ぜひテレビアニメ化してほしい「ガールフレンド(♪)」レビュー

2017年3月2日

評価★★☆☆☆(35点)全3話

あらすじ 「全国ダンスバトルロイヤル」が終了したある日の『nonet』とライバル『鳳』の、いつもと違った一面が描かれます。
引用 – Wikipedia


スポンサーリンク

ぜひテレビアニメ化してほしい

本作品はソーシャルゲームのアニメ化作品。
同じガールフレンドのアニメ化は完璧に失敗し、
ダンスリズムゲームが流行って食いついたシリーズ作品。・
監督は筑紫大介、制作はエンカレッジフィルムズ。
1話あたり10分ほどで全3話のウェブアニメ。

見出して感じるのは質が高すぎるOPだろう。
前作のガールフレンドは作画がお世辞にも良いとはいえず、
結局何の印象も残らなかった作品だったが、
この作品のOPはびっくりするほど完成度が高い。

いかにも最近の「アイドルアニメ」風なOPではあるが、
きっちりと踊って、きっちりとしたカメラワークで、
一人ひとりのキャラがオープニングでしっかりと印象に残る。
正直、見る前はどうせ駄作だろうと舐めていただけに驚いてしまった。

しかしながら、ある程度「ゲームをやっている」前提の作りになっている。
ダンスバトルというものを日常的にやっているようなのはわかるが、
キャラクターの説明や紹介というのはほとんどない。

あくまでもゲームをやっている人向けの作りになっているが、
逆に割り切って「原作のファン向け」に作られているからこそ、
シンプルにキャラ萌えを味わえる。

作画の質もオープニングだけの見せかけではなく、
作中でもかなり質の高い作画で描かれている。
細かい表情の変化、コミカルな動き、肌の質感など、
かわいいキャラクターの可愛さを妥協せずにきっちりと描いている。

ただ、意外なことにストーリーが1話完結型ではない。
全3話構成にはなっているが、単純に1話を三分割しているだけであり、
原作はアイマスやラブライブのようなリズムゲームなのだが、
アニメは文化祭?でやる劇をみんなでやるというような感じの話を
やるだけであり、原作の要素がキャラクター以外に全然ない。

せっかくOPでは歌って踊っているのに、本編ではそういった要素はほぼない。
あくまでファン向けのストーリーと内容で終わってしまい、
最後だけなんかついでに歌って踊った感じが強く、
原作のアイドル&リズム的な要素がアニメ本編で生かされないのは残念だった

全体的に見て残念な作品だった。
前作のガールフレンドのアニメが駄作だったが、
本作品は3話ではあるもの非常にクォリティが高く、
これが1クールの作品のうちの3話なら悪くないのだが、
全3話のストーリーとしては中途半端すぎる。

このスタッフでぜひ1クールの作品としてガールフレンドを作って欲しい、
そう思えるほどクォリティは高いのだが、
全3話ではファン向け止まりの作品で終わってしまっているのが残念でならない。

ガールフレンドは声優が豪華すぎるためアニメ化が難しいのは分かる、
だが、昨今は空前絶後のアイドルアニメブームだ。
このクォリティを維持して1クール、アイドルアニメを作れば
絶対に流行りそうなのだが・・・予算のハードルは高そうだ。

ただ原作は金だけはありそうなサイゲームスが運営元だけに、
その有り余るマネーパワーでぜひ、
豪華すぎる声優陣とハイクォリティーな作画で
ガールフレンド(♪)をTVアニメとして制作してほしい所だ(笑)

ガールフレンド(♪) [DVD]
ガールフレンド(♪) [DVD]

posted with amazlet at 17.03.04
movic co.,LTD.(PLC)(D) (2017-01-27)
売り上げランキング: 32,409