「終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。」レビュー

スポンサーリンク
セクシー

評価 ☆☆☆☆☆(0点) 全12話

あらすじ 飲み会で終電を逃した相澤みのりは、ひょんな事から、犬猿の仲である上司の羽田野秋彦と一緒にカプセルホテルに泊まることになる引用- Wikipedia

スポンサーリンク

僧侶枠はもうコリゴリだ

原作はComicFestaで連載中の漫画作品。
いわゆる僧侶枠と呼ばれる1話5分ほどの短編アニメであり、
規制された内容を地上波で流し、有料サイトで完全版を見せる方式をとっている。
監督は荒木英樹、制作は彗星社

はいはい

見出して感じるのは「あー僧侶枠のアニメだな」という感じだろう。
女性向けのアダルト内容そのものであり、安直かつストレートな内容だ。
この作品はタイトル通りの内容だ。
終電なくして上司とカプセルホテルに泊まることになるが、上司に襲われる。

これ以上でもこれ以下でもない。
「甘い懲罰〜私は看守専用ペット」のようなネタ的なシーンがあるわけでもない、
坊主や女装男子など男性側がなにか特別なわけでもない。
もはやなんの面白みもない。

セクシーシーン

本作では割と見せている。下着やあえぐシーンも多く、
他の僧侶アニメに比べれば規制は緩い。
なんの工夫もない「真っ白な丸」が局部などを隠しており、
規制されているとは言えかなり直接的な表現になっている。

正直やりすぎだ。
あくまで地上波は「寸止め」で終わらせて有料サイトで
完全版を見せる手法だったはずなのに本作は規制があるとは言え
寸止めで収まっておらず、いくら規制されているとは言え
「R18」にしないと色々とまずいシーンがあまりにも多い。

私は僧侶枠のアニメはアダルト動画のサンプルを地上波で流してるだけの
作品と評したことがあるが、この作品はサンプルどころか
モザイクが大きいだけの本編みたいになってしまっている。

おそらくは有料サイトへの流動数が減ったのだろう。
規制を緩め表現を過激にすることで流動数を増やしたいのは分かるが
一応は全年齢な地上波でここまで流すのはちょっと不適切すぎる。

「舐める」「入れる」といった行為が白い丸で
隠されてるとは言え描かれるのは頂けない。

ストーリー

僧侶枠のアニメは基本的にストーリーはあってないようなものだが、
この作品も同じだ。
意地悪な上司に流されるままに抱かれていじめられて
翻弄される様子を1時間見せられる。

こういった「いじわるな上司」という男性のキャラクター属性が
好きな人には楽しめるかもしれないが、
それ以外の人には楽しめない作品だ。

総評:過激化

全体的に見て駄作だ。それだけでなくたちの悪いことに、
かつての僧侶枠に比べて明らかに過激化しており、より露骨な表現が増えている。
1話5分ではあってないようなもののストーリーのどうでも良さや、
テンプレート的な主人公とヒロインのいちゃこらを
1時間見せられるだけの作品であり、
甘い懲罰や僧侶のようなネタになるような面白さのあるシーンはない。

本当にどんどん露骨になっている。
サンプル動画の内容を過激にして有料サイトに誘導したいのは分かるが、
それならばYOUTUBEあたりでやっておけばいいだろう。
「地上波のアニメ」という枠組みの中では表現のラインを超えており、
女性向けだからこそBPOなのでやり玉に上がりにくいのかもしれないが、
正直誰かに起こられてほしいと思う作品だ。

来季も「パパだってしたい」という作品をやるようだが、
もうそろそろいい加減にしてほしい所だ。

個人的な感想:僧侶枠にはもう懲り懲りだ

流石にこの枠のアニメを見るのはもうやめようかと思ってしまった。
たまに見れる作品やネタになって笑える作品もあるだけに、
少し前までは僧侶枠のアニメを楽しみにしていた部分もあったのだが、
前枠の「じょしおち」あたりからそういった面白さが無くなった。

地上波で「性行為」を流すのはありなのかダメなのかというのは
永遠のテーマではあるものの、この作品をきっかけに
他のアニメの表現の規制が強まったりするような懸念もある。

そもそも私はこの作品の「サンプル」を地上波で流して
有料サイトへ誘導するという商法が本当に嫌いだ。
かつての僧侶枠アニメなら規制版ならではの楽しみのある工夫があったが、
この作品には、そういった工夫もない。

来季のこの枠のアニメはもう見ないかもしれない。

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。  OA版 [DVD]
ビデオメーカー (2019-02-20)
売り上げランキング: 8,947

コメント