか知らない鉄仮面の言葉を信じる、
彼はどういう思考回路をシているのだろうか。しかもまだ夢なんだろと言っている。

バカな国王はスパイと彼らを疑ったはずなのに、
主人公を今度は「姫の守護者」にする。呆れ果てるバカっぷりだ。
これで主人公が本当にスパイだったらどうするつもりだったのだろうか。

姫も姫で「コトナさんのために私の命を差し上げます!」と
主人公に対して言い放つ。
命がリンクしてる可能性があるのにそんな事を主人公にできるはずはない。

ぐらでぃおん


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

中盤をすぎると唐突に「聖剣グラディオン」がでてくる(苦笑)
その聖剣が何なのかよくわからないものが唐突に出てきて、
しかも、その聖剣グラディオンは紛失していて
かつて王の父がそれを使ったことが国王の口から語られる。

この作品は根本的にストーリーの中で自然に説明するということが出来ていない。
唐突な行動、唐突な展開の中でキャラクターが唐突に
「語りだす」ことで説明する。
ストーリーや要素の見せ方というものを根本的に製作者側が分かっていない。
戦闘シーンも当然あるのだがアニメーションとしての面白さはない。

親友同士で敵対し、命の奪い合いになっても、
互いを殺し合おうとすれば命の危険というトリガーが発動し
元の世界に戻ってしまう。すると、またキャラ同士の会話だ。
「映画」として盛り上がるシーンが本当に少なく、
ひたすらキャラ同士が会話している。

孤児


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

主人公は赤ん坊の頃に飛行機事故にあい、唯一の生き残りだ。
里親となる「花屋」のもとで彼は生活している。
そんな彼には年上の花屋のサキ姉という存在が居る。
血の繋がりはないものの彼にとって姉のような存在だ。

そんな彼女が二ノ国からやってきた敵にこんな事をきかれる
「弟はどこだ?」
当然、主人公のことを指している。だが、そんな敵の問いに対し
「弟?」
と訝しげに疑問形で答える。そこで更に敵が
「とぼけるな、足の悪い弟がいるだろう」
と言い放つ、その問いに対しサキ姉はこう答える
「ユウのこと?」

幼い頃から一緒に暮らしていていて自分のことを
「サキ姉」とまで呼んでいる主人公のことを彼女は
「弟」と認識していない(苦笑)
確かに血の繋がりはなく、厳密に言えば弟ではない。
だが、家族であり弟のような存在のはずだ。

こういう細かいセリフの違和感が作品全体の違和感につながっている。
敵が彼女を「サキ姉」とよんだことで主人公はなにか分かった気になっているが、
見てる側としてはなにもわからない。

真実はいつも1つ!


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

主人公は「二ノ国」に戻ると自らの推理を披露する。
姫を殺そうとしたこと、主人公たちを襲った刺客が「サキ姉」と呼んだことを、
短剣と同じ「匂い」が宰相から漂ってきたことを理由に
彼を犯人と断定する(苦笑)

唐突に匂いという謎の証拠が出てきたことに見る側は困惑することしか出来ないが、
「魔法に匂いは存在する!」という唐突な後付設定が明かされ、
しかも呪いが跳ね返されたことで体には跡が残るらしく、
宰相が犯人であることが決定づけられる。
もはや勝手にやってくれと言いたくなる推理ショーだ。

唐突に彼がすべての黒幕であることが明らかになるが、
実は彼は死んだはずの王の兄であり、錬金術で生き返ったことが
すべて彼の口から語られる。
浅さの極みのようなキャラのセリフと説明口調の数々に
心底どうでも良さが強まる。

設定どこいった?


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

終盤、主人公は操られた親友と戦う。
「命の危険」がジャンプのキッカケだったはずなのに、
親友の剣をぎりぎり交わすという命の危険にさらされてもジャンプせず、
「姫」をかばって落下物が主人公の体に突き刺さってもジャンプしない。
命の危険でジャンプするという設定を終盤に忘れている、
作った設定すら貫き通せないのかと辟易する。

絶体絶命のピンチに「聖剣グラディオン」が主人公の目の前に現れる。
ちなみに主人公の体には穴が空いていたはずなのだが、
「聖剣グラディオン」が覚醒すると主人公の体が治り、
チンケな変身をした敵と戦いだす。

これで「主人公が倒しました」ならスッキリと終わるかもしれないが、
肝心の止めは親友である「ハル」がさしている。
主人公の一番の決め所を奪われる(苦笑)

しかも、実は世界を行き来する力は敵の力だったことが明らかになる。
もはや意味不明だ。

はぁ?


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

主人公は二ノ国の姫のことが忘れられない。
もう世界を行き来することが出来ないのに、全てを捨て去って
彼は「二ノ国」に残る決意をし、「二ノ国」に残る。

元の世界に戻るとなぜか「コトナ」の腫瘍はなくなる。
一体どうしてそんな奇跡が起こったのかが謎でしか無い。
ご都合主義にほどがある。
しかも、「一ノ国」の住人は「ユウ」のことを忘れ去る。

そして親友であるハルは気づく。
「今わかった!お前の正体はお前は俺だったんだな!
 お前は二ノ国の住人だったんだな」

もはや最後の最後までツッコミが追いつかない。
主人公と親友が同じヒロインを好きになったことが根拠らしいが、
基本的に一ノ国と二ノ国で命がつながってる人物が瓜二つの姿をしている、
それにも関わらず主人公と親友の姿はまるで似ていない。

親友が主人公が命がつながってる人物であることを根拠付ける理由が
あまりにも浅く、最後の最後まで彼は馬鹿だ。
物語の都合でバカにされる憐れなキャラクターだ。

主人公は主人公で二ノ国でお姫様と幸せに暮らしましたで終わる。
そもそもなんで主人公の足は治ったのだろうか…

スポンサーリンク

総評:5分に一回突っ込める


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

全体的に見てガバガバすぎる作品だ。
制作側がやりたいことは理解できるものの、
バカすぎるキャラクターたちには何の感情移入も出来ず、
ブレまくる設定と唐突なストーリー展開にはまるでついていけず、
映画が終わっても「いやどういうこと?」と問いただしたくなる作品だ。

さすがはあのガンダムAGEの「日野晃博」が脚本を手掛けたことはある。
ここまで整合性がなく、ツッコミだらけで、キャラクターに感情移入できない
脚本を作れるのはさすがとしか言いようがない。
一周回って見る側にあえて突っ込みどころを突っ込ませるどころで
楽しませる作品作りをしてるのでは?と思うほどの出来栄えだ。

本当に始まって10分から最後の最後まで突っ込みどころしか無い。
あまりにも作品がボケまくるため、ツッコみが追いつかず、
ボケの説明もろくにしない。

これが本当にギャグアニメならぶっ飛んだカオスな作品として
評価できるが、ファンタジーなアニメ映画として本気で作っているなら
「見てる側に伝える」という作品における当たり前のことが出来ていない。
最低限、主人公の足が治った理由くらいは説明してほしいところだ。

個人的な感想:意味がわからない


引用元:©2019 映画「二ノ国」製作委員会

本当に1時間46分、突っ込みどころしか無い。
主人公の障害者という設定も、設定だけで何の意味もない。
あえてそういう設定をしたのにまるで生かされない。

赤ん坊の頃から一ノ国に居たのに、二ノ国で身体能力が強化される理由もわからず、
謎に魔法をいきなり使えるのも意味がわからない。
そもそも違う世界にいると「危険」があるらしいのだが、
もともと二ノ国の住人である主人公は16年くらいは違う世界に居たことになる。
もう意味がわからない。

ヒロインの唐突な腫瘍と、唐突な奇跡は何だったのか。
誰かに説明してほしいが、誰にもわからないかもしれない。
すべてを知るのは脚本を手掛けた日野晃博氏自身だろうが、
もしかしたら彼にもわからないかもしれない…(笑)

コメント

  1. 黒× より:

    それでもポッピンQよりは高いのかー

  2. 朔太郎 より:

    ユウが二ノ国の住人であるということ自体、作品内屈指の馬鹿であるハルの推測でしかないから、恐らく違うのだろうと僕は考えてる。どちらにしろ、設定を詰め込み過ぎて、その設定を上手く使えてないし、繋げれてもない。本当に稀に見る駄作だろう。