ロジカリストの必要性は・・・?「ひなろじ ~from Luck & Logic~」レビュー

スポンサーリンク

評価 ★☆☆☆☆(14点)全12話

あらすじ 引用 – Wikipedia

ロジカリストの必要性は・・・?

本作品は「ラクエンロジック」というトレーディングカードゲームを
題材にしたアニメ作品。
同名のアニメも存在するが、本作品は新シリーズと言う形になる。
監督は高橋悠也、制作は動画工房

見出して感じるのは「ラクエンロジック」との雰囲気の違いだろう。
前作のラクエンロジックはよくわからない世界観の中で
キャラクターをどんどん出してバタバタ戦闘してた印象であり、
どちらかというとシリアスな感じの作品だった。

世界観は同じでありながら、この作品は完璧に「学園モノ」だ。
前作と同じロジカリストな登場人物では有るものの、
敵の襲来がほとんどなくなったという設定になっているため、
基本的な雰囲気は明るい。

キャラクターデザインもだいぶ違う。
かなり今時な可愛らしい萌え萌えなデザインで前作よりも頭身が縮まっており、
「ベタベタな萌えアニメ」っぽさを強く感じてしまい、
人によっては1話の時点で受け入れがたいものを感じてしまうかもしれない。

戦闘シーンも有るのだが基本的にロジカリストを育てる学園の話なので、
変身シーンや生徒同士のバトルシーンなどはあるのだが、
前作のような雰囲気やストーリー展開はほとんどなく、
敵とのシリアスなバトルというのがこの作品には存在しない。

はっきりいってしまうと「ロジカリスト」である必要性を感じない。
前作を見ていない人に説明すると、
人間界に異世界からの敵が定期的にやってきており、
100万人に一人しか存在しないロジカリストが異世界の住人と契約して戦う。
というのがロジカリストというものであり存在価値だ。

しかし、前作から時間がたったせいで異世界からの敵がほとんど現れず、
登場キャラクターはそんな状況なのにロジカリスト養成のための学校に通っている。
他の能力学園アニメでは能力者が軍事的な利用や、
学園内でのランクバトルをしたりするが、この作品はそんなことはしない。

結局のところ本来は物語の主軸のはずの「ロジカリスト」という設定が、
無用の長物となっており変身シーンもバトルシーンも
描かれている内容の中で必要性を感じない要素であり、
日常ほのぼのが9割なのに1割のバトルが雰囲気を壊してしまっている。

日常要素も「あらかさま」なシーンが多い。
ラクエンロジックでは唐揚げを食べると言うシーンに
無駄なエロスをつぎ込んでいたが、この作品は作品全体に散りばめられている。
お約束のような真っ裸なお風呂シーンなどの露骨なエロシーンも多く、
学園日常ものと考えてもあざといシーンの多さは気になる所だろう。

ストーリー的にも学園日常モノでそれ以上でもそれ以下でもない。
前作のようなストーリー展開はなく、あくまでもほのぼのとした日常モノ。
女性キャラがほとんどということもあり「百合」な要素もあるため、
そういった要素が好きな人が楽しめる部分はあるものの、
キャラが可愛いと百合以外は見所や内容が薄い。

総評

全体的にキャラクターを気に入れば最後まで学園日常ものなので見ることができるが、
キャラクターが気に入らなければ厳しく、日常モノとしてはバトル要素が邪魔であり、
「ラクエンロジック」という作品を知っていると違和感が強い。
百合要素やお風呂などのセクシーなシーンも有るため好みが分かれる部分はあるが、
日常アニメと割り切れば最後まで見ることができるだろう。

この作品がラクエンロジックと無関係な作品ならもう少し評価が違ったかもしれない。
必要性を感じない設定や前作とのつながりが多く、そのせいでストレートに
学園百合日常萌えアニメを楽しまさせてくれず引っかかりを生んでしまっていた。
前作が爆死だったために方向性を変えたのかもしれないが、
前作とのつながりがあるせいで余計な要素が多すぎる作品だ。

シリアスな要素はほとんどなく終盤くらいでややあるくらいだが、
あっさりしており引き伸ばしもないため、
そういった面ではストレスフリーで見られる作品だが、
逆に言えば盛り上がりどころがなくストーリーが弱く、
印象に残らずに終わってしまった。

個人的な感想

個人的にはラクエンロジック自体は妙に記憶に残っている作品だが、
この作品は記憶には残らないだろう。
方向転換自体は悪くなかったと思うが、それならば前作をしっかりと切り捨てて
作り直してほしかった所だ。
前作のキャラが出てきても前作のキャラを覚えていないため誰?となってしまった

売上自体もAmazonランキングなどの予想段階ではあるが、
「1000枚前後」とかなり厳しい。
前作のラクエンロジックが枚数も出ないほどの爆死だったことを考えれば、
ややマシなレベルだが、五十歩百歩だろう。

余談なのだが、このアニメを見て原作のカードゲームをプレイしよう!と
思う人がどれくらいいるのだろうか(苦笑)
前作は戦闘シーンやキャラの掘り下げもきちんとあり、
まだ原作カードゲームの宣伝になっていた側面はあったかと思うが、
今作の内容で原作カードゲームの宣伝になっていたかと言われると謎だ。

スポンサーリンク