「お酒は夫婦になってから」レビュー

スポンサーリンク
日常
スポンサーリンク

評価 ☆☆☆☆☆(7点) 全13話

あらすじ PR会社で働く水沢千里は無口ながらも、主任職を任されるほど有能かつ努力家で、周囲からも尊敬されていた。引用- Wikipedia

スポンサーリンク

ワカコに謝れ

原作は無料マンガサイト「やわらかスピリッツ」で連載中の漫画作品。
監督はひらさわひさよし、制作はCreators in Pack。
1話5分ほどの短編アニメ

空虚


引用元:© クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

見出して感じるのは空虚さだろう。
美人で仕事のできるクールなヒロイン、彼女はいつもまっすぐ家に帰り、
家に帰ると優しい夫が待っている。

「私はお酒は…」と否定しつつも夫が作ったカクテルを飲むと
彼女はポニーテールと、メガネを外し、顔を緩めて赤らめて
「しふく~」という言葉とともに
ゆるみきった笑顔を浮かべ可愛らしくなってしまう。

この作品の内容がこれで終わりだ。はっきりいって中身がない。
毎話、色々なカクテルをを飲んで「しふく~」と言って旦那に甘えるだけ。
ギャップのあるヒロインというのを狙っているのかもしれないが、
出れている描写のほうが多くギャップが生まれていない。

甘え


引用元:© クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

ヒロインが夫に甘える姿はバカップルそのものであり、
ヒロインがお酒に酔って旦那にデレるさまが可愛いと思う人もいるかもしれないが、
かなり安易であり浅い。

旦那に対してデレる様もツンデレやアニメキャラの可愛さというよりも、
電車でいちゃつくバカップルを見ているようなイラ立ちを感じてしまい、
ヒロインのことを可愛いとは思わない。

例えばヒロインが

「もう罰だよ!お布団の中でぎゅーっとする刑!」

とかいうセリフを言ってしまうようなアニメだ。
このセリフを何の抵抗もなく受け入れることのできる人は
この作品を見ることはできるかもしれない。

だが、このセリフに「うえっ…」と吐き気と寒気を感じてしまった方は
この作品のヒロインを受け入れることは出来ないだろう。
正直、何年前のセンスだと思うほどのセリフのセンスの古さも有り、
一周回ってギャグで言ってるのか?と思うほど
ぞわっとする寒さのあるキャラとセリフの数々だ。

旦那のキャラも「ヒロインにとって都合のいい主夫」でしかなく、
無個性なイケメンキャラでしかない。

パクリ


引用元:© クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

そもそもお酒を飲む度にヒロインが漏らす「しふく~」という言葉もかなり強引だ。

Wikipediaによると
「しふく!というフレーズがカクテル好きの間で知られるようになった」
と大嘘が書かれている。とんだホラ吹きがいたものである。
しふく!というフレーズをカクテル好きが使ってるのならば
私にぜひご一報いただきたい。

そもそも、この作品はカクテルなんかどうでもいい作品だ。
これみよがしにレシピを最後に紹介していたりもするが、
この作品でやりたいことはヒロインのギャップ萌えと
旦那への甘えっぷりのイチャラブをしたいだけであり、
お酒に対しての描写にこだわりなど一切感じない。

同じ酒アニメである「ワカコ酒」は美味しそうなおつまみの描写と、
「ぷしゅー」というお酒を飲んだあとの吐息が見事にマッチしており、
1話5分と本作品と同じ尺でありながらしっかりとした作品になっていた。
思わず、お酒とつまみを用意したくなる、そんなアニメだった。

しかし、この作品を見てお酒を見たいとはみzんmンモ思わない。
旦那の作ったカクテルを飲んでだらしない顔を浮かべ、
「しふく~」という意味不明なフレーズを言っているだけだ。
グルメアニメにありがちな過剰かつ下品な反応は好みが分かれる所であり、
なにを飲ませても同じ反応しかしないため、ワンパターンでしか無い。

そもそも「カクテル」である必要性もまるで感じない。
毎話毎話色々なカクテルが出てくるものの、
そのカクテルを飲んだ後にカレーが出てきたりとめちゃくちゃだ。

話の主軸に「カクテル」がなく、カクテルである必要性もない。
ただ色々なカクテルをこれ見よがしに出してるだけで
その「カクテル」である必要性のあるシチュエーションが作られることが少ない。

3話で怪我をシてるのに飲みたいと言ったヒロインに対して
ノンアルコールカクテルを出したり、風邪のときに卵酒を出す。
それくらいだ。

スポンサーリンク

総評:劣化コピー


引用元:© クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

全体的に見て引き出しの無さすぎる作品だ。
カクテルの種類が違うだけでほぼ毎回起承転結は決まっており、
何の意外性も無ければ面白みもない。
1話を見て気に入る人がいるならば最後まで見れるかもしれないが、
1話を見て面白くなければ2話以降を見ても同じだろう。

こういった料理や食事を扱う作品において
「性欲」と「食欲」を混合させてしまうと嫌悪感を抱く人が多い。
ワカコ酒は食欲だけを描いていたから多くの人に受け入れられたが、
この作品は性欲も混合させてしまっているため嫌悪感を懐きやすい。

「しふく」というフレーズもワカコ酒を見て思いついた感じが凄い。
連載開始時期を見てもワカコ酒は2011年、本作品は2015年だ。
パクリとは安易にいいたくはないものの、劣化コピーでしか無い。

アニメに関しても作画のこだわりもキャラクター描写の方に気合が入っており、
本来はメインであるはずのお酒や料理に関してはあまり気合が入っておらず、
色々なカクテルや料理が出てきても「美味しそう」と思えない。
とってつけたようなカクテル要素と夫婦のイチャラブをただただ
ひたすら見せつけられるだけの作品だ。

個人的な感想


引用元:© クリスタルな洋介・小学館/「お酒は夫婦になってから」製作委員会

個人的にはまさかアニメ化されるとは思ってなかった。
グルメ漫画が好きなので原作の1巻だけ読んだが、
この作品がアニメ化されることはないだろうと高をくくっていたら、
予想外のアニメ化だ。

アニメ化になれば原作で感じた嫌悪感が薄れるかと思ったが、
余計に増すだけだった。
もう少しうまく何らかの工夫があってくれれば評価は違ったかもしれない。

なお1クール1話5分の全13話のアニメなのに、BDは全3巻でるようだ。
1話5分の1クールアニメの場合は通常は一巻しか出ない。
Amazonの詳細によると「本編12分+映像特典約40分」という
本編よりも長い特典映像で水増ししている。
内容は声優によるガヤガヤな感じの内容らしい。

もはや制作側が本編に意味がないと言ってるようなものだ。
少なからずこの作品に愛情があるならばこんなことはしないはずだ。
本当に最初から最後まで恥も外聞もない作品だった。

コメント