魍魎の匣

魍魎の匣感想


魍魎の匣感想
魍魎の匣
★★★★☆
暗い性格で友達もいなかった楠本頼子は、クラス一の秀才で美少女の柚木加菜子に突然
「私たちは互いが互いの生まれ変わりなんだ」と声をかけられる。
不思議な事ばかり言い、難しい文芸雑誌を読む加菜子に戸惑う頼子だが、
互いに孤独だった2人は親交を深め、2人で最終電車に乗って湖を見に行こうと約束するが、
加菜子は中央線武蔵小金井駅のホームから何者かに突き落とされ、列車に轢かれてしまう。
濃厚濃密
京極夏彦さんの小説が原作の本作品は、
まるでハードブックの分厚い本を読んでいるかのような錯覚に陥らされた。
第一話の冒頭では、生首の入った箱を電車で見せられるシーンから始まる。
この強烈に印象深いシーンは、作品自体にまるで魍魎が住むように
幻惑的で不思議な魅力を秘めていた。
バラバラ殺人を中心に話は進み、ところどころに宗教的なものや陰陽師と言ったものが絡む。
複数の出来事、多くの人物が登場し、展開を1つ間違えば意味がわからなくなってしまう
危うい橋をわたるかのようなストーリーは、見れば見るほど先が気になる。
まるで本のページを次々と捲ってしまうかのように。
古い時代の背景や服装、登場人物など作画は非常に綺麗に描かれており
作品の幻想的な雰囲気を助長していました。
ただ、重厚すぎるストーリーと多い登場人物の性で若干困惑しやすいのは欠点、
もともと分厚い本が原作なだけに1クールで纏めるには
これだけ濃厚で濃密に1話1話に詰め込めなければ終わらないといことはわかるが、
何回か見ないとストーリーを完璧に把握できないのは非常に残念。
しかし、その欠点を覆い隠すような最終話の事件の結末は非常に感嘆した。
まさか、え?そういうことなの・・・?と、
種を明かされた時の狂気じみた人物の思想や展開は震えすら覚えました。
原作を読みたくなる。
そんなアニメ作品になってしまっているのは
やはり、原作のいい部分だけ切り取っているからかもしれない。
説明不足な点や、把握しきれないストーリーは是非原作を読んでくれ!という
制作側の意向なのかもしれません。
ただ普通のアニメでは味わえない、悦楽にも似た魅力を秘めた作品です。