DOG DAYS”」

2016年6月29日

評価/★★☆☆☆(38点)

スポンサーリンク

安定の3期、だが期待値を超えてこない

本作品はDOG DAYSの3期。
監督、制作会社などは2期から変更はない

見出して感じるのは「安心感」だろう
1期、2期と作品の中の季節を変えつつ
異世界である「フロニャルド」での日常を描いている本作品、
1期は色々と問題があったが、2期からは安定しており
その安定さが3期で盤石なものになったことを感じる1話だ

特にキャラクターの可愛さに関しては素晴らしい安定感だ。
各キャラクターを演じている声優さん達の
演技力の向上をひしひしと感じるほど
「キャラクターの滲みでる可愛さ」の演技が素晴らしく、
はっきりいって本当にありがちな大したことがないシーンのはずなのに
声優さんの演技が可愛さに後押しし、素直に「萌え」を感じる。

更にあからさまなセクシー要素(笑)
2期でも露骨に服が脱げたり、アカサラマに狙いまくったシーンが多かったが
3期ではソレに拍車がかかっており、
更に作画のレベルが2期に比べると上がっており、
2期では「萌え」の範疇でぎりぎり抑えていたセクシー描写が、
3期でははっきりと「エロ」として描写されているシーンが多い。

1期、2期、3期とキャラクター描写を深めていったからこその
「セクシー描写」として受け止めることはできるが、
人によっては1期や2期よりも過激になったシーンは
若干嫌悪感を感じてしまうかもしれない
この点に関しては人によって受け止め方が違うだろう

ただ、そういったセクシーシーンがあるからこそストーリーがダレない。
トントン拍子に進むファンタジーストーリーは非常に分かりやすく王道だ
だからこそテンポを早めて、適度にセクシーシーンを入れつつ
本作品の多い登場人物をバランスよく画面の中に登場させ
ストーリーを盛り上げている。

本来は2話や3話かけてやるような話を「サクッ」と
1話でまとめているパターンも多く、シリアス展開が長引かない。
逆に言えば物足りなさを感じる部分はあるものの、
キャラクターの可愛さや日常パートが好きな人にとっては
長引かない戦闘シーンやシリアス展開はちょうどいい塩梅だろう

ただキャラクター数が多いこと、日常話が中心になったことにより
本来の主人公であるはずの「シンク」や
本来のメインヒロインであるはずの「ミルヒ」などのシーンが少なくなっており、
バランスよく描写する制作側の姿勢は評価したいところだが、
「サブキャラ」はサブキャラ、「メインキャラ」はメインキャラと
割りきって描写しきれていない。
サブキャラ数が少なく、メインキャラ級のキャラが多いため仕方なくはあるのだが。

だが、そこに更にキャラクターが追加されてしまう。
確かに新しいキャラが追加されたことで、
既存のキャラクターの魅力が深まることも多いのだが、
その分、既存のキャラクターのシーンも削られてしまう。
1期、2期の段階で十分キャラクター数がいるだけに
更に追加されるとさすがに捌ききれていない感じが出てきてしまったいる

更に新キャラが1話限りではなく、何話かにわたって出てくるので
新キャラにばかり尺が取られて既存のキャラにスポットが当たっていない
これが2クールの作品ならばストーリー構成的に問題ないが、
1クールの作品で流石に新キャラたちに尺を割きすぎてしまっていた

ストーリー的には1話~3話完結で日常からファンタジーストーリーまで
バランスよく描かれているが、「本筋」というものがない
きちんと区切りをつけてストーリーを展開しているため見やすさはあるが、
1期や2期のような見応えは生まれておらず、
どちらかというと「OVA」的な印象が最初から最後まで拭えなかった

全体的に見て色々な意味で期待通りの作品だが、
同時に「期待を超える」作品ではなかった
1期から見続けたファンにとってはキャラクターの萌え要素も増え、
戦闘シーンが増えてはいるがシリアス要素はあまりなく、
サクサクと進むストーリーが心地よくキャラクターの可愛さを感じさせてくれた

ただ同時にキャラ萌え作品になってしまったことは否めず、
もう少し本筋のストーリーがあれば印象は違ったかもしれない
あくまで1期と2期を楽しんだファン向けの作品という感じだ
ただ、そのファン向けの作品の割には新キャラにスポットが当たりすぎて
スポットが当たらないキャラクターが多すぎる印象を覚える。

特に「エクレール」は出てはいるもののシンクとの絡み味が薄く、
1期ではメインヒロインキャラ扱いだったはずなのに
3期では完璧にサブキャラ扱いだ
キャラクターを増やすことで既存のキャラの新しい魅力ができるのはいいのだが、
既存のキャラをさすがに増やしすぎてしまった感じだ。

売り上げ的には2期より若干下がった感じは否めない。
1期1巻、2期1巻、ともにイベントチケットがついて
1万枚を超える売上だったが、
3期1巻の売上はイベントチケットがついて6600枚だ。
もちろん売れてる部類ではあるのだが、イベチケ効果を考えると
2巻以降の売上は若干厳しいかもしれない。

恐らく制作側は4期を予定しているだろう。
1期では春、2期では夏、3期では秋と季節が代わりながら
フロニャルドという異世界を描いていた
とすれば、4期は冬だ。
色々と期待したいところなのだが、同時にコレ以上キャラが増えると
流石にキャラの名前覚えるのは難しそうだ・・・(苦笑)