秘密結社鷹の爪 鷹の爪シックス 〜島根は奴らだ〜

評価/★☆☆☆☆(17点)

秘密結社鷹の爪 鷹の爪シックス 〜島根は奴らだ〜 評価

全13分
監督/FROGMAN
声優/FROGMANほか

あらすじ
日本列島では突如島根県が狂暴化し鳥取県を襲うという現象が発生。この現象の解決を政府から要求されたデラックスファイターであったが、島根のことをよく知らないデラックスファイターは鷹の爪団に仕事を下請させ、成功報酬に政府が用意する8億円のうち1億円を差し出すという。この条件をしぶしぶ受け入れた鷹の爪団は、予算切れで映画が終わらないよう節約しつつ、デラックスファイターと鳥取へ向かう。

スポンサーリンク

トシちゃんPV映像

本作品は秘密結社鷹の爪の映画第五作品の劇場入場特典としてついてきたDVD.
いちおう第六作目と銘打っており、
鷹の爪MOVIEシリーズとして6作品目の作品となっている。

開始早々、「13分24秒」という収録時間に驚く(苦笑)
映画5作品目の特典として配られた本作品だが一応6作品目と銘打っており
少なくともアニメ1話分くらいはあると予想していただのだが
正直コレではOVAでも映画でもなく特典映像だ。
これをMOVIEシリーズ第6段としていいのか非情に微妙な所だ・・・

しかし、内容自体は面白すぎる(笑)
日本地図で描写される島根県が日本地図から離れ鳥取県をボコボコ通そう図は
是非スクリーンで見たかったと思わず思うほどシュール過ぎるシーンで、
島根県を襲う鳥取県を広島県が説得しようとし、岡山県は傍観、
そんな中で山口県は津和野を手に入れようとするなどもう何がなんだか・・・w

ストーリー的には色々壮大だが、鷹の爪団は予算が少ない中で予算をかけないように何とかストーリーを展開する。
FROGMANが無茶をいったためノースポンサーで展開しているためいつもの映画のように予算ゲージは増えない。
なるべく予算をかけないように適当な背景作画でごまかしつつ、
「鳥取県をけしかけた県を推理する」という展開だ。
ある意味、県ネタともいえるネタで若干わかりにくいネタもあるがストーリー自体は気になる。

しかし、そんな気になる展開の中である芸能人が出ることで予算が0になってしまう。
確かに予算が一気に削れるという面白さはあるのだが、
いつものスポンサーのようにネタにして面白いという感じではなく、
その芸能人による曲のプロモーション映像がただ流れるという展開は面白みを感じない
しかも、その実写PV映像が以上に長い。
更に曲はどうでもいいラップも流れるのでちょっと薄ら寒くすらある。

いつものスポンサーは宣伝効果も少なからずあると感じているが
今回のプロモーション映像によるスポンサーは引いてしまい、この芸能人に悪い印象しか感じない
更にそのまま本編が終わってしまうというシュールさではあるのだが・・・

全体的に見て特典映像なので期待はしていなかったが、特典映像レベル以下だ。
収録時間の3分の1が実写PV映像になってしまっているシュールさはあるものの
いつものようなスポンサーネタの面白さはなくただ寒いだけ。
せっかく中盤までの内容が面白かったのに本当にしらけてしまった。
これなら普通に予算が尽きて第七段見てね!のほうが鷹の爪らしくて好感が持てた
鷹の爪の映画を見に来た方が「田原俊彦」のファンとは限らない(苦笑)
あくまでも「次回作の本編を特典としてつける」というネタのための内容だ

特典もあるので早めに第五段の映画を見に行こうかなと思ってる方は
この特典映像はそこまでのものではないため、急がなくてもいいかもしれない。
これならばべつの特典のほうがよかったと感じてしまうレベルだ
せっかく第五段の映画が面白かったのに帰ってから見た特典がコレでは正直評価を落としかねない

ただ第七段の映画もやる気マンマンのようなので次回作には期待したい所だ
今回の内容は次回やるのだろうか・・・鳥取県をけしかけたのは誰なのか非常に気になる(笑)

スポンサーリンク